W -君と僕の世界- (二つの世界) 第7話・第8話・9話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

W -君と僕の世界- (二つの世界) W 더블유 全16話

第7話 あらすじ

 

カン・チョルを助けるためエンディングを変えたヨンジュはWに戻りますが、Wで最後にいた拘置所に戻ることになります。現実から戻ったカン・チョルとヨンジュは拘置所で再会します。第6話で漫画Wをすべて読み終えていたカン・チョルはヨンジュの気持ちに気づいている様子ですが、彼を助けた理由を聞かれ、気持ちを告白することになります。

Wではカン・チョルの事件の容疑者として拘束されているヨンジュを助けるために、二人は偽装結婚をすることになります。Wの世界で新たな生活をスタートさせた二人ですが、幸せな時間は長く続かず、一本の電話がかかってきます。電話をかけてきた自分物はカン・チョルが10年間追い続けた犯人でした。

 

quetalsurinoさんより

第7話 感想

弟子のスボン(イ・シオン)は各話に登場し、ヨンジュの力になったりと重要な役割を果たしています。ヨンジュは高校生の時に理想の男性像のキャラクターを作っていました。彼女自身も忘れていたようですが、スボンからよりソンムがヨンジュのつくったキャラクターをモデルに漫画Wを描いたことを知ります。理想の男性が漫画のキャラクターで、異次元でその相手と出会えるなんて、ロマンチックだと思います。6話のカン・チョルの死に、話がリセットされた再スタートするイメージが強いのは私だけでしょうか。二人のロマンスを心待ちにしていたので、ロマンチックな二人の関係の始まりがしばらく続いて欲しいと思いました。

ドラマが始まってからカッコよい「イ・ジョンソク」ですが、7話ではヨンジュが羨ましくなるほどカッコよいです。ヨンジュの彼に対する気持ちはすごく分かりやすく描かれています。彼とのことを妄想(夢見る)シーンでは思わず笑ってしまいました。ラブロマンス要素満載で、毎回飽きる暇がないくらい楽しませてくれるドラマです。クローズアップされた二人の結婚指輪が印象的でした。今後の展開と関係があるのでしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話 あらすじ

カン・チョルの家族を殺害し、カン・チョルを襲った謎の犯人からの突然の電話にカン・チョルは、やはり真犯人は存在すると考えます。カン・チョルの家族を殺すためだけにつくられたキャラクターの真犯人は名前も顔も、何一つ持たない存在のはずでしたが、カン・チョルのように自我が芽生え、漫画の外の世界を知ってしまったのでは、との仮説を立てます。二つの世界をつなぐ扉が開いた時、彼も現実の世界に行ったと思われます。また本来の主人公ソヒはヨンジュが登場することで、Wでの役割がなくなり、消滅する危機をむかえます。

 

quetalsurinoさんより

第8話 感想

真犯人はヨンジュを殺すとカン・チョルを脅し、ヨンジュを思う気持ちからカン・チョルは彼女に別れを告げます。ヨンジュに最後のお願いを伝えた後、ビルの上から飛び降ります。そして、ヨンジュは現実の世界に戻ります。彼の最後のお願いとは、すべてをカン・チョルの夢として漫画を書き直すことでした。彼女との出会いをすべて夢にすることです。

カン・チョルは涙を流しながら夢から覚めるシーンは悲しかったです。すべてが夢なのでヨンジュの記憶もなくなるのでしょう。彼の彼女への思いが繰り返しヨンジュをWに呼び寄せていたので、これで彼女はWに戻れなくなるのでしょうか。

黒いフードとブーツの男は登場した時から気になる存在でしたが、彼もカン・チョルのように自覚してしまったようです。今後カン・チョルとは対立する存在になること間違いないでしょう。頑張ってもいつもつらい状況に置かされるカン・チョルがかわいそう過ぎました。ヨンジュや周りの人々を守るために決断するカン・チョルの強さを再確認しました。二人にハッピエンドはあるのでしょうか。

ユン・ソヒ(チョン・ユジン)は漫画Wのヒロインでしたが、ヨンジュの登場により存在の意味が薄れ消滅しそうになります。存在理由を失ったキャラクターが消える理由は、カン・チョル中心に動くWに異変が起きたことを示唆しているのでしょうか。

※ソヒ役のチョン・ユジンは「ファンタスティッククラブ(武林学校)」で主人公の双子役に出ていたことを覚えています。

2016y11m10d_202611036
公式ウェブサイト
チョン・ユジン (Jung EuGene): 정유진  タレント、女優、モデル 生年月日: 1989年 2月 19日 『風の便りで聞きました』チャン・ヒョンス(ヨンラの娘)(SBS/15)、『初めてだから』リュ・セヒョン (勝ち気なキャンパスの人気女子大生)(On Style/15) ファンタスティック・クラブ ファン・ソナ (ムソンの娘)武林学校のエース、メビウスのファン

第9話 あらすじ

quetalsurinoさんより

ヨンジュは出会ってからの2週間の出来事をすべて夢にしてしまいます。カン・チョルの記憶からヨンジュは完全に消え、Wの世界も守られます。ヨンジュの命を狙っていた真犯人も現実の世界から姿を消します。漫画を描き終えたヨンジュは体調を崩すことになり、漫画家のオ・ソンムは旅行先から戻り、ヨンジュに起きたことを知ります。偶然見たヨンジュの携帯にカン・チョルから送られたメッセージを確認することになります。それまで漫画Wを描くことを辞めていたソンムはWのハッピエンドで終わらせる決意をします。カン・チョルはヨンジュのことを忘れたはずなのに、ヨンジュは再びWに呼び戻されます。

そこで、チャンネル(放送局)Wで何者かによる銃乱射事件があったことを知ります。チャンネルWは未解決事件を扱った公開捜査番組を放送しており、カン・チョルが所有している会社です。父の友人のソン・ヒョンソクが本部長として、12年前のカン・チョルの事件の犯人も追っています。

 

第9話 感想

とても悲しい話が続くので、ヨンジュの姿をみるのが苦しかったです。カン・チョルに完全に忘れられたことを知り号泣するシーンは本当に悲しかったです。再びWに呼び戻された彼女は、病院でカン・チョルと再会しますが、やはり彼は彼女を全く覚えていません。

カン・チョルからのメッセージでWの連載を準備するムソンは真犯人に顔を描くことにします。顔や身分が与えられた真犯人をカン・チョルが捕まえるエンディングを準備しますが、Wはムソンの意思とは別に動く漫画の世界なので、主人公のカン・チョルを納得させられる犯人像を準備する必要があると思い、自分の顔を犯人に与えることになります。彼の真犯人の登場でまたまたミステリアスな展開が始まるようなので、適度な緊張感を持たせてくれるところがドラマWの魅力だと感じました。

 

W -君と僕の世界- (二つの世界) 第10話・第11話・12話 あらすじと感想
W -君と僕の世界- (二つの世界) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図    ※話数ごとの一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー