W 2つの世界 第13話・第14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

W -君と僕の世界- (二つの世界) W 더블유 全16話

第13話 あらすじ

カン・チョルは計画を完璧なものにするためにWに戻ります。ソ・ドヨンからホテルの前でソヒがカン・チョルを見たことを知らされます。カン・チョルも現実の世界の同じ場所で彼女を見たことから、想定外の何かが起きていることに気づきます。彼が二つの世界を自由に行き来したことが要因とされますが、彼がWのキャラクターを思い浮かべると、逆に現実の世界に送ることができるようになったようです。

現実ではムソンの顔が元に戻ります。ヨンジュは父が戻ったことに喜びますが、実はこの男はムソンではなく、彼の顔をした真犯人でした。カン・チョルがWに戻る際に、真犯人を現実の世界に送ってしまったようです。真犯人は現実の世界で漫画Wをすべて読み、カン・チョルと同じ方法で二つの世界を行き来する方法を知ります。カン・チョルとの決着のために、ヨンジュを連れてWに戻ります。真犯人はカン・チョルをおびき寄せるためにヨンジュを銃で撃ちます。彼女を探して来たカン・チョルによって、真犯人は結局死をむかえることになります。撃たれた彼女は現実の世界に戻り病院に運ばれるのですが。。。

 

quetalsurinoさんより

第13話 感想

ヨンジュの状態を聞いたカン・チョルが涙をこらえる時は悲しすぎて涙がでました。これまでになく悲しい気持ちで、言葉にできないほどです。悲家族を失った彼にとって唯一の家族のヨンジュをも失う可能性があると思ったのだからでしょうか。警官から彼女との関係を尋ねられると、震える声で「夫です」と答える時には号泣してしまいました。これ以上彼女に悲しい思いをして欲しくないと思っていいたので、これまでで一番観るのがつらい話でした。カン・チョルとの明るい未来を夢見ていた彼女の明るい姿がフラッシュバックしてきました。

カン・チョルの計画とは違い、彼が真犯人を殺してしまったことで、今後の話の展開が心配になってきました。完結まではあと3話も残っています。彼はどうなるのでしょう。ヨンジュの命は助かるのでしょうか。顔も名前も持たず、カン・チョルを殺すためだけ作り出された真犯人に自我が生まれていなければ、ほかのキャラクターのように疑問を持たず与えられた役割だけに満足してWで生きていっていたのでしょうか。色々と考えさせられました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話 あらすじ

真犯人が死んだことで、ソンムの顔は元通りに戻ります。昏睡状態のヨンジュをカン・チョルは漫画の世界Wに連れて戻りますが、結局ヨンジュは死にます。現実の世界での死は終わりを意味しますが、Wは漫画の世界なので死んだとしても生き返らせることが可能だと考えたカン・チョルはソンムに助けを求めます。ただ、犯人がヨンジュを拉致してWに戻る前にソンムのタブレットを壊したのでソンムは漫画を描くことができません。カン・チョルは二つの世界を結ぶ媒体のタブレットのコピーが存在すると考えタブレットを取り戻しにWに戻ります。タブレットはハン・チョルホが持っていて、カン・チョルは彼の罠にはまりハン・チョルホに捕まります。

チョン・チョルは真犯人との関係の証拠を消そうとし持ち帰ったタブレットの秘密を偶然知ってしまいます。タブレットで描かれたものが実際に現れることを知り、カン・チョルにその正体を追求します。カン・チョルはハン・チョルホをだまし、ムソンとスボンのいるところにタブレットを持ったハン・チョルホを送り込みます。無事タブレットのコピーを手に入れたソンムは漫画を描きヨンジュを生き返らせます。カン・チョルは現実に戻ることができヨンジュのいるホテルに向かおうとしますが、自分の意思とは別にWに戻されます。ヨンジュも生き返り現実に戻ります。ウェブ漫画で助かった経緯を知った彼女はホテルの前でカン・チョルを待ちますが、彼女もWの世界に再び呼び戻されます。そして、画面には「最終回」の表示が。。。

quetalsurinoさんより

第14話 感想

ヨンジュが死ぬ前に漫画の世界Wに連れて行ったことで彼女は生き返ります。ヨンジュは一度死にましたが、ストーリの展開としては面白かったと思います。真犯人の結末が気になっていましたが、無理な設定ではなく分かりやすかったです。二つの世界を自由にいどうできるカン・チョルだからこそできる設定でよかったです。犯人を現実の世界に送ってしまった想定外の出来事を利用してハン・チョルホからタブレットのコピーを取り戻した展開は予想外でした。

ヨンジュの死後、カン・チョルの本音が聞けたところでは感動です。彼にとってのヨンジュの存在の大きさや、どれほど彼がハッピエンドを望んでいるのかが分かり、すごく集中してドラマを観ることができました。ハン・チョルホに拷問を受ける姿を観るのはつらかったです。正直血だらけになった彼の姿もすごく素敵に観えました。「イ・ジョンヒョク」がカッコイイ!
ヨンジュが助かりすべてが上手くいくと思えたのですが、二人はWの世界に戻されます。そして気になる画面に出た「最終回」の文字。何かが起きているのか、突然漫画Wが最終回に向けて動き出しました。

※ドラマWの特徴は独特な言葉の言い回しや、直訳ですが「変数」「仮説」「設定値」「召還」等々の特定の単語が使われ、カン・チョルがその言葉の意味を状況に合わせて語る(説明する?)かたちでドラマが進みます。

吹き替えがあるかわかりませんが、日本語字幕の場合多少、違った単語が使われるかもしれません。

W -君と僕の世界- (二つの世界) 第15話・第16話 あらすじと感想
W -君と僕の世界- (二つの世界) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図    ※話数ごとの一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー