W (韓国ドラマ) 二つの世界 第10話・第11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

W -君と僕の世界- (二つの世界) W 더블유 全16話

第10話 あらすじ

ヨンジュは理由もわからずまたWに呼び込まれましたが、現実の世界には戻れずカン・チョルを避けるように過ごします。お金もなく行くあてもない彼女はソヒの家に忍び込みますが、カン・チョルに見つかることになります。彼女に興味を持ったカン・チョルは彼女をそばにおくことにします。チャンネルWの銃乱射事件で怪我をして入院中の本部長ソン・ヒョンソクに呼び出され病室を訪問することになります。ヒョンソクはカン・チョルにある音声ファイルを聞かせます。彼と両親が争ったあと銃声が聞こえてく内容です。

カン・チョルの目の前で突然、ヒョンソクは殺害されカン・チョルの手には銃が。。。 カン・チョルが犯人とされ警察に追われることになります。追われるカン・チョルを助けたのはヨンジュですが、彼女はWに何かが起きていると実感し、現実の世界に戻るためのかけに出ます。

カン・チョルの心境に変化があるとエピソードが終わり、彼女は現実の世界に戻れる方法をつかいます。顔を奪われたソンムは真犯人の命令でカン・チョルをすべての殺人の犯人に仕立てる内容のWを描いています。

quetalsurinoさんより

第10話 感想

ヨンジュがソヒの家に忍び込みカン・チョルに見つかった後の二人の会話が切ないです。ヨンジュはカン・チョルのハッピエンドのために別れたはずなのに、彼女はまたWの世界に戻ることになり、これまでおさえていただろう感情が爆発します。ヨンジュがカン・チョルとの思い出を話すシーンではため息が出るほど切なかったです。

1話からカン・チョルのファンいなりましたが、話が展開する度にますますカッコよくみえます。ずば抜けた頭脳の持ち主のカン・チョルは常に冷静で感情を出さないところが素敵です。カン・ョルも素敵なキャラクターですが、「イ・ジョンソク」がこの役にピッタリだと思います。「君の声が聞こえる」の超能力少年のパク・スハのイメージと重なり、ますますファンになりました。パク・スハも冷静で慎重な役でしたので、成人したスハのイメージを持ってしまうのは私だけでしょうか。

現実の世界に戻るためのヨンジュの「キス」が再び見られて嬉しかったです。ただ、彼が彼女を思い出す何かが今後起こるのでしょうか。このまま彼女を思い出すことなく、新たに恋が始まる?など色々と考えます。

作家のソンムは第1話から神経質で、不気味な変わったキャラクターと思っていましたが、何か秘密がありそうで、全く予想不可能なドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11話 あらすじ

現実に戻ったヨンジュは父のムソンの異変に気付きます。ムソンは真犯人に顔を奪われ、命令された通りに漫画を描いていることを知ります。カン・チョルは警察に見つかりそうになるところを、危機一髪でヨンジュに助けられます。カン・チョルのためエンディングを急いで描き終えようとするヨンジュはWに再び呼び戻されます。カン・チョルが心配になったヨンジュはソ・ドヨンからカン・チョルの連絡先をもらい彼に会いに行きます。

ヨンジュが現実の世界に戻っている間Wでは1カ月が過ぎていました。カン・チョルはヨンジュを待ち続けたようです。彼の身に起きた説明できない出来事のカキを握るのがヨンジュだと思ったカン・チョルは、彼女の行方をさがしますが、その過程で偶然見つかった漫画Wの単行本を読んでいました。漫画にはヨンジュとカン・チョルの結婚が描かれた内容です。

 

quetalsurinoさんより

第11話 感想

ヨンジュはいつもカン・チョルを助けるために一生懸命になる姿が印象深いです。つらい思いをしながらも彼のハッピエンドを常に願う彼女に共感できます。できればヨンジュとハッピエンドをむかえて欲しいのですが、もしかすると悲しい最後の終わり方もあるのだろうと思います。架空の漫画の主人公と現実のヨンジュがハッピエンドになる方法が果たしてあるのでしょうか。仮に漫画Wの連載が終わった後、カン・チョルの世界Wはどのようになるのでしょう。主人公なのにカン・チョルの手が一時的に消えた時は、また何かが起きているのかと、心配になりました。

二人が買い物デートをするシーンや彼女のために料理を作るシーンではドキドキ。やはり二人そろって出る場面を観るのは嬉しいことです。カン・チョルが読んだ漫画Wは、ヨンジュが9話で持っていたものです。この漫画のおかげでカン・チョルはすべて気づき始めるようなので、今後の展開がやはり期待されます。漫画Wを読んだカン・チョルの「君の消えた夫はもしかして僕?」の問い掛けに動揺する彼女の姿がしばらく忘れられませんでした。

第12話 あらすじ

二つの世界を結ぶ扉が開き、ヨンジュと一緒に現実の世界に来たカン・チョルはソンムの残した記録や真犯人とのコンタクトを基にすべてを振り返ります。すべての出来事には想定外のことが起きることや、ムソンが決めた設定などが存在することに気づきます。

カン・チョルは漫画が二つの世界をつなぐ媒体であり、現実とWの世界はそれぞれ独立して存在することや二つの世界で共通して存在する場所には通路が存在すると予想します。その予想(仮説)通りに彼は自分の意思でWに戻ることができます。カン・チョルのWを完結させるための反撃が始まります。彼のシナリオでは真犯人を捕まえ、ハン・チョルホ議員が真犯人を殺すよう仕向けるもので、Wに登場する悪役の二人を捕まえるものです。ハン・チョルホはカン・チョルを殺人犯として起訴した人物で、検事でありながらカン・チョルを魔女狩りすることで政治家にまでのぼりつめた野心家です。二人が捕まれない限り、カン・チョルはWの最終回を受け入れられないのでしょう。

ヨンジュは二人のハッピエンドのためにカン・チョルに頼まれた通りに漫画を描き、カン・チョルは計画通りに事を進め現実に戻ります。すべて彼の計画通りにことが進むと予想されましたが、捕まっていた真犯人(キム・ウィソン)が脱走することになります。そして、現実の世界では誰かにヨンジュが拉致されます。

quetalsurinoさんより

第12話 感想

突然話が難しくなりましたが、カン・チョルは二つの世界(異次元)とつなぐ道があることに気づくことで、異次元を自由に行き来することができるようになります。さすが天才のカン・チョルです!ヨンジュとのハッピエンドと漫画Wを完結させるために仮説(予想)を立てていくところが素敵です。ハッピエンドに一歩近づいたかと思うと、ヨンジュが拉致されます。自我に目覚めた真犯人はどこにいるのでしょうか。ムソンが真犯人との間に恐ろしい約束をしていたことが明らかになります。カン・チョルを殺すと、真犯人が主人公になれるとの約束です。ドラマ「ナイン」でもタイムマシンで過去に戻り出来事を変えたことで現在が変わりますが、Wでも予想外の要因があるのでしょうか。

カン・チョルはヨンジュのことを思い出したわけではないようですが、積極的に彼女に接する姿や、ヨンジュに無くした結婚指輪を描いてほしとお願いした時は、彼も彼女に新たに恋をし始めているのだとの期待が高まりました。「何度記憶をなくしても同じ相手にまた恋をする」の設定が大好きな私としては、ヨンジュがすごく羨ましいです。相手がカン・チョルなら、私も同じように試練を乗り越えるために、努力ができそうです。

 

W -君と僕の世界- (二つの世界) 第13話・第14話 あらすじと感想
W -君と僕の世界- (二つの世界) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図    ※話数ごとの一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー