THE K2 視聴率 あらすじ キャスト 感想 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●Mnet(2017/12/25から)集中再放送 月~金曜日7:45から 字幕
●衛星劇場(2017/9/1-12)集中再放送 月~金曜日早朝5時から2話連続放送 字幕
●衛星劇場(2017/6から)集中再放送 字幕

THE K2 더 케 이 투 全16話
2016年放送 tvN
平均視聴率 4.865% 시청률
 2017y01m10d_152120676
THE K2 더 케 이 투 公式サイト
あらすじ

 ベールに包まれた過去を持つ世界最強軍事企業の戦闘傭兵出身キム・ジェハ(チ・チャンウク)。
ある出来事をきっかけに、次期大統領候補チャン・セジュンの妻であり大企業JBグループの長女でもあるチェ・ユジン(ソン・ユナ)のボディーガードを務めることに。政治界では無名だった夫セジュン(チョ・ソンハ)を長年支え続けたユジンは、国民からも高い評価を受けていたが、ユジンの内助の功は表の顔。野望に満ち溢れたユジンの本当の目的は、異母兄弟に奪われたJBグループの会長の座を手に入れることだった。そんな中、セジュンの隠し子コ・アンナ(ユナ(少女時代))の存在を知ったユジンは、アンナを守ろうとするボディーガード・ジェハと対立することになる…。

 Mnet THE K2
キャスト

チ・チャンウク キム・ジェハ(K2) JSS特殊警備員 戦争傭兵出身
ユナ(少女時代) コ・アンナ 大統領候補の隠し子
ソン・ユナ チェ・ユジン 大統領候補のJBグループ一族の長女。
チョ・ソンハ チャン・セジュン アンナの父、ユジンの夫、無所属大統領候補
キム・ガプス パク・グァンス セジュンのライバル、与党大統領候補
イ・ジョンジン チェ・ソンウォン ユジンの異母弟
シン・ドンミ キム室長 ユジンの秘書
イ・イェウン ミラン アンナのボディガード、JSS特殊警備員
ソン・ギョンチョル ソン・ヨンチュン JSS武術師範
チョン・ペス チュ・チョロ JSS副社長

スタッフ /演出:クァク・ジョンファン 脚本:チャン・ヒョクリン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
miikhuwaamsukさんの感想より

●チ・チャンウクのアクションシーンが超カッコいい

主演俳優を見てチ・チャンウクと少女時代のユナだったので見始めたドラマでしたが、ラブラインが強いドラマかと思っていましたが完全なアクション系ドラマでした。

気になった題名の「K2」ですが、特殊ボディーガードのコードネームなんですね。元戦争傭兵で特殊な武装訓練を受け、のちに特殊ボディーガードとして雇われると言う設定もありチ・チャンウクのアクションシーンは本当に見応えがありました。しかも引き締まった体の露出もあるのでチ・チャンウクファンにはたまりません。とにかく「超カッコいい」「素敵」の一言です。

無所属の大統領候補のチャン・セジュン役で登場するチョ・ソンハ氏は主に時代劇でおなじみの俳優さんですが、今回は久しぶりのスーツ姿で、なんだかそのギャップにドキドキしましたが、もっとドキドキさせられたのはスキャンダルシーン。時代劇で韓服を着ているイメージが強かったのに、あのスキャンダルシーンで「きゃ~見たくない。やめて~」となってしまいました。

そしてこのドラマの鍵を握っていると言っても過言ではないチェ・ユジン役のソン・ユナさんの演技は素晴らしかったです。
ドラマ「ママ」「ホテリアー」などに出演し、清純派のソン・ユナさんが悪役を演じています。ですが、演技力の高さ、大人の魅力が出ていて本当にどんどんと引き込まれました。もちろんチ・チャンウクと少女時代のユナのラブシーンもあり、美男美女のラブシーンは本当に絵に書いたような美しさで綺麗でした。

このドラマを観ていたら「ヒーラー」「スパイ」「シティーハンター」を思い出したので、ひょっとしたら演出や脚本が同じだったりしてと思ったのですが、演出は「チュノ」「逃亡者PlanB」のクァク・ジョンファン氏。脚本は「ヨンパリ」「リセット」のチャン・ヒョクリン氏でした。

チ・チャンウクファンは必見のドラマですよ。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー