20世紀少年少女 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

20世紀少年少女 20세기 소년소녀 全32話

 

第25話 視聴率 1.8% 第26話 視聴率 2.1%

quetalsurinoさんより

第25話・26話 あらすじ

ジンジン(ハン・イェスル)は、ジウォン(キム・ジソク)との恋愛を会社の代表に告白し、出演中のリアリティバラエティー番組を降板する決意を伝えます。突然の降板を、直接番組のプロヂューサーにお詫びをするジンジンは、アンソニ―(イ・サンウ)が既に降板の意思を表明しにプロヂューサーにお詫びに来ていたことを知り、驚きます。

ジンジンの母が白内障を患っていることを話すことができず、「私たち結婚しました」も降板することになったと話すジンジンの言葉に、ジウォンはアンソニ―の気持ちを察して悲しい表情を見せます。アンソニ―の気持ちを知らないジンジンはジウォンの気持ちに気づかず。。。

ジンジンとジウォンのスキャンダル記事を書いた記者は、アンソニ―に記事を公表しない代わりに、見返りとしてお金を要求し、アンソニ―はお金を払いスキャンダルからジンジンとジウォンを守ります。

代表を務める化粧品会社の限定商品のイラストを見たジウォンは、そのイラストがジンジンの姉ホソンの作品だと実感し、彼女の行方をさがし始めます。謎に包まれたイラストレーターの行方を捜し出し、母の病気のことを知ったジンジンと共に、姉を捜しに出かけることになります。

ジウォンが運転していた車が放電し帰られなくなった二人は、近くの老夫婦の部屋で一夜を過ごすことになります。

第25話・26話 感想

土下座をしてまでジンジンとジウォンのスキャンダルをとめようとしたアンソニ―。結局、記者は購入した情報の100倍の値段をアンソニ―に払わせ、心配していた二人のスキャンダルが広まる事なく終わりました。アンソニ―にお金を払わせるなんて、ひどい!と思っちゃいました。

ジンジンへの気持ちを整理すること、ジウォンに伝えるアンソニ―の姿に胸が痛くなりました。それまでジンジンへの気持ちを正直話せなかったジウォンは、ジンジンが初恋の相手で付き合っていることを話します。血はつながっていないものの、アンソニ―とジウォンの兄弟愛の強さに感動しました。

母の目が見えなくなる前に、駆け落ちして連絡が取れない姉、ホソンを捜そうとするジンジンとジウォンでしたが、車のバッテリーが放電して立ち往生するなんて、コメディドラマだから可能な展開ですね。少し幼稚な設定だと思いました。優しい老夫婦の配慮で、彼らと共に同じ部屋で一夜を過ごすことになりましたが、眠っているジンジンを優しく見つめるジウォンの姿に温かさを感じることができました。

謎のイラストレーターはジンジンの姉なのでしょうか。気になっていたホソンですが、ジンジンの家族は彼女と再会することができるか、楽しみです。

ジンジンとアンソニ―が済州島で撮影したハネムーンのエピソードが、二人の離婚エピソードに替えられ放送されたことで、出演していたバラエティー番組を無事降板することができた二人ですが、アンソニ―のマネージャーが事務所をまた借りすることになりそうなので、今後のアンソニ―とジンジンの関係に、もう少し注目していきたいと思いました。

甘え上手なジンジンが可愛かったです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


第27話 視聴率 2.1% 第28話 視聴率 2.3%

quetalsurinoさんより

第27話・28話 あらすじ

ジンジン(ハン・イェスル)とジウォン(キム・ジソク)は、駆け落ちして家を出た姉、ホソンを捜すために、彼女が働いているとされる田舎の学校を訪ねます。しかし、サ・ホソンと名乗る女性はおらず、ジウォンはホソンの情報を求めて町中を駆け巡ります。若い女性が一人住んでいるとの情報を手に入れるものの、名前が違うことからあきらめソウルに戻ることになります。

しかし、その女性の存在が気になったジウォンは、確認のため女性宅を訪れます。女性を見つけたジウォンはホソンと呼びかけ、振り向いた女性はやはりホソンでした。一緒に居たジンジンと二人で話すことになり、母の病気のことを知ったホソン。家に帰ろうと説得するジンジンの言葉に動じることなく、ジンジンは諦めてソウルに戻ります。

白内障の手術を受けることになったジンジンの母。母の看病をしていたジンジンが少し病室を空けた時、ホソンが病室を訪ねます。目に眼帯をつけている母は、何も見えない状態。でも長年会いたいと思っていたホソンの手にすぐ気づきます。

性格が真逆なアルムとウソン。これまで通りに楽な関係に戻った二人。結婚できないのではなく、しないと非婚を主張していたアルムは、ウェディングドレス姿を想像するなど、ウソンとの結婚を決心するようになります。

第27話・28話 感想

気になっていたジンジンの姉がついに登場しました。ホソン役を演じたのはキム・ジョンファでした。キム・ジョンファとハン・イェスルのイメージが何となく似ていて、姉妹の雰囲気が溢れました。勝手に演じる女優を色々と想像していましたが、キム・ジョンファだとは全く思わなかったです。

キム・ジョンファは「ニュー・ノンストップ」、「1%の奇跡」や「白雪姫」などに出演しており、久々の出演で懐かしくなりました。彼女が主演を務めた「1%の奇跡」は、2016年にリメイクされましたね!家を出てからホソンがどのような人生を歩んでくることになったのか、次の話で明らかになるのでしょうか。

車のバッテリーが放電することになりお世話になった老夫婦宅でのエピソードから、ジウォンが温かいキャラクターであることが分かりました。知的だけど優しいイメージのジウォンを他の俳優が演じるの、想像ができない程、キム・ジソクにピッタリな役だと、改めて思いました。「また!オ・ヘヨン」でも知的なイメージの弁護士を演じましたが、演技の幅が広がった気がします。

ジンジンも大スターの割には気さくで優しいところが、観ていてほっとします。芸能界を引退することまで考えたアンソニ―は、次の仕事が決まらず苦戦します。

明るいだけのコメディではなく、家族の温かさまで感じることができる一話でした。

20世紀少年少女 29話・30話と31話・32話(最終回) あらすじと感想

 

20世紀少年少女 視聴率 あらすじ キャスト 感想 一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー