黒騎士 5話・6話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

黒騎士 (BLACK KNIGHT)흑기사   全16話

第5話 視聴率10.4%

quetalsurinoさんより

第5話あらすじ

突然姿を消したスホ(キム・レウォン)を心配し長年待ち続けていたヘラ(シン・セギョン)。スホと再会したことの喜びよりも、それまで正体を隠していたことに腹を立てます。しかし、スホの返事は言葉ではなく、突然のキスでした。ヘラのために成功したかったと話すスホ。。。

スホとヘラが再会したことを知ったベッキは、二人の恋の邪魔になるだろうと思いシャロンを旅行に連れ出そうとしますが、スホを見つけたシャロンはベッキとの旅行を拒否します。スホの正体を知ったヘラは、そのまま同居する家を飛び出し、シャロンのもとを訪れます。

シャロンはスホへのヘラの気持ちと、二人がキスしたことを知り、抑えきれない怒りが爆発することになります。部屋は停電し、窓ガラスまで割れてしまうことになります。シャロンから「ブニ」と呼ばれたヘラは、驚きのあまりそのまま気を失ってしまいます。

翌朝、シャロン洋服店に姿を現したベッキは、ヘラがバックを持っていないことに気づき、お金を貸します。パワーブロガーとして活躍中のベッキの座談会への招待状も一緒に渡し、ヘラに必ず参加するように伝えます。

ヘラが戻らなかったことを心配したスホは、着替えを持って彼女の会社に現れます。ヘラと話すことができたスホは、気持ちを伝えますが、ヘラは彼との将来が不安なのか迷います。スホが嫌いじゃなく気になっている存在であるからこそ、彼に恋をしないよう決心します。気持ちを隠すようにスホに冷たく接するヘラ。

ベッキの座談会に出席したヘラは、彼女が語る200年前の朝鮮での話を聞くことになります。ベッキに招待されスホも同じく座談会に参加し、以前聞いた話の続きを聞くことになります。まさか、その話が二人の前世の話だとは気づかす。。。

200年前のシャロンは、夫スホの気持ちがブニ(ヘラの前世)にあることに気づかず、結婚後は、ブニ(ヘラの前世)を連れ、スホとの結婚生活を始めます。冷たくも厳しく振る舞うシャロンからブニをかばうようなスホの態度に、シャロンの怒りはブニに向けられます。

結婚して5年経っても、子供ができないシャロンは、妊娠したと嘘をつき、どうしてもラズベリーを食べたいと無理を言い、季節外れのラズベリーを探しに山に入ったブニは、シャロンから彼女を殺害するよう命じられたことを知りショックを受けます。

自ら命をたとうとしたブニは、彼女を捜すスホの声を聞いて涙をとどまります。8か月後、ラズベリーを持って現れたブニ(ヘラの前世)に、シャロンは驚きます。シャロンとスホの間に子供が生まれないことを心配したスホの母は、占い師からシャロンとスホの間には子供が生まれることなく、ブニとの間に子供が生まれると言われ、ブニは代理母出産を強いられます。 

ブニとスホが結ばれることになった夜、長年ブニに恋をしていたスホは、ついに彼女への気持ちを告白します。

現代、ベッキの座談会に出席したヘラとスホの前に、シャロンが現れます。

第5話感想

200年前のスホ、シャロン、ヘラ(前世はブニ)の三角関係が面白く描かれました。生まれ変わりや前世の縁などは韓国ファンタジーロマンスドラマでは珍しくないテーマですが、過去の現在の話の展開され方がとても分かりやすく、ベッキが語り手として重要な役割を果たしています。

夫のブニへの気持ちに気づいたのか、ブニを殺害しようとするシャロンでしたが、結局ブニは生きて戻り、夫スホの子供を代理出産することになるのでしょうか。子供を出産した後、ブニに起こることを心配するスホに、妊娠中の9ヶ月間でも幸せに生きて、子供を産んだ後死にたいと願うブニが可哀そうになりました。一体二人には今後何が起きるのでしょう。

罰として永遠の時間を生きるシャロンが犯した罪の重さは、今後の展開で分かることになるようですが、ベッキに導かれるように彼女の話を通しての三角関係を知る展開なので、シャロンの視線からの物語も正直ちょっと知りたくなりました。

面白いです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話 視聴率11.1%

quetalsurinoさんより

第6話あらすじ

ベッキの座談会に招待されたスホ、ヘラとシャロンは、ベッキの話すストーリーの続きを聞かされます。

200年前、ブニ(ヘラの前世)とイム・ヒョンス(スホの前世)が一緒に一夜を過ごすことを絶望的に見つめるシャロン。政治的に不安定な状況の世になり、ミョンスは流刑になります。ミョンスが流刑になったことで危険を感じたシャロンは、ブニを自分に扮させます。シャロンに扮したブニは拷問を受けることになりますが、ヒョンスを守るため耐え抜きます。拷問を受けたブニは首を傷つけられ、官奴(公の役所に使用されているのが官奴婢)として連れていかれる途中、逃げ出したブニは流刑地のヒョンス(スホの前世)のもとに現れます。

逃亡中、ブニが死んだと聞かされたシャロンは安心しますが、流刑地を訪れるとヒョンスとブニが一緒に過ごしているのを目撃し、逆上します。二人のいる家に火をつけるシャロン。眠っていたヒョンスは煙に気づき、ブニを起こします。彼女と一緒に逃げきれなかったヒョンスは、取り残されたブニを助けに家の中に入ろうとすると、シャロンが彼をとめます。

取り残されたブニにそのまま「死ね!」と残酷に語るシャロンと、逃げ出そうとしないブニを見たヒョンスは、彼女と共に死ぬ選択をし、ブニがいる火の中に飛び込みます。ブニは息を引き取る前に、シャロンに呪いをかけます。ブニの呪いは、シャロンの魂がむくわれることなく、永遠にさまようことでした。

夫ヒョンス(スホの前世)の死に絶望したシャロンは、絶壁から身を投げますが死ぬことはなく、生き返ります。彼女が気を失った間、何十年もの時間が過ぎたことを知ったシャロンは、再び自殺を図りますが、思い通り死ぬこともできず、同じく不老不死の身になったベッキと出会います。その後、200年間ベッキと共に生きてくることになったシャロン。

現代、スホとヘラの恋を邪魔しようとするシャロンに、ベッキは200年前の隠されていた真実を伝えます。ベッキによって赤ん坊だったシャロンとブニが入れ替わり、それぞれの運命が変わることになり、シャロン同様ベッキも不老不死になったことをシャロンは伝えられます。しかし、ベッキの言葉を信じられないシャロン。

シャロン洋服店を訪れたヘラは洋服を作ってもらうお礼に、身に着けていたブレスレットをプレゼントします。その後、ヘラは眠りにつき、ブレスレットを手にしたシャロンは、ヘラの姿に変身します。

第6話感想

200年前のヘラ、スホとシャロンの三角関係の全貌が明らかになりました。シャロンの代わりに捕まったブニは拷問の末、のどを刺され声を失ってしまいました。短い期間でもスホと幸せな時間を過ごしたブニが可哀そうでした。唯一愛する相手ブニのために死を選択したスホの愛の大きさに心が動かされました。 

シャロンが不老不死の身になった理由が分かりましたが、シャロンにはそれ以外にも特別な能力があるようです。相手の持ち物を身に着けると、その相手に変身できる能力から、手に入れたヘラのブレスレットを身に着けヘラに変身。スホのヘラへの気持ちを知ったシャロンは、変身して何をするのか、今後が気になります。 

ヘラに気持ちを伝えてきたスホですが、ヘラは相変わらず冷たい態度。スホはストレートに気持ちを表現し、ヘラと1か月間の恋愛を始めることになりました。強気なヘラですが1か月後、スホを自ら振ることができるのでしょうか。 

条件付きで始まったスホとヘラのロマンスに期待が高まります。

黒騎士 7話・8話 あらすじと感想

黒騎士 (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー