黄金色の私の人生 視聴率 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

黄金色の私の人生 황금빛내인생 全50話

第3話 視聴率22.4%

quetalsurinoさんより

第3話あらすじ

ミョンヒは双子の母ミジョンから、双子の一人を亡くした直後、道端で見つけたジアン(シン・ヘソン)を亡くなった娘の代わりに育てるようになった経緯を聞きます。

ドギョン(パク・シフ)との約束を忘れていたジアンは、謝罪の電話で事情を説明することになります。ミーティングに通訳が現れず困っていたドギョンは、ジアンに通訳のバイトを頼むことになり、バイトを首になったジアンは、ドギョンがいるヤンピョンに向かいます。

ジアンが実の娘だと知ったミョンヒは、貧しい環境で苦労をするジアンが気になり、一刻も早く娘を家に迎え入れるよう準備を進め、娘ウンソクを見つけたことを夫のチェ・ジェソンに知らせます。ドギョンの妹で、ヘソングループの末娘ソヒョンはウンソクのことを知り戸惑いながらも、ドギョンに彼女が見つかったことを連絡します。

ウンソクの行方が分かったことを知ったドギョンは、急いで実家に向かい、通訳の仕事が終わったジアンは、バイト代をもらうために彼を探します。しかし、彼の姿はなく、持っていた現金をすべてタクシー代に使ったジアンは帰られず、一人ヤンピョンに取り残されます。

ドギョンの携帯にメッセージを残すものの返信がない状態で、雨の中数時間も待つことになります。携帯電話を車に置き忘れたドギョンが、彼女からのメッセージに気づいたのは、時間がかなり経ったあとでした。

ジアンとの再会後、彼女からの連絡を待つヒョク(イ・テファン)は、待ちきれず自分からジアンに電話をします。雨の中、帰ることができず困っていたジアンは、ヒョクに泣きながらヤンピョンに取り残されていることを知らせ、助けを求めます。

心配になったヒョクは彼女を迎えに急いでヤンピョンに向かい、メッセージを確認したドギョンも彼女を心配して、ヤンピョンに向かいます。一足先に到着したヒョクがジアンを車に乗せるところをドギョンが目撃し、不機嫌になります。連絡の取れないドギョンへの怒りから、ジアンはバイト代を引いた分の修理費を振り込みして、彼とは今後一切かかわりを持たないと決めます。

母のミジョンに無理やり連れられレストランについたジアンは、ジェソンとミョンヒと会うことになります。母ミジョンは、ジアンに二人を彼女の実の両親と紹介し、ジアンはショックに陥ります。

 

第3話感想

25年前、大きく取り上げられたミョンヒの娘ウンソクの失踪事件。ミョンヒは韓国中で話題になり、写真まで公表されたにも拘わらず、25年間ジアンがウンソクだと気づかなかったミジョンを疑いました。でも、テスの仕事でドバイに家族で赴任していた時期で、事件の事は知らなかった様子。シンプルなストーリラインのように見えますが、今後複雑になっていきそうです。

ジアンを心配して迎えに行ったドギョンが、ヒョクとジアンが一緒にいるのを見た時の彼の表情と独り言が気になりました。何故か嫉妬しているように思っちゃいました。ヒョクがジアンの彼氏だと勘違いしているようです。秘書や運転手を向かわせることもできたはずですが、遅い時間にも拘わらず、直接運転していった理由は、ジアンが残したメッセージのせいなのでしょうか。

困っているジアンを助けにきたのは、ヒョク!!何も聞かず優しくも心配そうな目でジアンを見つめる姿にドキドキ。初恋のジアンとの再会がヒョクにとって意味深いことのようです。彼のジアンへの気持ちの進展は予想できるのですが、果たしてジアンは彼に同級生以上の感情を抱くようになるのでしょうか。

展開が早いドラマはやっぱり面白い。ミョンヒとジェソンが実の両親だと紹介されたジアンに、今後何がおきるのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話 視聴率28.4%

quetalsurinoさんより

第4話あらすじ

実の両親がヘソングループのミョンヒとジェソンだったことに、強いショックを受けたジアン(シン・ヘソン)を心配したジェソンは、ジアンがすべてを受け入れるために十分な時間を与えなかったとし、急ぎ過ぎたミョンヒの行動を非難します。

ジアンはこれまで育ててくれた両親との生活を望み、母ミジョンは彼女に明るい未来を約束できるヘソン家へ必ず行かせると強く決意します。これまで通りの生活を続けることを望んでいたジアンを失望させる出来事が次々に起こり、ジアンは次第に置かれた現実の厳しさを痛感します。正社員になった同級生、ハジョンとの喧嘩のせいで示談金を払うことになったジアンを、意地悪なハジョンはわざと会社に呼び、会社を辞めたジアンにコーヒーをお願いする配慮のない部長の行動にも黙って対応するジアン。

ヘソングループを辞めてから、デパートでアルバイトをすることになったジアンは、誤解からデパートのお客さんに土下座までさせられた挙句、首になります。辛く厳しい一日を過ごしたジアンが家に戻ると、ドギョンが彼女を待っていました。ドギョンとこれ以上関わりたくないジアンは、ドギョンの態度に限界を感じ、ドギョンもまた、ジアンの態度がジアンの態度が気に入らず、怒って帰ってしまいます。

置かれた現実の厳しさに、ジアンはそのまま泣き崩れます。結局、彼女が助けを求めたのは、ヘソングループのミョンヒでした。泣きながらミョンヒに2000万ウォンを貸して欲しいと話すジアン。

翌日、家族が集まる食事、ジアンはヘソン家に入る意思を表示し、家族はその言葉に驚きます。

 

第4話感想

育ててくれた両親や、家族への気持ちが強かったジアンは、出生の秘密を知ってもそのまま家族のそばに残りたいと思います。その気持ちって理解できますよね。ある日突然、お金持ちの実の親が現れると、誰でも悩むのは当たり前。彼女がヘソン家に入ろうとする理由は、社会への復讐みたいな、意地を張っているようにも見えました。

これまでも財閥の子供だったことが明かされ、引き取られる設定は多くありましたが、ジアンは違う理由でヘソン家に入ろうとするところが新鮮でした。彼女を見下した人々への復讐的な部分もありそうですが、単純に今の自分の現状からの脱出としての選択のようです。ジアンの心理状態の変化が分かりやすく描かれていて、すべてがスピーディなのも観ていて気持ちがいいものです。

ジアンの兄ソ・ジテ役を演じているのはイ・テソン。これまで次男役を演じることが多いイメージの彼が、このドラマでは長男役を演じています。意外にもピッタリのイメージで、「我が家のロマンス」や「金よ出てこいコンコン」などのホームドラマの息子役がすっかり板についてきました。

ますます面白い展開が続き、韓国放送時の視聴率も右肩上がりで、28.4%を記録。世代を超えて楽しめるドラマです!

黄金色の私の人生 視聴率 5話・6話 あらすじと感想

黄金色の私の人生 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー