黄金の虹 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●フジテレビTWO(2017/9/30から)集中再放送土・日曜日10話連続放送 字幕
●フジテレビTWO(2017/3/13から)月~金曜日深夜25:10から 字幕
●ホームドラマチャンネル(2016/11/28から)集中再放送月~金曜日深夜26:45から
●2016.9.7 感想追加

黄金の虹 황금무지개 全41話
2013年放送 
平均視聴率 15.2% 시청률 MBC
黄金の虹 コンプリートスリムBOX【DVD】
あらすじ

 黄金水産の跡取りとして育てられたハビンは5歳のときに誘拐されショックで記憶を失ってしまう。逃げ出したところを助けられたハビンはマノンと共に暮らし始めるが、生活に困って魚を万引きしたところを漁師のハンジュ(キム・サンジュン)に見つかってしまう。しかし、そんな身寄りのない二人を不憫に思った心優しきハンジュは、ハビンをベグォンと名付け、マノン(ソ・ヨンジュ)と共に養子として育てはじめる。
その後ハンジュが養子にした6人の兄弟と共に、貧しくも楽しい日々を送っていたベグォン(キム・ユジョン)だったが、ある日、ハンジュがある事件の罪に問われ逮捕されてしまう。それから14年後、父の事件の真相を突き止めるため警官になったベグォン(ユイ(AFTERSCHOOL))は、ある捜査で出会った検事のドヨン(チョン・イル)が中学時代の同級生だったと知り・・・。

 2016y07m14d_221347032
黄金の虹 公式サイト 相関図
キャスト

ユイ(AFTERSCHOOL)   キム・ベグォン(チャン・ハビン)(次女) 警官、記憶喪失
チョン・イル ソ・ドヨン ベグォンの同級生、検事
チャ・イェリョン キム・チョノン (長女)ベグォンの義姉、犯罪者の娘
イ・ジェユン キム・マノン (長男)ベグォンの義兄
キム・サンジュン キム・ハンジュ ベグォンらの養父、孤児院育ち
ト・ジウォン ユン・ヨンヘ ベグォンの実母、黄金グループの元嫁
チョ・ミンギ ソ・ジンギ ドヨンの父、黄金グループの婿
パク・ウォンスク カン・ジョンシム 黄金水産会長
チ・スウォン チャン・ミリム ジンギの妻、ジョンシムの娘
ジェシン ソ・テヨン ミリムの連れ子(息子)
チェ・スイム キム・シボン (三女)ベグォンの義妹
イ・ジフン キム・ヨロン (次男)ベグォンの義弟
キム・テジュン キム・イロン (三男)ベグォンの義弟
パク・ソンホ キム・ヨンウォン(四男)ベグォンの義弟

アン・ネサン チョン・オクチョ ハンジュの兄貴分
リュ・ダム チョン・スピョ オクチョの息子
キム・ヘウン ヤン・セリョン ハンジュに片想い
ソ・ヒョンチョル カン・ドンパル チョンウォンの実父
キム・デリョン チョ・カンドゥ ソ・ジンギの部下
イ・ウォンバル パク・ウン 大物金融業者
イ・ヒジン パク・ファラン パク・ウンの娘

スタッフ /[脚本]ソン・ヨンモク[演出]イ・ジェジン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
南目きな子さんの感想より

 

子ども時代は家族愛のホームドラマ、大人になってからは愛憎入り混じる恋愛ドラマとして、毎回どんどん魅き込まれる中毒性のあるドラマでした。

韓国ドラマお決まりの子ども時代も全然説明チックでなく、むしろずっと見ていたくなるくらい。7人いる全員養子の子どもたちはみんな個性があって愛らしく、特にキム・ユジュンの演技はやはり別格でした。7人もの赤の他人の子どもを養子にしたお父さん役のキム・サンジュン氏は、不器用ながらとても愛情深い理想のお父さんを演じていて、お父さんの言葉に何度も感動したし、自然と涙があふれてきました。

それまで別のドラマ『追跡者(チェイサー)』で凄みのある悪役のイメージが強かったので、作品によってこんなに印象が変わるものなのかと、思わずおじさん俳優さんの名前をネットで調べてしまいました。このドラマ(がとてもよかったので、今後もキム・サンジュン氏が出るドラマはチェックしようと思いました。ずっと子ども時代でもいいと思ったほど入り込んでいましたが、大人になったらなったで、チョン・イルとユイの恋愛の行方と、財閥の相続・経営が絡んだ出生の秘密的なストーリーの行方など、何重にも仕掛けがしてあって一瞬も目が離せませんでした。

財閥や出生などの設定は一見よくある話なのですが、脚本が良いせいかとても自然に入り込めて、セリフなども言い言葉が多く、感動します。人と人との深い思いが丁寧に描かれていて、たくさん見てきた韓国ドラマの中でもベストなうちに入るドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー