鳴かない鳥 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●LaLa TV(2017/8/28から)月~金曜日12時から2話連続放送8/28は11:45から 字幕
●BS11(2017/2/9から)集中再放送オリジナルは全100話月~金曜日15:29から 字幕
●チバテレ(2016/9/22から)月~金曜日9:30から
2016.6.10 感想追加

鳴かない鳥 울지 않는 새 全100話
2014年放送 tvN
平均視聴率 1.476% 시청률 tvN
鳴かない鳥 DVD-BOX1
あらすじ

 事故で父親を亡くしたオ・ハニ(ホン・アルム)は、父の墓参りの途中、崖から足を滑らせてしまう。偶然その場に居合わせたオ・ナムギュ(キム・ユソク)がハニを助けたが、実はナムギュは自分の経営する会社が倒産し、妻にも見捨てられ自殺しようとしていた所だった。その後、この出会いをきっかけにナムギュはハニの母スヨン(イ・ギョンシム)の化粧品会社で働き始める。
一方、ナムギュの元妻ミジャ(オ・ヒョンギョン)は、不正に入手した大金と共に子供を連れて海外に高飛びしていた。それから6年後、ナムギュとスヨンは再婚し、ハニやナムギュの娘ユミ(ペク・スンヒ)と共に家族は仲良く暮らしていた。会社の事業も成功し全てが順調に進んでいた頃、突然ミジャが帰国、ナムギュとの復縁を図り、ハニたちの住むマンションに越してくる。ミジャの企みが着々と進む中、ナムギュとスヨンが乗った車が事故を起こし、スヨンは死亡、そしてスヨンに多額の保険金が掛けられていたことからナムギュはスヨン殺害容疑で逮捕されてしまう。全ての幸せをことごとく奪われたハニ。それらがミジャの仕業だと知ったハニは、敵討ちを果たすまで涙を封印することを決意する…。

 2016y04m29d_145507261
KNTV 鳴かない鳥 相関図
キャスト
ホン・アルム オ・ハニ スヨン化粧品ブランドマネジャー 事故で父を亡くす。
オ・ヒョンギョン チョン・ミジャ ナムギュの元妻。ハニの継父の元妻カン・ジソプ パク・ソンス 弁護士 国会議員の息子
アン・ジェミン イ・テヒョン ハニの幼なじみで片思い、スヨン化粧品製品企画チーム長
ペク・スンヒ  オ・ユミ ミジャとナムギュの娘。父の結婚でハニと姉妹に。テヒョンに片思い
キム・ユソク  オ・ナムギュ ハニの継父。事業に失敗。ペク・スンフン チョン・スチャン ミジャの弟、スヨン化粧品総務部課長
チャン・ドユン オ・ミンギ ミジャとナムギュの息子
ハン・ソジン オ・ミンジ ミジャとナムギュの末娘
カン・ギョンホン チョ・ダリョン ミジャの同級生、保険
イ・ギョンシム ホン・スヨン ハニの母、スヨン化粧品CEO
パク・ヘジン ハン女史 ハニの祖母、スヨンの母
ハン・ガリム ソ・ボンスク スヨン化粧品製品企画チーム社員
スタッフ [脚本]ヨ・ジョンミ[演出]キム・ピョンジュン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
princeさんの感想より

女中心の犯罪が多いドラマ

一言でいうと激しい犯罪が簡単に行われ警察にも捕まるということがなく展開していくドラマです。

警察に捕まっている場面もあるんですが、それは犯罪を犯していない人物が犯罪者に陥れられ刑務所へ追いやられるんです。そして主に数人の女が自分の欲のために極端な方法で犯罪を犯し会社を手に入れる、どの犯罪もあり得ない!って思いながら100話という長編を最後まで視てしまう。犯罪者も陥れられる人も実は家族。親子、もと夫婦など、家族愛の強い韓国ドラマが多いですが、家族愛より欲を優先したドラマです。

犯罪者で主要な役どころのオ・ヒョンギョンさん、この方が出演されている多分最近のドラマ「伝説の魔女」ではとても明るい役をされていたんですけど、なんと「鳴かない鳥」では攻撃的で視聴者からも恨まれるような役でした、先に「伝説の魔女」を視てしまっていましたのでギャップに驚きました。

暴力的な場面も多数あるドラマでしたので、暴力により死人が出ていないのが不思議なくらいなんですが、そういう場面を好まない方にはお勧めできないドラマのひとつだと思われます。後半に差し掛かるにつれ無理のある設定ではないの?と思いますが、韓国ドラマにありがちな設定かもしれないし、それはそれで面白いと思ってしまえる韓国ドラマの楽しみ方でもあります。

主役で犯罪者と戦うホン・アルムさんも他のドラマでもたくさん主役をされている方のようです、次に韓国ドラマを視るときにホン・アルムさん出演のドラマも選択肢の一つとなりました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー