魔女の法廷 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

魔女の法廷  마녀의 법정 全16話

第3話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn000791/

第3話 感想

 

quetalsurinoさんより

第2話では被害者の隠していた秘密を明かし、裁判は買ったものの被害者に大きな傷を与える結果になったことで、イドゥムは自身の幼い頃を思い浮かべます。彼女が検事になった理由が明らかになりましたね。有名になると母が現れ、これまでのことを話してくれると信じ、母の身に何かが起きたのなら、検事として解決するために頑張ってきたイドゥム。イドゥムの母の事件がドラマの今後の展開を左右する大事件へと発達していくのでしょうか。

緊迫感あふれる展開はないのですが、適度な現実感にプラスドラマらしいキャラクターが調和し面白くなってきました。ミン部長検事は20年前、イドゥムの母が失踪したことでチョウ・カプスを逮捕することができず、その後も対立する関係となります。

新たに女性を盗撮した事件が起きましたね。裁判に勝つために手段を選ばないイドゥムの手に負えない犯人の登場。シャワー中、隠しカメラを発見したイドゥムですが、彼女も盗撮されたのでしょうか。

ジヌクとイドゥムはそれぞれのやり方で捜査を進めます。考えが違うことから生じる溝が深まりそうですが、ギクシャクする二人の様子から逆転がありそうです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第4話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn000791/

quetalsurinoさんより

第4話 感想

 

変わることがないと思っていたイドゥムに少しずつ変化が起きます。被害者の気持ちを理解することなかったイドゥムは、被害者となって初めてこれまで自身が担当した事件を振り返ります。盗撮の映像は自動的に削除され、証拠にならないと確信していた盗撮犯と弁護士のホ・ユンギョン(キム・ミンソ)。このまま裁判に負けてしまうのかと思っていたところ、逆転がありました。

ホン弁護士に証拠が削除されないと思わせたイドゥムとジヌクの計画は成功し、盗撮された裸の映像を犯人逮捕のために公開したイドゥムの勇気がすごいと思いました。ホ・ユンギョン弁護士を演じるのはキム・ミンソですが、「太陽を抱く月」ではハン・ガインのライバルとなる悲運の王女役を演じ、数年が経った今でもその時のイメージが残っています。

しかし、「アイムソーリーカンナムグ(江南区)~逆転人生~」では明るく堂々としたキャラクターを演じ、「魔女の法廷」では野心あふれる弁護士役を演じています。イドゥムとは裁判を通じて度々対立する立場となりますが、今話でも裁判では敗訴することになり、ますます対立する様子が描かれそうです。

ジヌクは20年前のイドゥムの母の事件と何か関係がありそうですね。失踪したクァク・ヨンシルは、結局亡くなっているのでしょうかね。普段見せることのないイドゥムの姿を見たジヌク。二人の関係がどのように変わるか興味深くなってきました。

魔女の法廷 5話・6話 あらすじと感想

魔女の法廷 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー