魔女の法廷 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

魔女の法廷  마녀의 법정 全16話

第13話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn000791/

第13話 感想

quetalsurinoさんより

ミノがチョウ・カプスの秘密のアジト「キンダム」に関して口を開きました。スアが暴力を振るわれた場所もキンダムで、カプスがわいろや接待をする秘密の場所が「キンダム」でした。チョウ・カプスのせいで姉を亡くしたジン・ヨニが独断で「キンダム」に近づいていたことをしたミン元部長とイドゥム。チョウ・カプスの悪事を暴く証拠映像を持ち出すため、罠と知らず侵入するヨニとイドゥム。

結局、二人は監禁され危険な状況に置かれますが、イドゥムを危機一髪のところで助けたのは、ジヌクでした。手に入れた映像を必死で守るジヌクは傷だらけになりますが、ジヌクが一番気にするのはイドゥムのアザだらけの手。これはジヌクがイドゥムに特別な気持ちを持っているからでしょうね。イドゥムの無謀な行動のおかげで明確になったジヌクの想い。しかし、過去の事件のこともあり、果たして二人のロマンスが実ることになるのかは、疑問です。

今話の最後、ミノの裁判に姿を現したイドゥム。ミノの弁護士として登場した彼女の活躍が期待される終わり方だったので、次の話ではどんな展開が描かれるのか、気になります。きりっとしたスーツとネクタイ姿のイドゥムが素敵でした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第14話 あらすじ

後日掲載
https://knda.tv/kntv/program/kn000791/

第14話 感想

quetalsurinoさんより

死亡したスアの事件の裁判で主犯として18年を求刑されたミノでしたが、イドゥムが入手した映像に映っていたのは暴行を振るうアン・テギュの姿でした。新たな証拠品が見つかったことで、ミノではなくテギュが真犯人であることが明らかになりました。同時に、チョウ・カプスを捕まえるため動き出したイドゥムでしたが、チョウ・カプスは調査が入る前にすべての証拠を処分し、ジヌクは捜査に失敗することになりました。

ミノは兄が隠したチョウ・カプスの秘密が書かれたノートを発見し、兄サンホが自殺ではなく、他殺されたことを明かす条件としてノートを渡すと、イドゥムと取引きすることになります。サンホの事件を再調査していたイドゥムとジヌクは、サンホの遺体の側にあったペンがすり替えられていたことに気づきます。すり替えられる前のペンを隠していたのは刑事でしたね。ペンから発見された二つの指紋は、サンホとチョウ・カプス?でしょうね。

一方、イドゥムの母ク・ヨンシルが生きていることを知ったチョウ・カプスは、彼女を殺害するよう命じ、ヨンシルを連れて逃げることになった看護師。同じころ、ジヌクの母がヨンシルの住む島に訪れることから、ジヌクの母ジェスクがヨンシルを助けることになるのでしょうかね。

チョウ・カプスを捕まえるために、イドゥムが検察に復帰しました。検事から弁護士に、再び検事に戻ったイドゥム。彼女の復讐が始まるようです!

魔女の法廷 15話・16話(最終回) あらすじと感想

魔女の法廷 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー