魔女の恋愛 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●フジテレビTWO(2017/9/22から)月~金曜日深夜25:10から 字幕
●日テレプラス(2017/6/27から)集中再放送 月~金曜日17:30から2話連続放送 字幕
●BSフジ(2017/5/29から)月~金曜日14:59から 字幕
●2016.11.3 感想追加

魔女の恋愛 마녀의 연애 全16話
2014年放送 tvN
平均視聴率 1.6% 시청률
魔女の恋愛 DVD-BOX 1
魔女の恋愛 日本公式サイト
あらすじ

 スクープに命を懸ける冷酷無情な雑誌記者ジヨン(オム・ジョンファ)のあだ名は“魔女”。ホワイトデーの今日も頭の中には特ダネのことしかない。苦労の末に、国民的俳優の不倫スキャンダルという大スクープを手にするのだが、警備員に見つかり必死に逃げるハメになる。ジヨンはバイト中のドンハ(パク・ソジュン)の自転車を勝手に奪って走り去り、ドンハは自転車を取り返すためにジヨンを追いかける。しばらくの間追いかけられたジヨンだったが、何とか逃げ切ることに成功し、スクープは雑誌のメイン記事に!
一方、ジヨンのせいで1日がめちゃくちゃになり、バイト代がもらえなかったドンハは、大家から家を追い出されてしまう…。このことで2度とジヨンに関わりたくないと思っていたドンハだったが、ことあるごとにジヨンと顔を合わせることになって――! ?

 2009年台湾で最高視聴率を記録した”敗犬女王”を原作にした作品である。
キャスト

パク・ソジュン ユン・ドンハ バイトの達人社
オム・ジョンファ パン・ジヨン ゴールドミス、週刊誌調査報道チーム長,仕事の鬼
ハン・ジェソク ノ・シフン ジヨンの元婚約者、戦場カメラマン
ユン・ヒョンミン ヨン・スチョル ドンハの幼なじみ、バイトの達人社共同経営

チョン・ヨンジュ チョン・ウンチェ ジヨンの後輩社員
ヤン・ヒギョン チェ・ジョンスク ジヨンの母
ラ・ミラン ペク・ナレ ジヨンの友人
イ・セチャン カン・ミング ナレの夫、おでんバー運営
サヒ ホン・チェヒ シフンの助手、カメラマン
パン・ウニ オ・ミヨン ウンチェの母
チュ・ジンモ クォン・ヒョプソプ 週刊誌発行人
カン・ソンジン ピョン・ソッキ 調査報道第2チーム長、自称ジヨンのライバル
ユン・ジュンソン ソン・ヨンシク 調査報道チーム員
シン・スハン ナム・チャンミン 調査報道チーム員
カウォン オ・リンジ 調査報道チームインターン
ホ・ドヨン ジェウン 調査報道チーム新入社員
チョン・ノミン キム・ジョンド ジヨンがスキャンダルを追う国民的俳優
イ・ウンギョン ペク・スジョン ジヨンの大学の先輩

スタッフ /[演出]イ・ジョンヒョ
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
tae8823さんの感想より

●胸キュンはまるラブコメ作品

観た人は絶対ハマるラブコメです。こんなシュチュエーションあるよねって共感出来る要素が非常に多くて楽しめました。キルミーヒルミーでヒロインの兄役をしていたパク・ソジュンが気になり本作品を見たのですが、本当に当たり役だなと感じました。少年性の顔立ちと大人の色気の共存性は、イ・ジョンソクにも負けてませんね。

主人公ドンハは恋人を失った過去を持ち、ヒロインのジョンも結婚式前日に恋人に逃げられ、恋愛に臆病になっています。出会うはずのない二人が偶然に出会い、喧嘩や助け合い慰めあいながら、過去と向きっていく過程を、彼らを取り巻く同僚や同居人、友人や先輩、親の再婚などの様々な恋愛を描きながら丁寧に描写しているなとキュンキュンしながら観ました。ヒロインのジョン役のオム・ジュンファさんの演技がステキで、キスシーンとかベットシーンが色気がありましたね。パク・ソジュンに後ろから抱かれるシーンでは、心の揺れを観ている側でも共感出来ました。最終的にはハッピーエンドで元カレを選ばなくて良かったとホッとしましたね。

ドンハの友人のヨン・スチョル役のユン・ヒョンミンさんもドラマを引き立ててました。彼は、元プロ野球選手なんですね。異業種から転身して俳優をやっている異色の方ですが、これからブレークしそうだなと観てました。ヒロインの元カレ役のハン・ジェソクさんは、正統派から脇役までこなすマルチな方です。オム・ジョンファとパク・ソジュンを演技の脇役たちが固めていて最終話まであっという間に過ぎた作品でした。

恋愛が奥手だったり、臆病だったら、このドラマをお勧めします。観ている人すべてに恋愛の楽しさを教えてくれる作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー