風船ガム 3話・4話 あらすじと感想 イ・ジョンヒョク パク・ヒボン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

風船ガム 풍선껌 全16話 tvN

shimacyuさん

3話あらすじ

リファン(イ・ドンウク)とヘンア(チョン・リョウォン)は、シークレットガーデンで会ってお互いの気持ちを話し合いまたいつもの通り仲直りをします。そこに、リファンの見合い相手のイスル(パク・ヒボン)がやって来ます。お互いに兄弟のように親しい友達だと言いますが、イスルからはそうは見えずヘンアに対して嫉妬心を抱きます。その後、ヘンアは酔っぱらってあちこちで騒ぎを起こします。そんなヘンアをリファンは探し回り、ヘンアの電話に出たのはソクジュン(イ・ジョンヒョク)で、しかもヘンアは今隣で寝てると言われます。

3話感想

ヘンアの元カレのソクジュン(イ・ジョンヒョク)は、付き合っていた時は素っ気なくてヘンアに寂しい思いをさせていたのに、ヘンアから別れを告げられたら急に惜しくなってしまったのか、それとも振られると思っていなくて心外だったのか、急にくっついて来ます。なんだかちょっと不自然なほどにです。別れてヘンアの存在の大きさに気付いたというのが正解かもしれません。ヘンアは未練を少しは残しながらも、辛かった想い出のほうが勝ってしまうのか、別れを選んだことに後悔はしていない様子です。

本筋とは別に、両親を亡くした場所である病院に入ることができないヘンア、リファンに近づいて欲しくはないけれど両親のように癌にならないよう健康診断を受けさせたいと考えるリファン母。ドラマ全体に温かい空気が流れていて雰囲気が好きです。

イ・ジョンヒョク 이종혁 カン・ソクチュン役
2016y12m25d_094025112
出典:http://tenasia.hankyung.com/archives/739093
生年月日:1974年7月31日 身長:184cm、体重75kg & 血液型:A型
主な出演作品
2012年 SBS 『 紳士の品格 』
2010年 KBS 『結婚して下さい』
2010年 KBS『推奴(チュノ)』 など

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

shimacyuさん

4話あらすじ

ソクジュン(イ・ジョンヒョク)の挑発に乗っていくうちに、リファン(イ・ドンウク)は、自分がヘンアに対して持っている感情は友情ではなくて女性に対する愛情だと気付き始めます。一方でリファンの見合い相手のイスル(パク・ヒボン)もリファンに会いたくて、無理矢理用事を作って会いに来ます。

ヘンア(イ・リョウォン)はケイタイを紛失し、その件で警察署でまたソクジュン・リファン・ヘンアの3人が鉢合わせ。ソクジュンへの想いを断ち切るために、親しい様子を見せつけてとリファンに頼むと、リファンはヘンアにキスを・・・!

4話感想

ついに、リファンが自分の気持ちを確信しました!見ているこちらは気付いてましたが。一方でそんなリファンにどんどん惹かれているイスルも切ないですね。リファンは物腰が柔らかくて、イスルに対しても”あか抜けないから”と馬鹿にしたりすることなくいつも優しく接するので、恋愛に対する免疫力がないイスルが好きになって当然です。

イスルはお兄さんからはとても大事に可愛がられています。母親も我が子を思う気持ちはもちろん強いのですが、容姿に全く気を遣わない娘が信じられない様子であれこれとおしゃれになるように発破をかけます。思い通りにならない娘がもどかしくてついキツイ言葉を浴びせてしまいますが娘に素敵な女性になってほしいと願う気持ちが強いからこそなのだと思います。

パク・ヒボン 박 희본 ホン・イスル役
2016y12m25d_094719829
出典:http://m.starseoultv.com/news/articleView.html?idxno=356633
生年月日: 1983年 5月 11日 身長/体重: 162cm, 46kg
主な出演作品
ファミリー ヨル・ヒボン ソクファンの娘
運命のように君を愛してる チョン・ジヨン ミヨンの職場の後輩、ルームメイト
主君の太陽 テ・ゴンリ ゴンシルの姉、カフェ店主

 

風船ガム 5話・6話・7話 あらすじと感想

風船ガム 視聴率 あらすじ キャスト 感想 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー