風の便りに聞きましたけど!? 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS11 (2016/8/23-9/16)全38話 オリジナルは全30話 月~金曜日15:59から
2話連続放送 字幕

風の便りに聞きましたけど!?  全30話
2015年放送 SBS
平均視聴率 10.2% 시청률
風の便りに聞きましたけど!? DVD-SET 1
あらすじ

超セレブ一家 VS ビンボー女子高生! ?
金とプライドにまみれた韓国上流ファミリーに嫁ぐ、スキャンダラス格差ラブコメディ!

超セレブな法律家ジョンホとヨニ夫妻の下、貴族教育を受けて育った息子インサン。親には従順な優等生だが、高校の合宿で出会ったビンボー女子高生ボムと恋に落ち、一線を超えてしまう。その後、インサンは連絡のとれなくなったボムのことが気になりつつも名門大学に合格。だが、ようやく捜しあてたボムが妊娠している事実に呆然とする。すぐに彼は自分の両親にボムを紹介するが、その最中に陣痛が始まり、何と彼女はインサンの家で出産! あたふたするインサンの両親は、釣り合いの取れない息子の結婚に大反対。果たして若い2人を待ち受ける運命とは…。

 2016y07m30d_001330332
風の便りに聞きましたけど!? 公式サイト 相関図
キャスト

イ・ジュン ハン・インサン ジョンホ夫婦の息子、高校生 エリート御曹司
コ・アソン ソ・ボム インサンの恋人、高校生 玉の輿ビンボー娘
ユ・ジュンサン ハン・ジョンホ 法務法人「ハンソン」代表 法曹界の帝王
ユ・ホジョン チェ・ヨニ ジョンホの妻 上流貴婦人

パク・ソヨン ハン・イジ ジョンホ夫婦の娘 インサンの妹
ユ・スンヨン ソ・ヌリ ボムの姉、大学生、アナウンサー志望

チャン・ヒョンソン ソ・ヒョンシク ボムの父、看板屋
ユン・ボギン キム・ジネ ボムの母

チョン・ソクチャン ソ・チョルシク ヒョンシクの弟
キム・ジョンヨン ジョンスン ハン家の家政婦
キム・ハクソン パク執事 ハン家の執事、ジョンスンの夫
ソ・ジョンヨン イ・ソンスク ヨニの秘書
ペク・ジヨン チ・ヨンラ ヨニの同級生、財閥令嬢
チョン・ユジン チャン・ヒョンス ヨンラの娘
キム・ホジョン オム・ソジョン ヨニの同級生
チョン・カラム ソン・ミンジェ ソジョンの息子、チャン・ヒョンスの同級生
チャン・ホイル ソン・ジェウォン ヨニの同級生、投資クラブ代表、現総理の息子
キル・ヘヨン ヤン・ジェファ ジョンホの秘書
チャン・ソヨン ミン・ジュヨン ジョンホの法人の秘書室職員
イ・ファリョン キム・テウ ジョンホの随行秘書
ペク・ジウォン ユ・シニョン ジョンホの法人の弁護士
パク・ジニョン ペク・テホン ジョンホの顧問、元総理
ホ・ジョンド パク・ギョンテ インサンとボムの先生

スタッフ /演出:アン・パンソク 脚本: チョン・ソンジュ
コメントにて随時感想募集中です。

 

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ゆるぎさんの感想より

見る毎にハマるドラマ!ロイヤルファミリの生活に魅了されます!

ロイヤルファミリの長、ハン・ジョンホにユ・ジュンサンをキャスティングしたことに最初は疑問に思っていましたが、見る毎にこのとっちゃん坊やにハマっていきました。

どこか品の良さが残っているこの俳優さん、背もそんなに高くなくて、とてもじゃないけどイケメンとはいえない風貌なのに、帝王的権力を持つ、超上流階級の完璧な男を上手く演じます。

その妻のヨンヒにユ・ホジュンが、これまたセレブな奥様を演じます。この人は「サニー~永遠の仲間たち」に出演されていましたね。演技派の女優さんです。またこの父母の息子インサンにイジュン、インサンの妻のソ・ボムをコ・アソンが、好演しております。

このドラマ、今までにない違和感と、現代版時代劇とでも言うのか、異様さに何か惹きつけられ、次回が楽しみでならないドラマでした。法曹界の家系に生まれたインサンが庶民層のソ・ボムと恋に落ちることで葛藤しながら大人に成長する様や、平凡なソ・ボムをいつしか心から応援していたりと、いつの間にかこのドラマの出演者になったように一緒に考えたり、涙し、笑っていました。インサンとボムの純粋な愛がとても素敵で温かい気持ちになりました。

お金持ち対庶民というありふれた設定ではありますが、とても痛快なブラックコメディです。お金持ちへの憧れは世の人々の常でありますが、そのお金持ちを時に鋭く風刺します。大笑いではないのですが、毎回小気味よくくっくくっく笑っておりました。パート2が出たらいいのにと密かに思ってます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー