青い海の伝説 19話・20話(最終話) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

青い海の伝説 푸른바다의전설 全20話

第19話視聴率22.2%

quetalsurinoさん

第19話あらすじ

チヒョン(イ・ジフン)の撃った弾はシムチョンにあたり、病院へ運ばれます。逮捕されたチヒョンは持っていたトリカブトの毒を自らのみ死を選びます。シムチョンの手術は無事に終わり驚異的な回復力を見せます。

昏睡状態にあったナム部長が目を覚まし、彼に関わる前世の記憶をすべて思い出します。目を覚ましたナム部長は、ナンドゥをパク・ムと呼びます。彼の前世はダムチョンに恩返しをし、父の復讐をするパク・ムという人物で、5話でヤン氏により殺害された男の息子でした。過去、追われていたダムリョンの友人を助けたのもパク・ムでした。

訪ね失われた記憶を取り戻すために、マ・デヨンは精神科医のジン・ギョンウォンを訪れます。彼の訪問を知らされたジュンジェはマ・デヨンと再会しますが、その場で逮捕されます。警察と一緒にいるナンドゥを見て驚くマ・デヨンです。マ・デヨンの前世の記憶から彼の最後やソヒの最後が描かれますが、父の復讐として二人はパク・ムによって殺されます。

シムチョンの回復力が病院中に噂になり、ジュンジェはシムチョンを守るために入院記録を削除し、家に戻ります。シムチョンの胸の痛みはひどくなり、ジュンジェは彼女のために別れを決心します。シムチョンを海に戻す決心をし、ジュンジェは一つだけお願いをします。ジュンジェの記憶を消さないようにと。。。

第19話感想

マ・デヨン、カン・ソヒやホ・チヒョン過去の悪縁や出来事のその後がすべて解決され、スッキリとした気持ちになりましたが、死ぬ最後にソヒに残した最後の言葉がチヒョンのこれまでの葛藤をすべて表しているようだと感じました。

シアの前世も明らかになりました。彼女はダムリョンと婚礼をあげた相手でした。現世でジュンジェとの恋が叶わない理由があったのです。シムチョンからいつか本当の恋に出逢えると言われ、複雑な表情を見せます。密かに二人を応援してきたシアとテオがお互いの気持ちに気づきます。テオとシアの恋が始まります。

前世の出来事や現世との関係の解き方が面白かったと思います。精神科医は前世で、将来を予言できる不思議な力を持っていた人物でした。マ・デヨンとカン・ソヒの将来を彼は知っていた様子です。カン・ソヒがトリカブトの花を育てていたことや、毒を使い殺害した理由、前世で彼女はトリカブトの毒を飲まされ死んだからなのでしょうか。

シムチョンを心配し、ジュンジェは彼女のために別れる決心をし、いつか再会することを約束します。シムチョンとの記憶を持ち続けたいと願うジュンジェの気持ちをシムチョンは受け入れるのでしょうか。二人にハッピーエンドはあるのでしょうか。

これまで夢中に観てきた「青い海の伝説」が最終回を迎えます。寂しく切ない結末にならないことを祈り、ジュンジェとシムチョンの最後を見守っていきたいです。

【豆情報】視聴率20%越えが期待されていましたが、17話で20.8%と18話では18.3%となりました。(韓国では、同じ時期に放送中の「トッケビ」への関心が高く、比較的に「青い海の伝説」は予想よりも視聴率に伸び悩んだと思います。ドラマが終わりに近いと分かり視聴率が伸びた結果のようで残念でした。)

第19話でイム・ウォンヒが医師役で特別出演(ロマンドクターキムサブに出演。事務局長の役ですが、このドラマでは医師役を演じています。) 

トッケビ 鬼 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第20話視聴率%

quetalsurinoさん

第20話あらすじ

ジュンジェ(イ・ミンホ)との両想いで心配していたシムチョン(チョン・ジヨン)の心臓は大丈夫でしたが、ジュンジェをかばって撃たれたところが回復せず、ジュンジェと別れ海に戻ることになります。シムチョンは、ジュンジェ、ジュンジェの母、ナム・ナンドゥ、テオ、シアを含め彼女の記憶するすべての人に別れを告げ記憶を消し、人魚が嬉しいときに流すとされるピンクの真珠をジュンジェのもとに残して、海に戻ります。

3年後、ついにシムチョンがソウルに戻りジュンジェを訪ねますが、ジュンジェはシムチョンを覚えていない様子です。ジュンジェの記憶がないことから、シムチョンは悲しい気持ちになり雪の中を歩きはじめ、積もった雪のせいで足が濡れそうになりその場でしゃがんでしまいます。その時に、傘を持ったジュンジェが現れます。ジュンジェはシムチョンを記憶していました。彼女が海に帰る前からジュンジェはシムチョンとのことを日記に記録していたため、ジュンジェは彼女とのことを思い出します。

ジュンジェとシムチョンは結婚し、海の側にある小さな家で幸せに暮らします。

 

第20話感想

期待していたハッピーエンドでした。シムチョンが消したはずの彼女との記憶を、ジュンジェは覚えていました。最後の最後までカッコよいジュンジェです!

シムチョンがいない3年間、ジュンジェは復学して大学を卒業し、法科大学院へと進み検事を目指します。ナンドゥはこれまでの経験をもとにスター講師となり、テオはホワイトハッカーとなり、ジュンジェ宅で母モランと共に4人で生活する様子が描かれました。シアとテオのその後が気になっていましたが、二人にも幸せな結末が待っているようなので、ホットしました。

3年ぶりに戻ったシムチョンは、恋を求めて陸に上がった人魚と出会い、以前ジョンフンにされたのと同じアドバイスをするシーンは面白かったです。小学生のユナがシムチョンの考えが聞こえる理由や記憶を消せない理由は、彼女が前世で人間と人魚の間に生まれた子だったからでした。人間と人魚が結ばれ幸せに暮らす話は、単に伝説でなかったことが分かり、ジュンジェとシムチョンが幸せになれることを意味するのだと知り安心しました。

1話のエンディングでジュンジェが人魚に手を差し伸べるシーンが20話でも描かれ、初めてドラマを観始めたころを思い出しました。ダムリョンとセファの死は切ないものでしたが、何百年も経ち生まれ変わったジュンジェとシムチョンが困難を乗り越え迎えたハッピーエンドだったので嬉しかったです。結婚し平凡な幸せを手に入れ、妊娠したシムチョンとジュンジェが幸せそうに笑う姿に感動です。最後のジュンジェのナレーショはとても心に響くもので素敵なエンディングでした。

【豆情報】新米の人魚役としてキム・スルギが特別出演。シムチョンが着用していたNepaのグースダウンが話題に。海に戻る前に着ていたもの

 

青い海の伝説 視聴率 あらすじ キャスト 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー