青い海の伝説 1話・2話 あらすじと感想 クリスタル キム・ソンリョン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

青い海の伝説 全20話

第1話視聴率16.4%

quetalsurinoさん

第1話あらすじ

1598年8月朝鮮のカンウォンドで(過去)、台風の後の津波で洞窟に閉じ込められた人魚が見つかります。ダムリョン(イ・ミンホ)はヤン氏(ソン・ドンイル)宅で、その美しい人魚を目にすることになりますが、哀れに思い人魚を海に帰します。 身を守るために、自分に触れた人の魂を奪い記憶を消すとの人魚の伝説があるようです。逃がした人魚が差し出す手をホ・ジュンジェが握り返し、現在の話が始まります。

現在を生きるホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)は詐欺師で、催眠術までもかけられる人物です。彼は仲間と検事を扮して財閥の奥様を相手に多額をだまし取ります。その後、ホ・ジュンジェは旅行先の部屋で不審者を発見することに。不審者とは人魚でした。彼女は台風で流され地中海にたどり着きます。彼は人魚を警察に追報しますが、後に彼女のつけている翡翠のブレスレットが高価なこと気づき、彼女からブレスレットを奪う計画を立て、警察から彼女を連れ出します。

裸足で歩き回る彼女をかわいそうに思ったホ・ジュンジェは靴や服をプレゼントします。彼女からブレスレットを奪った彼は彼女をショッピングモールに置き去りにします。彼を待ち続けた彼女は、お店から締め出されます。彼女のことが気になったホ・ジュンジェが戻り、過去の場面のように差し出した手を握る二人。。。

 

第1話感想

イ・ミンホとチョン・ジヨンの待望のドラマが放送され期待を集めています。デンマークの人魚姫は有名ですが、韓国で伝わる人魚の話がモチーフとなった作品です。これまでたくさんのテーマや設定がありましたが、人魚(マーメイド)をテーマにしたドラマは初めてなので今後の展開が期待されます。

過去と現在が交差し、展開される二人のラブロマンスドラマ。個人的にはハリウッド映画の「スプラッシュ」を思わせるような演出だったので懐かしい気持ちになりました。人魚に扮するチョン・ジヨンの姿がとてもキレイです。

過去や現在のつながり、伝説、人魚など日常ではあり得ないファンタジー要素がたっぷりですが、笑えるシーンも多くあり面白いです。イ・ミンホが演じる過去のダムリョンがすごく魅力的です。これまで現代ドラマが中心のイ・ミンホですが、時代劇もなかなか似合っていると思いました。クジラの油よりも優れているとされる人魚の油を手に入れるために、ヤン氏はあきらめず人魚を狙うことから、今後人魚が危険な立場になりそうな予感がします。過去は過去で話が展開されるので、現在とどのようにかかわりを持ち続けるのかが一番気になる点です。

管理人

※イ・ミンホの時代劇代表作といえば、信義-シンイ- こちらはタイムスリップで過去と現代のが描かれてますが、こちらは現代のヒロインを過去の高麗の武士(イ・ミンホ)が時空を超えて連れていく内容でほぼ時代劇の内容となっています。

特別出演

飛行機の中でホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)と数十秒ほど会話シーン
CA役 クリスタル

2016y11m25d_154700473
出典:http://www.wikitree.co.kr/main/news_view.php?id=282153

クリスタル (크리스탈)、韓国名:チョン・スジョン、1994年10月24日 )は、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ出身の韓国系アメリカ人の女性歌手。韓国のアイドルグループf(x)のメンバー。メインボーカル。少女時代の元メンバー、ジェシカの実妹

 

3話にわたって登場する予定
財閥の奥様役

2016y11m25d_154908289
出典:「青い海の伝説」側 “キムソンリョンびっくり登場

キム・ソンリョン 김성령 1967年2月8日生 [血液型]A型[身長]168cm。キム・ソンリョンは2013年に放送されたSBS「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち」でイ・ミンホの母親役を演じた。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第2話視聴率15.1%

quetalsurinoさん

第2話あらすじ

2話も過去の話から始まります。子供たちと風船灯を飛ばしていたダムリョンは、風船灯の一つが間違って飛ばされ探しに行きます。そこで人魚と再会します。人魚は人間の言葉が話せるようでまた会えるのかと聞くダムリョンに、風船灯が上がるとまた会いに来るとの言葉を残し二人は別れます。ダムリョンはたくさんの風船灯を飛ばし、それをみた人魚のシムチョンが再び現れます。

現代に話が移ります。ホ・ジュンジェは人魚をかわいそうに思いホテルに連れて帰ります。人魚はホテルで初めて見たノートパソコンに夢中になります。ホ・ジュンジェに騙されたことを知った財閥の奥様はホ・ジュンジェを捕らえるよう彼のいるスペインに人を送り込みます。財閥の奥様は実は闇金融の社長夫人だったようで、送られた人々はその部下たちでした。ホ・ジュンジェは彼らに追われ人魚と逃亡することになります。逃亡していた二人は世界の果てと言われる場所に向かいます。そこはホ・ジュンジェが母に捨てられた場所でした。彼らから逃げきれなくなった二人は崖から飛びおります。

 

第2話感想

初めて見たパソコンに夢中になった人魚や、初めて味わう食べ物に夢中になる姿など、間の世界に慣れていく人魚の姿が面白く描かれています。彼女は2話の後半から人間の言葉が話せるようになりますが、すべて一晩中見ていたパソコンで覚えた言葉です。人魚はホ・ジュンジェと一緒にいたいと思います。人魚に冷たくしながらも彼はなぜか心を開き始めます。ロマンチックなエピソードもあり、段々出演するイ・ミヌとチョン・ジヨンがお似合いのように思えてきました。

崖から落ちたホ・ジュンジェに人魚に戻ってキスするシーンで、翡翠のブレスレットが戻っていました。いつ返されたのでしょうか。2話が終わったばかりですが、映像も背景もキレイで今後は人魚伝説をどのように描いていくのか期待が高まりました。2話の最後に水中で発見された遺物品の陶器を復元する映像が出ますが、陶器には人魚とキスする男性の絵が描かれています。崖から落ちた二人のキスシーンと同じ絵です。3話からはホ・ジュンジェが人魚を連れて韓国のソウルに戻るようです。

※水中キスシーンは最高視聴率18.8%と、最高の1分を記録しました。2話の放送後、視聴率の高さから撮影地のスペインGironaでのメイキング映像が公開されたようです。

Girona
スペイン・カタルーニャ州ジローナ県のムニシピ(基礎自治体)。ジローナ県の県都
OST
「青い海の伝説」の2話で流れた曲は歌手のユン・ミレ(多くのドラマ主題歌が大ヒット)が歌った曲が注目を集め、音源がリリースされました。人魚の気持ちを歌った曲として話題になり、ドラマの人気と比例してサンドトラックへの関心も高まっています。

「青い海の伝説」のOSTにイ・ソンヒとユン・ミレが務める。

 

青い海の伝説 3話・4話 あらすじと感想 ホン・ジンギョン チャ・テヒョン

青い海の伝説 視聴率 あらすじ キャスト 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー