離婚弁護士は恋愛中 1話・2話 あらすじと感想 チョ・ヨジョン (コ・チョッキ役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

離婚弁護士は恋愛中 이혼변호사는 연애중 全22話 オリジナルは全18話

22話ヴァージョン

第1話あらすじ

法律事務所“祝福”の代表弁護士チョッキは、女優の離婚訴訟を担当する。“祝福”の事務長として働くジョンウは強引な手段を使おうとするチョッキを止めるが、チョッキは判決で勝訴を得る。

http://www.twellv.co.jp/event/rikonbengoshi/archive.html

第1話感想

shironeko20さん

敏腕離婚弁護士チョッキは部下の名前も覚えないパワハラ上司。演じるのは『ロマンスが必要』のチョ・ヨジョン。かわいいお顔ですが、映画では体当たり演技も見せる女優さんです。チョッキは常に自信満々で裁判に勝つことに夢中ですが、さすがにやり過ぎですね、嫌われてます。

違法な証拠を使うことに反対する事務長ジョンウ役はチョン・ウジン。『恋愛じゃなくて結婚』がとてもよかったので、この作品も期待大です。依頼人は女優のハン・ミリ。このハン・ミリ役のイエルは独特な雰囲気の持ち主ですね。ホワイトクリスマスではキム・ウビンを惑わすサイコパスでした。今回も謎がありそうです。

違法な証拠を使って勝訴したチョッキは、おでこテッカテカで得意満面ですが、相手事務所代表は奈落の底に突き落とすと宣言、怖いです。ジョンウが裏切ったと決め付けてわかめスープを浴びせるチョッキ。いくらなんでも酷い、やけどするでしょ!誕生日なのに…。違法な証拠をジョンウは止めようとしていたのに、相手弁護士と話していたという状況証拠だけで決め付けるのは、弁護士らしくないですね。これで2人の仲は最悪になってしまいました。この先一体どうなるのでしょう?

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話あらすじ

大手法律事務所“BF”の社長の怒りを買い弁護士の資格を剥奪されたチョッキ。3年後、大学時代の先輩であるミンギュの法律事務所“選択”で働くことになる。しかしそこには弁護士になったジョンウがいた。

http://www.twellv.co.jp/event/rikonbengoshi/archive.html

第2話感想

shironeko20さん

真相に気づくチョッキですが、マ・ドング社長の自殺でハン・ミリの一人勝ちに。取り返しのつかない結果ですね。追い討ちをかけるように召喚されて、いくら チョッキでもこれはキツい。そして3年後、ハン・ミリはトップ女優、ジョンウは見ただけで妊娠させる弁護士に。ってなにそれ?怖いです笑。チョッキはテッ カテカおでこからアシメ前髪の事務長に、立場が逆転しましたね。

新しい事務所の社長ミンギュ役は『ゴハン行こうよ』でも弁護士事務所代表だったシム・ヒョンタクです。今作の方がさらに変わり者ですね。一方、釜山のお金 持ちと噂されるチョッキの実家は、実は魚屋さん。『海雲台の恋人たち』だ~!問題児の妹には弱いチョッキですが、お母さんと何があったのでしょう?

ミンギュと例の大手事務所の弁護士スアは貢ぐコンビですね。ミンギュはマンションと車を援助し、スアは家まで売ってジョンウの学費を出したよう。ちょっと やり過ぎ、ジョンウが知ったら負担でしょう。大金持ちのミンギュはいいとして、そこまでしたんだからって、スアが執着しないといいですが…。

クライアント役で『ファンタスティック・カップル』のカンジャ役が印象的なチョン・スヨンが出演しています。チョッキはジョンウの意思に反して独断で入れ 知恵していますが、そんな勝手なことをしちゃって大丈夫でしょうか? 今回、ストーリーの進み方がわかった気がします。3年前のハン・ミリの件を追いつつ、舞い込む依頼にも応えていくようですね。

 

チョ・ヨジョン 조여정 コ・チョッキ役
2017y04m16d_142222431
出典:http://program.sbs.co.kr/
生年月日1981年2月10日 女優、モデル。身長163cm、体重45kg。1997年、雑誌『Ceci』でモデルデビュー。
2012年 KBS 『海雲台の恋人たち』 コ・ソラ役
2011年 tvN 『ロマンスが必要』 ソヌ・イニョン役
2009年 KBS 『2009伝説の故郷-ミョジョンの玉』 ソウォン役

 

離婚弁護士は恋愛中 3話・4話 あらすじと感想 ヨン・ウジン( ソ・ジョンウ役)

 

離婚弁護士は恋愛中 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー