野王~愛と欲望の果て~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●TBSチャンネル1 (2016/10から)再放送
●TBSチャンネル1 (2016/8/8から) 字幕

野王~愛と欲望の果て~  全24話
2013年放送 
平均視聴率 16.6% 시청률 SBS
野王~愛と欲望の果て~ DVD BOX I
あらすじ

 信じた愛に裏切られ復讐に燃える男、自らの野望の果てに大統領夫人にまで上り詰めた女、そして本当の愛を知らない巨大財閥の御曹司。3人の運命が交錯する、哀しくも激しい愛と復讐の結末は。

 2016y07m06d_203306209
KNTV 野王 相関図
キャスト

クォン・サンウ ハリュ ホスト、ダヘと共に孤児院で育つ。
チャ・ジェウン ハリュの双子の兄、弁護士

スエ  チュ・ダヘ ハリュの恋人
ユンホ(東方神起) ペク・ドフン ペクハクグループ御曹司、元アイスホッケー選手
キム・ソンリョン ペク・ドギョン ドフンの姉(実母)、ペクハクグループ専務 ペク・チャンハク会長の長女

イ・ドクファ ペク・チャンハク ドフンの父、ペクハクグループ会長
チャ・ファヨン ペク・ジミ チャンハクの妹、飼い犬はターザン
イ・ジェユン チュ・ヤンホン ダヘの義兄
ソン・ジル オム・サムド ハリュの師、ツバメ界の伝説
イ・イルファ ホン・アンシム ハリュの養母、食堂運営
コ・インボム チャ・シムボン ハリュの父、心臓病
クォン・ヒョンサン ヤン・テクペ ハリュの弟分、ホスト
コ・ジュニ ソク・スジョン ジェウンの恋人、環境団体監事
チョン・ホビン ソク・テイル スジョンの父、元市長
パク・ミナ ハ・ウンビョル ハリュとダヘの娘、失語症
チュ・ダヘ (ダヘの幼少時代)
ユン・ヨンヒョン パク部長 ハリュが働くホストクラブの部長
ソン・ジョンハク カン部長 ペクハクグループ部長、ダヘの元上司
オ・ナラ ヨム課長 ペクハクグループ課長、ダヘの元上司
チョ・ソンヒ パク代理 ペクハクグループ代理
チェ・ホンイル チュ・ヒョンテ ダヘの義父、ヤンホンの父

スタッフ /[脚本]イ・ヒミョン[演出]チョ・ヨングァン、チョ・ナムグク
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
miikhuwaさんの感想より

スエの悪女役が最高!のドラマ作品

クォン·サンウさん主演ドラマで観たドラマでしたが、クォン·サンウさん演じるハリュ役の恋人チュ・ダヘ役を演じたパク・スエ(愛称スエ)さんに一気に引き込まれクォン·サンウさんではなくスエさんにどっぶりとはまってしまいました。

物凄く綺麗で天使の様な雰囲気をもっている女優さんですね。演技力はさすが俳優の渡辺謙さんからもかなりの高評価を受けているほど素晴らしかったです。天使の様な顔をしていながら物凄い悪女を演じ、このドラマが終わってみれば「スエ大嫌い!」なんて思ってしまいました。きっとこのドラマを観た方はみんな同じ感想になると思いますが、そうやって視聴者をその気にさせるのはやはりスエさんの魅力と演技力の素晴らしさなのだと思います。

実際に悪女を演じたスエさんは撮影終了後、泣きながらこの役を演じるのが大変だったとコメントしています。それくらい彼女もこの役に魂を込めた作品だったのでしょうね。とにかくこのドラマの一番の見所はスエさんの演じる悪女チュ・ダヘです!

あともう1人注目したいのはハリュとチュ・ダヘの娘ウンビョル役の子役キムハユちゃん。クォン·サンウさんとの相性バッチリでこの2人のやり取りを観ているだけでとても心が癒されました。クォン·サンウさんから顔をベロベロされても嫌な顔せずに「パパ大好き!幸せ!」っていう表情が本当に可愛くて最高でした。

実際に撮影時間外でもクォン·サンウさんとスエさんとは本当に親子の様に仲良しだったそうです。高視聴率ドラマ「おバカちゃん注意報」の子供の頃のナリ役でも出演していて、この時も物凄く可愛くてたまりませんでした。そんな子役のキムハユちゃんは、是非注目です。

このドラマは内容も面白いですが、いろいろと驚かされる事がたくさんあるんですよ。時代劇ドラマ「善徳女王」で一躍注目を集めたイケメン俳優のキム・ナムギルが「野王」のOSTの「君は知らない」を歌っています。
彼は歌手でもないしドラマ野王にも出演していないのに挿入歌を歌ってしまうのには驚きました。しかも半端ない抜群の歌唱力で驚愕しました。

クォン·サンウさんのファンは多いと思いますが、ドラマの中ではクォン·サンウさんの筋肉ムキムキな体が観られますよ!演技も相変わらず安定していますし魅力たっぷりで素敵でした。復讐劇ドラマですが俳優さんたちの演技力が素晴らしい作品です。

 

yuuki2121さん

色々と考えさせられるドラマです。韓国ドラマ特有のドロドロ感より次は何が起こるのだろう、どうやって追い詰めていくのだろうと考えながら見れるドラマです。正義が勝つのか、悪が勝つのか最後の最後までドキドキさせられるドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー