運命のように君を愛してる 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2017/12/12から)集中再放送 月~金曜日16時から 字幕
●アジアドラマチックTV(2017/11/5から)集中再放送 土・日曜日8:30から 3話連続放送(日曜日は2話連続)11/5は10時から1話 字幕
●BS12 トゥエルビ(2017/3/1から)月~金曜日17時から 字幕

運命のように君を愛してる 운명처럼 널 사랑해 全20話
2014年放送 MBC
平均視聴率 9.8% 시청률
運命のように君を愛してる DVD-BOX1
あらすじ

一愛の奇跡!?名家に嫁いだ庶民派ヒロインと“短命家系”の御曹司の運命的な恋を描く。チャンイン化学のCEOであるイ・ゴンは、短命の家系のため周囲からは常に結婚と跡継ぎを迫られている。一方、平凡な派遣社員のミヨンは、優しすぎるあまりにいつも損ばかりしている。ある日、そんな2人がアクシデントによって一夜を共にしてしまい・・・。

 2016y08m24d_134923912
運命のように君を愛してる 公式サイト 相関図
キャスト

チャン・ヒョク イ・ゴン 全州李氏22代目の総領であり、チャンイン化学のCEO。
チャン・ナラ キム・ミヨン テヨン法律事務所事務員、ヨウル島出身.平凡な女の子
チェ・ジニョク ダニエル・ピット(キム・テホ) ミヨンの支援者、デザイナー、ニセ神父
ワン・ジウォン カン・セラ  ゴンの恋人であり、魅力的なバレリーナ。
パク・ウォンスク ワン会長 ゴンの祖母、チャンイン化学会長
チェ・デチョル タク室長(タク・グテ) ゴンの秘書、秘書室長
チェ・ウシク イ・ヨン ゴンの異母弟
ナ・ヨンヒ   ゴンの継母、ヨンの母
パク・ヒボン チョン・ジヨン ミヨンの職場の後輩、ルームメイト
ソン・オクスク   ミヨンの母
オ・ソルミ キム・ミスク ミヨンの長姉
イ・ミド キム・ミジャ ミヨンの次姉
イム・ヒョンジュン チェ氏 ミジャの夫

スタッフ /[脚本]チュ・チャンオク、チョ・ジングク[演出]イ・ドンユン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shimacyuさんの感想より

純粋な2人の素敵なラブコメ!

2014年のMBC演技大賞でベストカップル賞を受賞した作品だけあって、2人の息も合っていてドラマの世界に引き込まれていく作品でした。

チャン・ヒョクとチャン・ナラは20年ぶりとはいえ以前に競演したことがあったそうで、息が合ったのも納得です。台湾のドラマのリメイクという事は最近知りましたが、内容としてはラブコメにあるタイプの話だと思いました。ドラマ全体の流れがチャン・ナラの出す雰囲気のお陰かガチャガチャしていなくて落ち着いていて、癒される感じでした。

初めは自分の意志も人に出さず、ただおとなしくて影の薄かったミヨン(チャン・ナラ)が妊娠をきっかけに強く、しっかりした女性になっていく姿は見ていて応援したくなり、好感を持てました。ゴン(チャン・ヒョク)の祖母とミヨンの母はドラマ全体を通して2人を温かく見守っていて、この2人のお陰で安心して見られました。タク室長も縁の下の力持ち的に2人をサポートしてました。

ゴンが自分の気持ちに気付いてから、病気を発症するかも知れない自分のせいでミヨンを苦労させまいとミヨンと離れようとする葛藤は見ていて涙が出ました。お互いを想い合い、別々の道を歩いていても結局一緒になる”運命”だったのですね。2人を妨害する人達も、気にならない程大したことはなく、韓国ドラマを見始めた人が抵抗なくサラっと楽しく見る事が出来る作品だと思います。

見慣れてる人もイライラしたりすることが少ないドラマなので、ストレスなくただ楽しんでみられるドラマなのでお勧めです。

 

以下 話数ごとのあらすじと感想

運命のように君を愛してる 1話・2話 あらすじと感想 チャン・ヒョク (イ・ゴン役)
運命のように君を愛してる 3話・4話 あらすじと感想 チャン・ナラ(キム・ミヨン役)
運命のように君を愛してる 5話・6話 あらすじと感想 チェ・ジニョク(ダニエル役)
運命のように君を愛してる 7話・8話 あらすじと感想 ワン・ジウォン(カン・セラ役)
運命のように君を愛してる 9話・10話・11話 あらすじと感想
運命のように君を愛してる 12話・13話・14話 あらすじと感想
運命のように君を愛してる 15話・16話・17話 あらすじと感想
運命のように君を愛してる 18話・19話・20話 あらすじと感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー