運命のように君を愛してる 15話・16話・17話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

運命のように君を愛してる 운명처럼 널 사랑해 全20話

第15話 あらすじ

【第15話】忘れられない人
ダニエルのプロポーズに即答できないミヨン。そんな中、コラボレーションを引き受けることになったミヨンは樹木園に下調べに出かけたが、そこでゴンと鉢合わせをする。アクシデントでソウルに戻れなくなり、一晩を明かすことになる2人だったが…。

http://www.tvk-yokohama.com/annai/unmei.php

第15話 感想

みんみんさん

長い間、「近所のお兄さん」としてミヨンを支えてきたダニエルが、とても素敵なプロポーズをしてくれたのに、返答に困るミヨン。優しいダニエルはトリエンナーレが終わるまでに返事を待つと言ってくれます。そして、返事がOKでなければ再び「近所のお兄さん」に徹すると・・・。優しすぎるダニエルの愛情の深さに心酔します。影でその様子を見ていたゴンも、きっと「ダニエルに任せよう」と思ったのでは?

ある日の夕方、タク室長から「夕方のスケジュールが入っていない」と追求されたゴンは笑いながら会社を出ていってしまいます、その後ろ姿にタク室長が「今日はケットンの命日なんでしょ?そういえばいいのに・・・」と明るく振る舞うゴンを心配します。そして、ケットンを失った事故現場でミヨンと出くわしてしまったゴン。ミヨンは「ケットンへの気持ちもないのに、ここに来ないで!」と厳しい言葉を投げて去っていくミヨン。その場に残ったゴンは道にしゃがみ込み買ってきたケーキを「ケットン、一緒に食べよう。」と・・・

後半にゴンの会社の植物園で、原料を確認するために訪れていたミヨンとゴンは、また再会。ここでもミヨンの態度は本当に冷たくて、ミヨンのゴンに対する気持ちが全く不透明です。アクシデントがあり二人は植物園で一夜を明かすことになり、熱で倒れたミヨンを一生懸命看病するゴン。朝方、目が覚めたミヨンは横で寝ているゴンの手をそっと握りしめます。ここでやっと「あーやっぱりミヨンの気持ちはゴンにあるんだな。だからダニエルにも返事を躊躇したんだ。」と納得出来ました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第16話 あらすじ

【第16話】これで本当に終わりだ
コラボレーションに必要な資料を閲覧するためチャンイン化学へ通うことになったミヨン。そんな彼女を放っておけず、何かと世話を焼こうとするゴンにミヨンはそっけない態度を取る。しかし彼女も、忘れたはずのゴンの存在に心が乱されるのを感じていた。

http://www.tvk-yokohama.com/annai/unmei.php

第16話 感想

みんみんさん

チャンイン科学とのコラボに必要な資料を受け取りに来たミヨンに、資料の持ち出しを禁止し、企業秘密が漏れるからと難癖を付けてミヨンのそばから離れないゴンに対し無視し続けるミヨン。ミヨンの傷が深いことがわかります。

コラボの制作に悩んでいるミヨンを見かねて、「初心をわすれないように」とダニエルがフランスからミヨンの初期の作品を取り寄せます。ところが、その絵のイメージは「ゴンそのもの」ミヨンはフランスでもゴンとの思い出を忘れていなかったことを嬉しく思うと同時に「忘れるため苦しんだのだろうなぁ」と悲しみが伝わってきました。

コラボが完成し、今後会う機会もないだろうとお互いに仕事の終わった者同士の別れの挨拶が切ないです。「素晴らしい作品をありがとうございます。」とゴンが言えば「こちらこそありがとうございました。」とミヨンが答えるシーン。二人の切なさが心に響きます。お互いの表情とセリフ。この二人の演技力には感動しました。

第17話 あらすじ

【第17話】ゴンの嘘
再開したセラから3年前の真実を明かされたミヨンは、当時ゴンの態度が急変したことに改めて疑問を持つ。そして韓国を発つ日の朝、ゴンが録音した遺言を聞き心が揺れるミヨン。一方ゴンは社長の職を降りる決心をし、会見を開こうとしていた。

http://www.tvk-yokohama.com/annai/unmei.php

第17話 感想

みんみんさん

前回の終盤で、ゴンはミヨンがフランスに帰る前に「ケットンの絵」を内緒で返却しようとミヨンのアトリエに行き、そこでミヨンに絵の購入者でメールのやり取りをしていた人物がゴンだと知られてしまいます。その続きから始まる17話になります。「騙していたなんてひどい!」というミヨンに「3年たってもすぐに人に騙されるところは変わっていないな」とゴンは冷たく言います。見ていて辛いです。

ミヨンは、急遽パリに帰る決心をします。ゴンは顧問弁護士に、自分が発病して記憶喪失になる前に遺言書の作成を依頼します。ゴンの財産はすべてミヨンに譲り、キム・ミヨン財団(←こんな財団も作っていたのですね)は、毎年キム・ミヨンの誕生日にお祝いをすること・・・などミヨンのための遺言書です。

顧問弁護士は、ゴンの本当の気持ちをミヨンに知ってもらいたくて、ミヨンのバッグにゴンが遺言を録音した録音機を忍ばせます。それを聞いたミヨンとダニエル。ダニエルは空港に行かずゴンの自宅にミヨンを連れていき「彼の隠していることと本心を確認してくるんだ」と送り出します。ダニエルは馬鹿がつくほどお人好しですね。

ミヨンは懐かしいゴンの部屋で待つことにし、ゴンの秘密の部屋に。そこにはゴンがいつか記憶喪失になった時の自分へのビデオメッセージがいくつも残されていました。ミヨンに対する思い。ケットンに対する思い。「一生そばにいて欲しいけれど、そんなこと絶対に言えない。ミヨンに幸せになって欲しい。」ミヨンはようやく冷たい態度を取っていたゴンの本心を知り号泣します。やっとゴンの本心を知ってもらえて私も号泣でした。

 

運命のように君を愛してる 18話・19話・20話 あらすじと感想

運命のように君を愛してる 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー