運命のように君を愛してる 1話・2話 あらすじと感想 チャン・ヒョク (イ・ゴン役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

運命のように君を愛してる 운명처럼 널 사랑해 全20話

第1話 あらすじ

【第1話】最悪な出会い
頼まれると断れない性分のキム・ミヨンは、上司や同僚に雑用を押し付けられる日々。 一方、短命の家系ゆえに世継ぎを望まれているチャンイン化学のCEOイ・ゴンは、長年の恋人へのプロポーズを計画していた。ミヨンとゴンは、思わぬアクシデントにより強烈な出会い方をする。

http://www.tvk-yokohama.com/annai/unmei.php

第1話 感想

みんみんさん

「推奴(チュノ)」で、私の心を鷲掴みにしたチャン・ヒョク様主演と知ったら、見ないわけにはいきません!しかも、共演は「童顔美女」のチャン・ナラさんと聞いては、これはもう期待大です。オープニング画面でのチャン・ヒョク様のお姿に「なんだ?この中途半端な七:三分けのボブスタイルは?」とは思ったものの、チャン・ヒョク様の魅力は髪型ではない!彼だって、いつもいつもアクション物ばかりではなく、イメージチェンジを図ったんだわ♪と、気持ちを切り替えて見ると、やはりかっこいい!

今回の役柄は財閥の御曹司ですが笑い方が下品でここだけは、さすがに「×」です。対するチャン・ナラさんは「童顔美女」の時同様、どんな些細なことでも「NO(ノー)」と言えないから、会社でもパシリと雑用係のお人好しさん。接点があるはずのない二人の接点づくりの設定には、だいぶ無理やり感がありましたが、媚薬を飲まされた二人が意識のないまま本能の赴くままに一晩中・・・というシーンも、二人が満月のお月さまで「ぺったん、ぺったん」とお餅つきをする設定で、イヤラシサが全くなくいい演出だったと思います。次回に期待が持てる終わり方でした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話 あらすじ

【第2話】お前は詐欺師か?
ゴンに恨みのあるパク社長とチェ氏は、ゴンに薬入りの水を飲ませてスキャンダルを起こそうとする。罠にはまったゴンと、間違ってその水を飲んでしまったミヨンはお互いが恋人だと勘違いをし、甘い夜を過ごしてしまう。ゴンはミヨンもパク社長の仲間なのではないかと疑うが…。

http://www.tvk-yokohama.com/annai/unmei.php

第2話 感想

みんみんさん

第二話は、思いがけず一晩過ごした二人が目覚めた朝から始まりました。お互いに媚薬のせいで意識が無かった為、大騒ぎに。その上、ミヨン(チャン・ナラの役名)が傷つくことが次々と・・・。ゴン(チャン・ヒョクの役名)もミヨンに同情し、慰め、ミヨンの代わりに仕返しをしてくれるなど、ゴンの優しい面をたくさん見ることができ、ちょっとジーンとする場面もありました。

「私、名前も平凡でキム・ミヨンって言います。ありふれた名前だから全国に2万人もいるんですよ。」というミヨンに「平凡な名前ということは、その名前を好む人がたくさんいるということだよ。自信をもって。」というシーンは心に響きました。この時のゴンもプロポーズするはずの恋人がゴンよりも自分の夢を取り、とても傷ついていたのにも関わらずミヨンにこんな言葉を掛けられるなんて、ゴンの優しさに感動しました。

 

チャン・ヒョク  장혁 張赫 イ・ゴン役
2017y03m01d_231933706
出典:http://unmei_kimi_ai.brokore.com/
生年月日:1976年12月20日 身長174cm。体重67kg。O型。
「根の深い木 -世宗大王の誓い-」(2011年)カン・チェユン(トルボク)役
「チュノ~推奴~」 (2010年)イ・テギル 役
「輝くか、狂うか」(2015年) ワン・ソ(ソソ)役
1997年にSBSのテレビドラマ「モデル」でデビュー。2010年 KBS演技大賞大賞 他息子(2人)・娘(1人)、を持つ父親。

 

運命のように君を愛してる 3話・4話 あらすじと感想 チャン・ナラ

 

運命のように君を愛してる 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー