被告人(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2017/10/13から)集中再放送 月~金曜日10:50から 字幕
●KNTV(2017/8/27から)再放送 日曜日13時から2話連続放送 字幕
●日本初 KNTV(2017/6/10から)土・日曜日22時から 字幕
●韓国 SBS 2017年1月23日(月)~放送開始
●一番下に話数ごとのあらすじと感想
●2017.3.25 作品感想を一番下に追加

被告人 피고인 全16話
2017年放送 
平均視聴率 21.7% 第1話 14.5% 시청률
 2017y01m25d_233509863
被告人 피고인 公式サイト
あらすじ

娘と妻を殺した人間の仮面をかぶって死刑囚になった検査「パク・ジョンウ」が4ヶ月の間、失われた時間を見つけるために行うのライバルであると同時に、悪人チャミンホを相手に繰り広げる復讐劇。

 2017y07m09d_234002628
KNTV 被告人 相関図
キャスト

チソン :パク・ジョンウ 濡れ衣を着せられ、死刑を言い渡された検事
オム・ギジュン :チャ・ミンホ 先端恐怖症
ユリ(少女時代) :ソ・ウンヘ 熱血国選弁護人
オ・チャンソク :ガンジュンヒョク
オム・ヒョンギョン :ナヨンフイ

ソン・ヨウン :ユンジス
シン・リナ :バクハヨン
カン・ソンミン :ユンテス
ソン・ビョンスク :オ・ジョンヒ

スタッフ /演出:ジョヨウングァン、ジョンドンユン 脚本:チェ・スジン、チェチャンファン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

話数ごとのあらすじと感想

被告人(韓国ドラマ) 피고인  1話 あらすじと感想 チソン
被告人(韓国ドラマ) 피고인  2話 あらすじと感想 オム・ギジュン
被告人(韓国ドラマ) 피고인  3話 あらすじと感想 ユリ(少女時代)
被告人(韓国ドラマ) 피고인  4話 あらすじと感想 オ・チャンソク
被告人(韓国ドラマ) 피고인  5話 あらすじと感想 オム・ヒョンギョン
被告人(韓国ドラマ) 피고인  6話・7話 あらすじと感想
被告人(韓国ドラマ) 피고인  8話・9話 あらすじと感想
被告人(韓国ドラマ) 피고인  12話・13話 あらすじと感想
被告人(韓国ドラマ) 피고인  14話・15話 あらすじと感想
被告人(韓国ドラマ) 피고인  16話・17話・18話(最終話) あらすじと感想

 

quetalsurinoさん

前作の「キルミーヒールーミ」でこれまでの演技の枠を超え、多重人格者の役を完璧に演じ切ったチソンが選択したドラマとあり気になっていましたが、観始めて最後まで飽きることなく面白かったです。

スピーディで予想不可能な展開を繰り広げることで、毎話関心度が上がり続きたドラマでした。個人的には善と悪を考え直すきっかけになりました。オム・ギジュンが演じたチヤ・ミノのキャラクターを思い浮かべると、善悪は最初から決められたわけではなく、環境により変わるものとの認識が強くなりました。「ピゴイン(被告人)」では幾度も困難を乗り越えながらもあきらめることない主人公パク・ジョンウの原動力となった家族の大切さを実感しました。色々と考えさせられるドラマだと思います。サスペンススリラーが好きな方には毎話予想外の展開が続けられるので、おすすめです。気軽に観られるラブコメ的な内容ではないですが、1話見逃したからと話についていけない難しい話でもありません。米国ドラマ「プリズンブレイク」や「逃亡者」を思い浮かべながら観ることができ個人的には面白かったサスペンススリルドラマのトップ5に入るほどの満足できる内容でした。

妻を殺害し罪で死刑囚と元検事の主人公が無実を晴らすために奮闘する内容ですが、主人公を取り巻くキャラクターは個性がある、演技力のある俳優が多く出演します。一人二役の悪役を演じるオム・ギジュンの演技力も加わり、クオリティや完成度の高いドラマだと感じました。韓国放送での視聴率からも面白さが反映されていると言えるのではないでしょう。アイドルグループ少女時代のメンバーユリも出演しており、アイドルではなく女優としてのクォン・ユリが観られるのもドラマの魅力の一つです。

 

mononobe4396さん

日本のチソンファンには見て欲しい韓国ドラマです。被告人は、幸せな家庭を気づいていたチソン演じる検事が財閥3世の次男のすり替わり殺人事件の証拠を見つけてしまった事により、妻と娘の殺害犯として刑務所に収監されてしまうストーリーです。財閥3世の気持ち良いほどのクズさ加減に韓国ドラマらしい部分を感じながらも、チソンの演技が光る作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー