花を咲かせろ!イ・テベク 視聴率 あらすじ キャスト 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2016/10/26から)再放送 水・木曜日12:20から 字幕
原題:広告の天才イ・テベク

花を咲かせろ!イ・テベク  全16話
2013年放送 KBS
平均視聴率 4.11% 시청률
花を咲かせろ! イ・テベク DVD-BOX1
あらすじ

 主人公イ・テベク(チン・グ)は地方大学のデザイン学科を中退した後、広告代理店に就職することを夢見るが、結果は全て一次審査で全滅。ある日、彼は大手広告代理店であるクムサンアドの屋外広告物の設置をきっかけに、クムサンアドのインターン、ペク・ジユン(パク・ハソン)に出会う。
一方、アメリカ帰りのエリート広告マン・エディ・カン(チョ・ヒョンジェ)が大手広告代理であるクムサンアドの新しい本部長としてやってくる。赴任早々、クムサンアドの広告AEコ・アリ(ハン・チェヨン)が大切なプレゼンの場で広告主の要求に応えることが出来ず、危機に瀕しているところに、彼はある提案を持ち出し…。

 2016y10m06d_132456441
花を咲かせろ!イ・テベク 公式サイト 相関図
キャスト

チン・グ イ・テベク 広告代理店チラシ広告のバイト 地方の三流大学を中退
パク・ハソン ペク・ジユン(ペク・ヒョンジン) コピーライターを目指す広告代理店グムサンアドのインターン
チョ・ヒョンジェ エディ・カン(カン・ミンホ) グムサンアド企画本部長 米の有名大学を優秀な成績で卒業
ハン・チェヨン コ・アリ(コ・ポッキ) テベクの元恋人、グムサンアド敏腕AE(企画担当者) 社交性と華やかな容姿

コ・チャンソク マ社長(マ・ジンガ) チラシ広告社長、マジンガー 伝説の広告マン
クァク・ヒソン マ・イチャン マ社長の息子、チラシ広告社員 長身のイケメン。
アヨン コン・ソネ チラシ広告社員 デザインから経理まで担当する万能ガール
ハン・ソナ イ・ソラン テベクの妹、イベントコンパニオン
チャン・ヨン ペク会長(ペク・ジェファン) ジユンの父、財閥BKグループ会長

パン・テハン ハッサン チラシ広告社員、バングラデッシュ人
チェ・ジョンウ カン・ハンチョル エディの父、グムサンアド社長
チョン・ヨンスク チ・グァンスン テベクの祖母
パン・ウニ ウォン・ミオク ジユンの叔母
イ・ヘヨン ファン専務 グムサンアド専務
ホン・ジミン イ・ウニ グムサンアド制作2チーム長
シン・スンファン シン・ドンフン グムサンアド制作2チームプロデューサー
イ・ジョンギル キム・ジョンウク グムサンアド制作2チームアートディレクター
ヤン・ヒユン チャン・ミナ グムサンアド制作2チームコピーライター

スタッフ /演出:パク・ギホ 脚本:ソル・ジュンソク
コメントにて随時感想募集中です。

第1回 4.30%
第2回 4.40%
第3回 4.40%
第4回 4.40%
第5回 4.00%
第6回 3.90%
第7回 4.30%
第8回 4.00%
第9回 3.50%
第10回 4.20%
第11回 3.50%
第12回 3.50%
第13回 3.80%
第14回 3.70%
第15回 3.60%
第16回 6.30%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
gomokuさんの感想より

●仕事にも恋愛にも疲れた人に見てほしいドラマ

イ・テベクを演じているチン・グは、見た目どおりの元気で何があってもへこたれない真っすぐな性格の主人公にピッタリの役者さんです。何事も自分の目で見て、耳で聴いて、手でさわって五感をフルに使って仕事をこなしていきます。そして、自分を信じるチカラが強く、物怖じせず失敗を怖れない。
やはり広告業界は、タフさが命!

それに対抗する真逆キャラのチョ・ヒョンジェ演じるエディ・カン。洗練された身のこなしに申し分のない経歴、あふれる才能。「ソドンヨ」で演じた線の細い若き王子のイケメンぶりとは一味違う堂々たるエリートを演じています。「ソドンヨ」では、何度となく訪れる試練に思わず「頑張って~」と声をかけたくなるような感じでしたが、このドラマでは自信にあふれバリバリと仕事を仕切っていきます。成長したのね~となんだか親のような気持ちになりました。

ヒロインは、「トンイ」「王と私」などに出演していたパク・ハソン。「トンイ」での王妃役は、本当に気品あふれるそれは美しいお姿でした。持って生まれた品性がこの人にはあります。その彼女が、このドラマでは広告企業の中では下っ端で、こき使われたり、あぶない仕事をさせられたり。。。。

先に史劇をみたせいか、「王妃さまがあんなことをなさるなんて~」とツッコんでしまいました。「トンイ」「王と私」では幸うすい役柄でしたが、このドラマも複雑な生い立ちの設定。切ない表情がとても魅力的なんですよね。ただ彼女は笑顔になると、目が下がってとてもキュート。テベクにもエディ・カンにも愛される彼女。このギャップが、周りの男性はほっておけないんでしょうね。

このドラマは、少し現実ばなれしたシーンもありますが、テベクのタフさを仕事にも恋愛にも疲れた人に見てほしいドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー