花より男子 韓国版 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●LaLa TV(2017/10/5から)再放送木・金曜日13:30から 字幕
●KBS World(2017/6/4から)再放送 KBS World 日曜日17:25から 2話連続放送 字幕
●Mnet(2016/10/15から)再放送 土・日曜日22時から 字幕

花より男子~Boys Over Flowers  全25話
2009年放送 KBS
平均視聴率 28.5% 시청률
花より男子~Boys Over Flowers DVD-BOX2 <シンプルBOXシリーズ>
あらすじ
最高視聴率35.5%を記録! 韓国で“花男旋風”を巻き起こした大ヒットラブコメディ!

 一般庶民家庭の平凡な女子高生の牧野つくしはひょんなことから金持ち学校、神話学園に奨学生として編入することに。

だが、正義感の強いつくしは学園を掌握する財閥子息4人組「F4」の横暴な行動に憤慨し宣戦布告。彼らの標的となるが、そんな中でつくしをピンチのたびに救い出したのが花沢類だった。F4なのに他の3人とは違った雰囲気を持つ類につくしは恋心を抱くが、彼の心には初恋の女性藤堂 静がいた。一方、F4のリーダー、道明寺 司は果敢に立ち向かってくるつくしに惹かれ、猛アタックを開始。彼の一途な愛につくしも心が動くが、2人の前には司の母親の反対、類との三角関係など様々な障害が待ち受けていた。

 2016y09m03d_210703006
TBS 花より男子~Boys Over Flowers 相関図
キャスト

ク・ヘソン クム・ジャンディ 一般庶民派女子高生、クリーニング屋の娘
イ・ミンホ ク・ジュンピョ F4のリーダー、神話グループ後継者
キム・ヒョンジュン ユン・ジフ F4、前大統領の孫 イケメン
キム・ボム ソ・イジョン F4、国宝級陶芸家の4代目で韓国を代表する芸術一家の次男。
キム・ジュン ソン・ウビン F4、新興不動産財閥イルシム財閥の後継者

キム・ソウン チュ・カウル ジャンディの親友、バイト仲間
イ・ヘヨン カン・ヒス ジュンピョの母、カン会長、シンファグループ総帥
キム・ヒョンジュ ク・ジュニ ジュンピョの姉
アン・ソクファン クム・イルボン ジャンディの父、クリーニング屋
イム・イェジン ナ・ゴンジュ ジャンディの母、銭湯従業員
パク・チビン クム・ガンサン ジャンディの弟
イ・ミンジョン ハ・ジェギョン ジュンピョの婚約者、財閥令嬢、
イ・ジョンギル ユン・ソギョン ジフの祖父、医者、前大統領
チョン・ホビン チョン・サンロク カン会長の秘書
キム・ギバン ボム・チュンシク ジャンディのバイト先のお粥店店主、マスター
イ・ヘウ Q ジャンディに接近するホスト
イ・シヨン オ・ミンジ ジャンディの友人、ジュンピョの幼なじみ
パク・スジン チャ・ウンジェ イジョンの初恋の相手
クク・チヨン チェ・ジニ(チンジョ) いじわる美女三銃士
チャン・ジャヨン パク・ソンジャ(サニー) いじわる美女三銃士
ミン・ヨンウォン イ・ミスク(マリンダ) いじわる美女三銃士、お姫様病

スタッフ /演出:チョン・ギサン 脚本:ユン・ジリョン
コメントにて随時感想募集中です。

●●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shimacyuさんの感想より


日本版とは違う魅力を楽しめます!

日本でもお馴染みの”花より男子”の韓国版ですが、日本のテイストも残しつつ韓国でアレンジされていて違った魅力を楽しめました。

特に日本版で小栗旬が演じていた花沢類にあたるユン・ジフの役所は日本版よりも重要で素敵でした。ユン・ジフ役のキム・ヒョンジュンは本格的なドラマは初めてで演技が下手だと叩かれたりしていましたが、私はぎこちなさがユン・ジフの陰と重なっているように感じてとても好きでした。演技だけでなく、クム・ジャンディ(ク・ヘソン)が窮地に陥った時に必ずと言っていい程支えてくれる、まさに”消防士”としての役どころは日本版よりも存在感がありました。

また、日本にはなかったジフ先輩とおじいさんの確執、それを上手く解いていったジャンディも見事で感動しました。ともすると、ジュンピョではなく、ジフとうまく行ってほしいと思う程二人はお似合いでした。F4の他のメンバー、イ・ジョン(キム・ボム)とソン・ウビン(キム・ジュン)は日本と同じ感じの魅力でした。

勿論主役のク・ジュンピョ(イ・ミンホ)の頭の悪い所を面白おかしく再現できている所、ジュンピョの姉の頼もしい感じは安定の魅力でした。原作の大きな流れは崩さずに、韓国なりにアレンジしていたので日本の方が好き、韓国版の方が好き、と言うのはありません。実際私も日本版を先に見ていて大好きだったので、それ以上にはなり得ないと決めつけて見始めたのですがいい意味で大きく期待を裏切ってくれて飽きずに楽しく最後まで見終われました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー