耳打ち(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2017/11/20から)再放送 月・火曜日15:30から 字幕
●日本初放送 KNTV(2017/8/18から)金曜日20:50から2話連続放送 字幕 2016
●SBS 放送開始日:2017年3月27日放送~(月・火)22:00~
●2017.5.28 作品感想追加

耳打ち 귓속말 全17話
2017年放送 SBS 
平均視聴率 15.6% 시청률 第1話視聴率 13.9%
 2017y03m29d_131038646
SBS 귓속말 公式サイト
あらすじ

国内最大の法律事務所を舞台に男女の主人公。これまでの同志であり、そして最終的には恋人に発展する二人の男女が、人生と命をかけた愛を通じて金と権力の巨大な不倫を暴くサスペンスメロドラマ

 2017y03m29d_135530735
SBS 귓속말 人物相関図
キャスト

シン・ヨンジュ  イ・ボヨン 30才 警察署刑事課係長。

イ・ドンジュン  イ・サンユン 30代前半 ソウル地方裁判所判事。優れた頭脳を持つ

カン・ジョンイル  クォン・ユル 30代 法律会社テベクの選任エリート弁護士

チェ・スヨン  パク・セヨン 30才 父が代表である法律会テベクのグローバルチーム長

チェ・イルファン キム・ガプス 50台後半、チェ・スヨンの父。

カン・ユテク  キム・ホンパ 50代後半、カン・ジョンイルの父。

ユ・ジョンオク  ムン・ヒギョン 50台後半、チェ・スヨンの母

ソン・テゴン  キム・ヒョンムン 40代、チェ・イルファンの秘書

ファン・ボヨン  ユン・ジュヒ 30代、女性、チェ・スヨンの右腕、テベク・グローバルチーム弁護士。

チョ・ギョンホ  チョ・ダルファン 30代、カン・ジョンイルの友人、弁護士

ノ・ギヨン  ホ・ジェホ 28歳、イ・ドンジュンの部下。

パク・ヒョンス  イ・ヒョンジン 30代、シン・ヨンジュの過去の恋人。

パク・サング  キム・レハ 40代、カン・ジョンイルの手先、闇の手

イ・ホボム  キム・チャンウァン 60代。イ・ドンジュンの父、総合病院院長。

チョン・ミギョン  キム・ソラ 50代後半。総合病院一族の娘。

イ・ドンミン  チョ・ソンユン 30歳、イ・ホボムとチョン・ミギョンの息子

アン・ミョンソン  ウォン・ミギョン50台後半、イ・ドンジュンの母。

シン・チャンホ  カン・シンイル50代後半、シン・ヨンジュの父、放送局解職記者

キム・スクヒキム・ヘスク50代後半、シン・ヨンジュの母。

スタッフ /演出イ・ミョンウㅣ脚本パク・ギョンス
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
感想より

●以下 話数ごとのあらすじと感想

耳打ち 1話・2話 あらすじと感想 イ・ボヨン (シン・ヨンジュ役)
耳打ち 3話・4話 あらすじと感想 イ・サンユン (イ・ドンジュン役)
耳打ち 5話・6話 あらすじと感想 クォン・ユル  (カン・ジョンイル役)
耳打ち 7話・8話 あらすじと感想 パク・セヨン (チェ・スヨン役 )
耳打ち 9話・10話 あらすじと感想
耳打ち 11話・12話 あらすじと感想
耳打ち 13話・14話 あらすじと感想
耳打ち 15話・16話 あらすじと感想
耳打ち 17話(最終回) あらすじと感想

●以下作品感想

quetalsurinoさん

●悪を暴き、復習の中に芽生えるロマンスにドキドキする最高のサスペンス作品!

チソン主演のドラマ「ピゴイン」が大ヒットした後に放送されたドラマ「耳打ち(ささやき)」は、イ・ボヨンが主演することから、話題を集めました。イ・ボヨンの相手役はジェントルなイメージのイ・サンユンが演じています。二人は大ヒットドラマ「いとしのソヨン」以降、二度目の共演だけに落ち着いた大人のカップルを見事に演じたと、感じました。

韓国ドラマはドロドロとして復讐劇が多い中、「無罪の父のために復習をする」がストーリラインから、始まってすぐはドロドロしそうなイメージが強かったのですが、アクションシーンも含まれ、気になるほどドロドロする内容ではなかったです。復習相手に恋をする主人公シン・ヨンジュと、目的をもって近づいたと分かりながらもヨンジュに恋するイ・ドンジュンの姿に、ドキドキハラハラします。刑事の勘をきかせ活躍するヨンジュの姿や、全体的に緊張感あふれる演出からか、あっという間に最終話を迎えたような気がしました。

人間関係や心理描写がストーリの展開以上に興味深いドラマでした。ドラマの後半では裏切り裏切られる関係が描かれ、はじめはどうなるかと心配していたヨンジュとドンジュンは彼らが信じる正義を実現するため突き進むエンディングがよかったです。

「空港に行く道」、「2度目の二十歳」、「エンジェルアイズ」など、多くのドラマで主演を演じているイ・サンユンは、これまでソフトで優しくまじめなイメージが強かったですが、「耳打ち(ささやき)」でもこれまでと変わらず好印象を残しました。イ・ボヨン&イ・サンユンカップルのほか、クォン・ユルとパク・セヨンも共演していますが、クォン・ユルはこれまでとは全く違うキャラクターを演じたのが以外でした。これまで優しいイメージだった彼の悪役ぶりもドラマの見どころの一つだと思います。

スピーディな展開と適度な刺激があるドラマが好きな方におすすめしたいドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー