耳打ち 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

耳打ち 귓속말 全17話

第13話視聴率 15.8%

quetalsurinoさん

第13話 あらすじ

シン・ヨンジュ(イ・ボヨン)は横領の罪でソン・テゴン秘書を逮捕し、カン・ユテク殺害事件の真相を証言するよう説得しますが、チェ・イルファンの圧力でテゴンは口を閉ざします。イ・ドンジュン(イ・サンユン)とヨンジュはソン秘書を証言させるためには、マスコミの力を借りる必要があると判断し、違法賭博事件をニュース化します。違法賭博事件と関係のあるソン秘書は、カン・ユテク殺人事件との関連もマスコミから注目を浴びることを恐れ、ソン秘書は口を開きます。

チェ・イルファンはカン・ユテクが殺害された当日の完璧なアリバイを準備し、カン・ジョンイル(クォン・ユル)は父の復習のためにそのアリバイを覆そうとしますが、チェ・スヨン(パク・セヨン)はチェ・イルファンをために、ジョンイルを脅迫します。

カン・ユテクが殺害された日のイルファンのアリバイを知る運転手は、不安からヨンジュにイルファンのアリバイを証言し、証拠及び目撃者が揃ったことからヨンジュはイルファンを逮捕します。

第13話 感想

第13話でもハラハラする展開が続きました。諦めることなく進んできたヨンジュはついにイルファンを逮捕することになります!

チェ・スヨンの動きが目立った話でした。父イルファンを助けるため4年間も恋人だったジョンイルを脅迫するスヨンは、結局ジョンイルを説得します。過去の話をすることでジョンイルの決心が緩んだのでしょうか。ジョンイルはスヨンが意図した通り、キム・ソンシク記者殺害を自供し、スヨンの要求をのむことになります。父が殺害されたことを知りながらもスヨンとの過去の話に動かされたジョンイルが少し情けなかったです。

ソン秘書を逮捕したヨンジュですが、外部が上層部からの圧力で捜査は思うように進まず、ヨンジュとドンジュン対スヨンとイルファンの対立が面白かったです。イルファンは、ドンジュンの動きを止めるために、ドンジュンの父イ・ホボムに圧力を加えます。事件の真相を明らかにする決心をしたドンジュンは、父ホボムにイルファンとの関係を立つように忠告し、結局ホボムもイルファンとの関係を立つことになります。イルファンと関係のあった人物が次々に裏切る姿に、イルファンが逮捕され真相が明らかになる時が近づいたことを実感しましたが、スヨンとジョンイルがイルファンを守るために激しく抵抗することになり、予想外の展開が描かれるのではないでしょうか。

巨大ローファームのトップに君臨するイルファンの悪事が明かになり、キム・ソンシク記者殺害の真相究明につながり、シン・チョンホの無罪も明らかになっていくと予想されます。エンディングを迎える前に、ヨンジュとドンジュンのロマンスの進展も期待したいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率 17.0%

quetalsurinoさん

第14話 あらすじ

シン・ヨンジュ(イ・ボヨン)によりチェ・イルファンは逮捕され、チェ・スヨン(パク・セヨン)は父を助けるために動きだしますが、ヨンジュはスヨンとソン秘書を結びつけ、イルファンは娘が殺人の共犯になることを恐れます。
チャンスを狙っていたカン・ジョンイルは、空席になっているテベクの代表の座を狙い、スヨンを共犯にしないため、イルファンはジョンイルに代表を譲ることにします。テベクの全権が手に入れられる臨時代表をジョンイルが狙っていると知った、イ・ドンジュン(イ・サンユン)とヨンジュはペク・サングの逃亡をジョンイルが裏で助けた証拠を突き付け、ジョンイルの代表就任を阻止します。同時にスヨンと離婚することで、ドンジュンがテベクの代表に就任します。

ソン秘書の証言で、チェ・イルファンが管理する裏金の口座が存在することや、テベクの顧問へ支払わる給料と関連した汚職があると知ったドンジュンは、スヨンに口座を追跡し証拠をさがすようお願いしますが、ジョンイルが先手を打ったことで、口座が追跡できなくなり、ドンジュンへの攻撃が始まります。

代表に就任したドンジュンは、危険と知りながらも顧問への給料を決済する書類にサインをすることになります。ドンジュンがサインをすると、テベクの裏金を使用した共犯となり、口座履歴が公開されると、ドンジュンが危険な立場に置かれることになります。

第14話 感想

これまで何が起きても強硬な姿勢を見せていたチェ・イルファンでしたが、娘スヨンを大切に思う気持ちから、カン・ユテク殺害を自供します。ヨンジュはついにチェ・イルファンを自供させることに成功しますが、キム記者を殺害したカン・ジョンイルの逮捕し父の無罪を晴らすことには失敗します。しかし、とどまることなくジョンイルに立ち向かう姿勢のドンジュンの姿が14話の最後に描かれましたが、今後ドンジュンが危ない立場に置かれた際に、ヨンジュが助けることになるのでしょうか。

父を殺害したと知りながらもジョンイルが、イルファンのアリバイを証言しようとしていていたことを知ったドンジュンは、イルファン及びスヨンがジョンイルを操ることのできる何か重要な証拠を持つと考え、スヨンにその証拠を渡すよう圧力をかけます。スヨンは身を守るためにジョンイルがキム記者の殺害を自供した映像を、ドンジュンに渡すことになるのでしょうか。ドンジュンがむかえた危機をどのように乗り越えるかが、次の話のメインとなりそうです。

これまで互いへの気持ちをちらつかせてはいましたが、ジョンイルとの対立する中で、二人の気持ちを確認し合うシーンが登場し驚きました。このタイミングで二人の関係に進展があったので、今後の展開にどのような影響を与えることになるのかが、興味深いです。ドラマの紹介で大人のためのロマンスを描くとありましたが、大人のロマンスの結末はいかなるものでしょう。ドンジュンはスヨンと離婚したので、今後ヨンジュとの恋も上手くいくのでしょうか。ヨンジュのためにドンジュンが犠牲になるエンディングはないことを期待したいです。

耳打ち 15話・16話 あらすじと感想

耳打ち(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー