美女の誕生 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●テレ朝チャンネル1(2017/9/19から)集中再放送 月・火曜日13:40から2話連続放送9/19は14:50から1話字幕
●ホームドラマチャンネル(2017/3から)集中再放送

美女の誕生  全21話
2014年放送 
平均視聴率 7.3% 시청률SBS
美女の誕生DVD-BOX1
あらすじ

 グムランはアメリカ留学で長いこと不在にしている夫の実家で、家事や認知症の義祖母の介護などを懸命にこなして義家族に尽くす主婦。しかしグムランが太っていて容姿が良くないことを理由に、義母や義妹たちからひどい扱いを受け苦しい日々を過ごしていた。そんな時、夫の浮気が発覚。離婚を言い渡され失意のドン底に落ちたグムランは、さらに交通事故で崖から転落。そのまま事故死したと処理されてしまう。
しかし、人知れず生き延びていたグムランは、テレビの整形変身番組に出演していたテヒを訪ね、自分を変身させてほしいと頼み込む。そして、テヒへの絶対服従を条件にグムランは誰もが振り返り見惚れるような絶世の美女、サラへと生まれ変わるのだった…。
一方、グムランの元夫、ガンジュンは浮気相手だった人気アナウンサーのチェヨンと3週間後に結婚することを発表。そのニュースを知ったサラはガンジュンへの復讐を誓い、とある事情で幼い頃からチェヨンと一緒に育てられ、ひっそりとチェヨンに想いを寄せていたテヒと共に、ガンジュンとチェヨンの結婚を阻止する作戦を開始するのだが…。

 2016y06m20d_154832479
KNTV 美女の誕生 相関図
キャスト

チュ・サンウク ハン・テヒ(ハン・ドンフン) ウィナーグループの消えた相続人 「レストランの神」を経営 自分を非凡な天才だと考える変人。
ハン・イェスル サラ(サ・グムラン) 整形後のグムラン 柔道家出身のアジュンマ。
チョン・ギョウン イ・ガンジュン グムランの元夫、放送会社HBS代表理事 名門大学出身。
ワン・ジヘ キョ・チェヨン ガンジュンの再婚相手、ミスコリア出身HBSアナウンサー

ハン・サンジン ハン・ミニョク テヒの異母兄、ウィナーグループ戦略企画室長
イン・ギョジン キョ・ジフン チェヨンの兄、脂肪吸引専門医
ハ・ジェスク サ・グムラン 整形前のグムラン
ハン・ジンヒ イ・ジョンシク ガンジュンの父
キム・ヨンエ コ・スンドン ガンジュンの母
カン・ギョンホン イ・ジニョン ガンジュンの姉
チン・イェソル イ・ミニョン ガンジュンの妹、チェヨンの同級生
キム・ヨンリム パク女史 テヒの祖母、ウィナーグループ実質オーナー
シム・イヨン ウン・ギョンジュ グムランの友人
キム・チョン ソン・ジスク ミニョクの母、ウィナーアートセンター所長
イ・ジョンナム シム・ヨオク グムランの母

スタッフ / 演出 イ・チャンミン、パク・ソンホ 脚本 ユン・ヨンミ・イル キム・ミンソ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
hrgc.さんの感想より

女性の再起ストーリーだけじゃない魅力!

自分に自信のない冴えない太ったおばさんが全身整形美人となって自分を殺そうとした元夫やその愛人に仕返しを行うというのがストーリーの軸ではありますが、恋愛あり、サスペンスあり、主人公サラの恋人の後継者争いありと盛りだくさんな内容がコメディタッチで書かれているので、重い内容でも軽く視聴することができるのが魅力のドラマです。

とにかく主人公のサラ演じるハン・イェスルがとにかく綺麗で目の保養になります。ハン・イェスル自身は整形美人ではないそうなのですが、そう信じてしまうほどの抜群のスタイルと美貌だけでも見る価値ありです。

そんな見目麗しいハン・イェスルですが、過去には逃亡事件を起こしています。2011年のドラマ撮影時に撮影中のドラマを置いて逃亡したというものなので、無責任だと非難されました。実際は海外育ちのハン・イェスルが韓国式のドラマの撮影現場に我慢がならなかったという理由かもという話もあるので、全てがハン・イェスルが悪いというわけではないようですが。

なにはともあれ、この美女の誕生はその騒動からの3年ぶりの復帰作でした。ハン・イェスルの相手役、主人公サラをサポートし続ける演じるテヒを演じるチュ・サンウク。見た目は怖そうなイケメンですが、「ずる賢いバツイチ女」での演技と同様に、ツンデレ系の男性を演じており、コミカルな演技が板についていて見ていて安心感があります。プライベートでは、「華やかな誘惑」で共演したチャ・イェリョンと交際をしているそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー