笛を吹く男 (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV(2017/2/25から)集中再放送 土曜日10時から4話連続放送 字幕
●DATV(2016/12/22から)再放送 木・金曜日10時から12/29, 30は休止

笛を吹く男

笛吹き男 피리부는 사나이 全16話
2016年放送 tvN
平均視聴率 2.14% 시청률
 2016y09m21d_085338253
笛吹き男 피리부는 사나이 tvN 公式サイト
テロを阻止する天才交渉人を描いたサスペンス劇

あらすじ

 かつて大手企業で対外交渉担当として成果をあげたチュ・ソンチャン(シン・ハギュン)は、その手腕を生かしてテロや犯罪現場での「交渉役」として警察からも頼りにされる存在に転身。ある日フィリピンに拉致された人質を救いに行ったソンチャンは5人のうち4人の解放を成し遂げて帰国する。しかし、事件の記者会見では有名キャスターのユン・ヒソン(ユ・ジュンサン)に救えなかった1名の死の原因について執拗に問い詰められてしまう。そんな中、ソウル市内で人質事件が発生。犯人はソンチャンがフィリピンで救った4人のうちの1人だと判明し・・・。正体不明の黒幕と度重なる事件、交渉の天才ソンチャンの運命は?!

2016y09m21d_091842939
 DATV 笛を吹く男
キャスト

シン・ハギュン  チュ・ソンチャン
警察で危機交渉チームの外部諮問委員。元大手企業Kグループの天才的企業交渉の専門家

チョ・ユニ  ヨ・ミョンハ
ソウル地方警察庁危機交渉チーム所属の交渉官。

ユ・ジュンサン  ユン・ヒソン
チャンネルTNNのナイトニュースの看板アナウンサー。
?(?) ・・・ 笛吹き男
疎外された人々に「暴力」というコミュニケーションの手段を提供する社会が生んだ怪物。
チョン・グクファン ソ・ゴニル会長
大手企業Kグループの会長。元ヤミ金業者。

チェ・ウォノン ソ・ジュン
大手企業Kグループのソ・ゴニル会長(チョン・グクファン)の息子。大手企業のKグループの後継者。

パク・ソングン カン・ホンソク専務
大手企業Kグループのソ・ゴニル会長(チョン・グクファン)の妻の弟。大手企業Kグループの専務。

キム・ホンパ  チョン・テス議員
チュ・ソンチャン(シン・ハギュン)の父。
ソン・ドンイル オ・ジョンハクチーム長
元ソウル地方警察庁危機交渉チーム長
チョ・ジェユン  ハン・ジフンチーム長
ソウル地方警察庁特攻隊長。部下達に絶対的な信頼を受けているチーム長。オ・ハナ(イ・ジョンウン)の夫。

イ・ジョンウン  オ・ハナ
ソウル地方警察庁112総合状況室で勤務する警察職員。ハン・ジフンチーム長(チョ・ジェユン)の妻。

ユ・スンモク  コン・ジマンチーム長
現ソウル地方警察庁危機交渉チーム長。強力係(凶悪犯罪係)刑事。

オ・ウィシク チェ・ソンボム警査
ソウル地方警察庁危機交渉チームのデジタル・フォレンジック専門家。

チャン・ソンボム  チョ・ジェヒ警査
ソウル地方警察庁危機交渉チームのプロファイラー。 名門大学出身。

キム・ジョンス  ヤン庁長
現ソウル地方警察庁長。次期警察庁長。オ・ジョンハクチーム長(ソン・ドンイル)の親友かつライバル。

チョン・ヘナ   ユン・ボラン
チャンネルTNNの看板アナウンサーのユン・ヒソン(ユ・ジュンサン)の後輩。笛吹き男の正体を追跡する社会部記者。

 

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

1回 3.31%
2回 3.63%
3回 2.35%
4回 2.52%
5回 2.07%
6回 1.43%
7回 1.87%
8回 2.04%
9回 2.17%
10回 2.42%
11回 1.45%
12回 1.90%
13回 1.46%
14回 1.74%
15回 1.89%
16回 1.93%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
marikoさんの感想より

謎が深まるサスペンスドラマ!

映画にも「笛を吹く男」という題名の映画があるようですが、こちらのドラマとは別のもののようです。

事件の交渉人として活躍する主人公が、事件を裏で操る犯人「笛を吹く男」と対決するお話のなのですが、なかなか「笛を吹く男」の正体が分からずハラハラしました。いろんな場所でテロ事件が起きるのですが、その目的が一体何なのか?ただ面白くて事件を起こしているのか?終始、「笛を吹く男」に翻弄されっぱなしなんです。

主人公にも悲しいトラウマがあって、観ている方も辛いものがありました。

主人公を演じたシン・ハジュンさんという方、私はこのドラマで初めて観たのですが、重厚な演技で引きこまれました。そしてアナウンサー役のユ・ジュンサンさんは、「棚ぼたのあなた」の時とは打って変わって、頭の切れる男を熱演していました。こんなに役によって全然違うなんて、本当に俳優さんってすごいですよね!

女性ヒロイン役のチョ・ユニさんは、「スキャンダル」でのイメージが強かったのですが、今作ではイメージをガラッと変えて、強い女を演じていました。女性の交渉人も、すごくカッコよかったですよ!

途中でデートDVの被害者の話も出てくるのですが、あのシーンでチョ・ユニさん演じるミョンハが活躍するのも、女性ならではという感じで良かったです。

真犯人がすごく気になって、ドラマを観終わった後に流れを頭の中で復習したりもしたのですが、それでも真犯人はなかなか予想がつきませんでした!犯人と交渉人、そして視聴者?との、頭脳戦です。是非お楽しみください!(笑)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー