笑ってトンヘ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●フジテレビTWO(2017/7/8から) 土・日曜日11時から 20話連続放送 字幕
●2017.7.19 作品感想追加

笑ってトンヘ 웃어라 동해야 全159話
2010年放送 
平均視聴率 29.1% 시청률
笑ってトンヘ DVD-BOX 4
あらすじ

 笑いあり!涙あり!運命に翻弄されながらも前向きで懸命に生きる主人公トンヘを中心に、愛する人との絆の大切さを描いたハートフル・ラブストーリー!アメリカで育ったスピードスケートショートトラック選手のトンへは、試合のために初めて親の故郷である韓国へ行くことを決意するが、今回は試合とは別に目的があった。それは、6年前にアメリカで出会い結婚の約束をした恋人のセワと今後の話をするためだった。

その頃、新人アナウンサーとして奮闘中のセワは、最近トンへとの価値観のずれを感じていた。トンヘを愛しているが、発達障害を持つ彼の母アンナの存在が気になり結婚となると彼の不十分な条件に自分の人生をかけることができなかった。一方、家の借金を背負ってホテルの厨房で働いていたボンイは、友人であるセワに頼まれトンヘを空港へ出迎えに行く。そこで、トンへとトラブルになったせいで仕事を失い、トンへに恨みを抱くようになる。その後、トンヘが事故に遭ったことがきっかけで2人の距離が近づいていく…。

 2017y07m05d_224241507
BS朝日 笑ってトンヘ 相関図
キャスト

チ・チャンウク(カール・レイカー/トンヘ役)米国籍の韓国人。本業はショートトラックの選手だが調理師免許も持っている。

ト・ジウォン(アンナ・レイカー役)トンヘの母親。9歳の時、頭をけがして精神年齢が9歳で止まってしまう。養子縁組をして米国へ渡る。

オ・ジウン(イ・ボンイ役)トンヘの恋人ユン・セワの友人。正義感が強くお人よし。
パク・ジョンア(ユン・セワ役)トンヘの恋人でスルニョの長女。放送局の新人アナウンサー。
イ・ジャンウ(キム・ドジン役)カメリアホテルの副支配人。地位やルックスをすべて兼ね備えた自信家。
イム・チェム(イ・ガンジェ役)温かくて優しいボンイの父。経営していたキムチ工場がつぶれ、破産してしまう。

イ・ボヒ(ケ・ソノク役)ボンイの母。夫の会社が倒産して美容室の雑用役に転落。
パク・ヘミ(ピョン・スルニョ役)セワの母。高級ヘアサロンを経営する。
カン・ソグ(キム・ジュン役)ドジンの父。放送局の局長に昇進した今もアナウンサー時代の人気は健在。
チョン・エリ(ホン・ヘスク役)ドジンの母。カメリアホテルの社長。
アレックス(イ・テフン役)ボンイの兄。一流大学の法学部出身で司法試験に挑戦中。
ジュヨン(ユン・セヨン役)セワの妹。賢い姉のセワとは違い子供っぽく単純なわがまま娘。

スタッフ /[脚本]ムン・ウナ[演出]キム・ミョンウク、モ・ワンイル
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
golbさんの感想より

●頑張りたくなる力をもらえる作品

スピードスケート選手がいつの間にか母親の実の両親探しのために努力していくトンヘの姿は、何事にも負けず努力を続ければ幸せになれるそう教えてくれました。

彼の周りで何度も起きる試練がもう絶体絶命のピンチかと思えば、いつの間にか助けてくれる人が現れる。彼のまっすぐな努力が報われて行く姿にスカっとすることができます。

母親の記憶が少ない中そのヒントをたどって生き別れの両親を探す間に、食品会社での奮闘ぶりにはやはりアスリートだった彼だからこその集中ぶり、やっと成功間近になるとまた悪役の登場!こんなことがこのドラマの中では何度も繰り返されてしまいます。

トンへを応援してくれるひと、なんとかトンへを祖父母から引き離そうとするひとその対決を見るのがハラハラすること間違いなしでした。

「じれったい」そんなときもあります。なんでその意地悪な女性を好きになるんだ、それを見抜けないトンへにテレビの前で声にだして「その女にはだまされるな」などと言ってしまいたくなります。母親は9歳の精神状態なので、トンへが母親を守るところは心が痛くなるほどやさしい子供だと感心。応援せずにはいられないです。

トンへの事情をしってその財産目当てに近寄る女性セワには、驚くほどお金に執着するんですが、それもセワの母親がいつもお金にこだわるせいなので最後にはセワも犠牲者の一人だと可愛そうになってしまう。美人だから早くその過ちに気づいてくれればいいのにと始めは憎んでもあとからは許したくなるのがセワなんです。

トンへが祖父母に会えるまで全力で応援したくなるドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー