私はチャン・ボリ! 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●Dlife(2017/6/27から)月~金曜日15時から
●WOWOWプライム(2017/2/1から)集中再放送 月~金曜日7時から 字幕
●BS11 2016年5月2日(月)~ 毎 (月)~(金)15:59~ 2話連続放送

私はチャン・ボリ! 왔다 장보리 全52話 (全74話 )
2014年放送 MBC
平均視聴率 20.3%
私はチャン・ボリ! DVD-BOX1
あらすじ

 韓服(ハンボク)の名家「ピスルチェ」の後継者の座を競うイナ(キム・ヘオク)とオクス(ヤン・ミギョン)。ある大雨の夜、イナに執拗に追われたオクスの車が運転を誤りオクスの夫は事故死、イナの娘ウンビは一人現場に取り残される…。

15年後、記憶を失くしたウンビはボリ(オ・ヨンソ)と名付けられ、ソウルから遠く離れた長興で養母ヘオク(ファン・ヨンヒ)の食堂を手伝いながら暮らしていた。そこでボリは素性を隠したオクスに出会い、韓服職人を目指すようになる。そして、検事として赴任してきたジェファ(キム・ジフン)と事あるごとに顔を合わせるようになり、衝突しながらも次第に距離を縮めていく。一方、貧しい田舎暮らしを嫌うヘオクの実娘ミンジョン(イ・ユリ)は孤児であると偽り、イナ夫婦の援助を受けて「ピスルチェ」の弟子となっていた。やがてボリとミンジョンは運命に導かれるように「ピスルチェ」で再会、ライバルとして激しいバトルを繰り広げることとなる。

 2016y04m17d_120949754
KNTV 私はチャン・ボリ! 公式サイト  相関図
キャスト

チャン・ボリ役(オ・ヨンソ)キム・イナとチャン教授の実の娘。本当の名前はチャン・ウンビ。ト・ヘオクの養女。イ・ジェファの恋人

ヨン・ミンジョン役(イ・ユリ)ヘオクの実娘。チャン教授とキム・イナの養女。

イ・ジェファ役(キム・ジフン)イ会長の長男。チャン・ボリの恋人。

イ・ジェヒ役(オ・チャンソク)イ会長の次男。ジェファとは異母兄弟。

イ・カウル役(ハン・スンヨン(KARA))イ会長の世間知らずな末娘。

カン・ユチョン役(ゴニル(超新星))ドンフの秘書。ネチョンの弟。義理堅く、ハンサム

チャン・スボン役(アン・ネサン)画家であり大学教授。ボリの実父。イナの夫。キム・スミの次男。

チャン・ヒボン (チョン・ウォンジュン) オクスの夫、パク・スミの長男
ト・ヘオク (ファン・ヨンヒ) ミンジョンの実母、ボリの養母
イ・ドンフ (ハン・ジンヒ )ジェファの父、ヒョンジグループ会長
イ・ファヨン(クム・ボラ) ジェヒの母、ドンフの後妻、元美容師
イ・ジョンラン (ウ・ヒジン) ドンフの妹

 

スタッフ [脚本]キム・スノク[演出]ペク・ホミン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
hrgcさんの感想より

【私はチャン・ボリ!】は韓国ドラマの王道!

韓国ドラマといえば、ドロドロの悪役ドロドロのやたらと人のいい主人公という構図が定番ですが、私はチャン・ボリその王道とも言える作品です。

最後までこれでもか、これでもかと視聴している自分までもがハラハラするほどに純粋な主人公をいじめるのを長期に渡り見るのは苦しいほどです。またこの作品が他の韓国ドラマの上をいっているなと感じるのは悪役が主人公の近くに数人もいるところでしょう。一難去ってまた一難と主人公がかわいそうになるほどですが、最後の最後でスパッと逆転劇があるので、全話を見終わると韓国ドラマ独特の爽快感が得られる作品だと思います。

純粋なヒロインに対して、ザ・悪女を演じるのは【福寿草】で無実の罪を被せられたヒロインを演じたイ・ユリさん。福寿草では、自身の身の潔白を証明するために悪役と戦うという役柄だったのに打って変わり、 悪役を演じることになるので、正直どうなのかなと見ていましたが、そんな心配は無用の素晴らしい憎まれ役を演じきっていたと思います。自分の悪事を必死に隠そうするための泣き顔までもが憎らしく感じるほどの演技は圧巻です。

またヒロインを守る初恋の人イ・ジェファ役は【となりの美男】で売れない男前の漫画家役を演じていたキム・ジフン。彼の劇中のコミカルな演技やかっこよさにメロメロになるのは、ドロドロの愛憎劇の中のオアシスでもあります。ヒロインを守ろうとするセリフや行動のすべてがかっこいいよく、目と心の保養ができました。

bannoae20さん

全74話と少し長いですが、恋愛アリ、家族愛アリの笑って泣けるヒューマンドラマです。BS放送で見ていたのですが、見逃した回はレンタルdvdを借りに行くほどのハマりようでした。オ・ヨンソが演じる主人公のチャンボリが、持ち前の明るさで様々な試練を乗り越えていく姿が見ていて爽快です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー