百年の花嫁 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2017/12/14から)オリジナルは全16話木・金曜日10時から 字幕
●BS-TBS 2016年5月17日~ 全20話 月~金曜日7時~

百年の花嫁 백년의 신부 全16話 (※20話)
2014年放送 
平均視聴率 0.992% TV朝鮮
【Amazon.co.jp限定】百年の花嫁 韓国未放送シーン追加特別版 DVD-BOX1(ポストカード付)
あらすじ

 韓国の田舎に住むドゥリム(ヤン・ジンソン)は、病気の祖母のため、海女の仕事とアルバイトを掛け持ちしながら暮らしている。持ち前の明るさと体力が自慢だ。

ある日、ドゥリムは偶然通りかかった工事現場で青年実業家チャン・イヒョン(ソン・ヒョク)を事故から助ける。イヒョンは、ドゥリムが自分の妹チャン・イギョン(ヤン・ジンソン/2役)と瓜二つであることに驚く。イヒョンの妹イギョンは、韓国屈指の財閥である太陽(テヤン)グループの御曹司チェ・ガンジュ(イ・ホンギ)との結婚を控えているが、2人の結婚は政略結婚で、イギョンの実家の会社の経営が苦しいため太陽グループの援助を必要としていた。
そんな中、ガンジュが太陽百貨店の代表になる就任式の当日、なんとイギョンが姿を消してしまう。この結婚をなんとしても成立させなければいけないイヒョンは、自分の妹と瓜二つのドゥリムのことを思い出し、しばらく彼女にイギョンの替え玉をさせようとする。入院した祖母のためにお金が必要なドゥリムは、少しの間ならとそれを受け入れたが、ドゥリムが会ったガンジュは、とんでもない“オレ様”御曹司だった!

 2016y04m25d_194252929
TBS 百年の花嫁 公式サイト  相関図
キャスト

イ・ホンギ  チェ・ガンジュ 太陽グループ御曹司 有能かつイケメン

ヤン・ジンソン チャン・イギョン ガンジュの(本物)の婚約者
ヤン・ジンソン  ナ・ドゥリム ガンジュの婚約者の代役、海女

チェ・イルファ チェ・イルド ガンジュの父、太陽グループ代表
キム・ソラ キム・ミョンヒ ガンジュの母
チョン・ヘイン チェ・ガンイン ガンジュの弟、アイドル歌手

チャン・アヨン イ・ルミ イギョンの友人、太陽デパート戦略企画チーム長

カン・テファン キム秘書 ガンジュの秘書
ソン・ヒョク チャン・イヒョン イギョンの異母兄、オソン建設経営本部長
シン・ウンジョン マ・ジェラン イギョンの母、オソン建設代表

ナム・ジョンヒ パク・スンボク ドゥリムの祖母、ドゥリム食堂運営
パク・ジンジュ オ・ジンジュ ドゥリムの幼なじみ、太陽デパート店員

高島礼子 金子会長 JRジュエリー会長

 

スタッフ [脚本]ペク・ヨンスク[演出]ユン・サンホ
コメントにて随時感想募集中です。

この作品にJRジュエリー会長として、日本人の女優である高島礼子が出演している。


以下感想ネタバレあり

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

kotomさんの感想より

最終話までハラハラ?!笑いあり涙ありのシンデレラストーリー

韓国の有名な「美男ですね」に出演していたFTislandのイ・ホンギと「秘密」などに出演していたヤン・ジンソンの二人が出演しており、少し変わった物語の始まりからちゃんと結ばれるのか、最後まで目が離せない展開でした。

このドラマで1番すごいと思えるのが2人の演技力です。イ・ホンギといえば「美男ですね」を見ていた人なら金髪でかわいい印象があると思いますがこちらの作品では見事に真反対で黒髪冷徹社長といった印象がドラマの最初を見ていて感じました。ドラマの終盤になるとヒロインへの愛情が表情に出て柔らかい印象になり最初と最後でのギャップに惹かれる人も多いのではないでしょうか。一方、相手役のヤン・ジンソンさんはこのドラマの最初から最後まで性格が真反対の役を一人二役でこなすという演技力ぶりに感激します。表情や雰囲気で(もちろんメイクや髪形もありますが)どっちの役を演じているのかぱっと分かるほどです。

田舎に住んでいる女の子が社長と結ばれるという定番シンデレラストーリかと思いきや、タイトルに関わる、100年前から深いところでつながっているという展開はドラマの最後らへんの話になるまで明かされず、ところどころ伏線や意味ありげな場面がでてきて最後まで見てから2回目を見るというのも楽しいかもしれませんね。主人公たち以外も巻き込みながら恋愛が展開していくので毎回ハラハラしながら見ており、時には切なく、時にはほほえましく、時には笑いながら見れるとてもおすすめのドラマになりました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー