病院船 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

病院船 병원선 全40話 60分番組

第9話 視聴率 9.8% 10話 視聴率 12.0%

9話・10話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

9話・10話 感想

難しい手術を次々に成功さえるウンジェに、影響され看護師のユ・アリムは外科手術看護師を目指すようになります。ウンジェは、アリムだけでなく、周りの同僚にも影響を与えそうですね。プロとして高い意識を持てるようになることは、専門的な分野においてはとても大切な姿勢だと思います。

 クォク・ヒョンとウンジェの関係も少し変わってきました。お互いを意識し始めます。ヒョンにとって父のような存在の詩人、ソル・ジェチャンに直腸癌末期を宣告するウンジェは、何も手をなすことを出来ない状態のジェチャンに、韓国で一度も試されたことのない手術を提案します。ヒョンはどうしてもジェチャンを助けたいと思いながらも、ウンジェに手術を任せるべきか迷う理由は、それだけリスクの高い手術だからなのでしょう。

 ウンジェが韓国初となるケースの手術を準備していることを知った元上司の外科部長が、コジェの病院に現れた時は、やはり彼女の外科医としての成功をこのまま黙認するつもりはない様子で、ウンジェが今後やろうとすることに、ストップをかけそうな気がします。

 外科部長とウンジェの会話を聞いたヒョンは、彼女が手術を提案した理由が論文にのせるケースの一つにしたからだと、勘違いすることになります。ウンジェはジェチャンの主治医から外されることになるのでしょうか。ウンジェの考えも間違いではないですが、すべてを論理的に考えすぎる傾向があるようです。

 今後、ウンジェとヒョンの関係にジェチャンのことがどのように影響するのでしょう。。。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11話 視聴率 11.0% 第12話 視聴率 12.9%

11話・12話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

11話・12話 感想

手術や死に関する考えた方の違いで、よそよそしくなってしまった二人でしたが、初めてお互いの本音を語ります。ウンジェが手術にこだわる理由が、母の死にあると知ったヒョンが彼女を優しく抱きしめた時、ついにこれから二人のロマンスが始まることに期待が高まり、ドキドキしました。

手術を受けるよりも、残された時間を活かしたいと願うジェチャンの気持ちが理解できるヒョン。一方で、手を尽くすことなく亡くなってしまった母の死を悔やんだウンジェは、手術が成功すれば延命できることになるので、そのチャンスを逃すべきでないと強く思います。人間なら誰しも平等にむかることになる「死」。色々と考えさせられる話でした。

事故で取り残された子供を助けに向かったヒョン。事故のバスが突然かたむき始めます。ヒョンは無事に脱出することができるのでしょうか。2016年出演したドラマ「タンタラ」ではまだまだ、青年のイメージが残っていましたが、クァク・ヒョンを演じるカン・ミンヒョクはいつの間にか、大人の雰囲気になっていました。

ドラマが始まってすぐはハ・ジウォンとの年の差が気になりましたが、不思議と気にならなくなりました。「相続者たち」のユン・チャニョン役と少し重なるイメージもあり、気になる俳優の一人になりつつあります。CNBLUEではドラムを担当しているとは思えない、キュートなルックス。今後が本当に楽しみです。

病院船 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

 

病院船 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー