病院船 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

病院船 병원선 全40話 60分番組

第13話 視聴率 9.8% 10話 視聴率 11.6%

13話・14話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

13話・14話 感想

バスが傾いた時には、一瞬どうなるのか不安になりましたが、無事取り残された男の子も助け出せ、ウンジェのおかげでヒョンはかかえていたトラウマまで克服できました。このことで二人の仲は以前よりも深まります。デートまですることになった二人。灯台の前でのキスシーンにはドキドキしました。今後お互いの心の支えになり、気持ちが深まりそうです。翌日、キスをホルモンバランスの崩れとアルコールが原因だったと言い訳するウンジェがキュートでした。

話の進行と共に最も気になるのが、キム・ジェゴル(イ・ソウォン)です。バスの事故で腕に怪我をしたウンジェの処置をしたのはジェゴル。漢方医なのに整形外科医のように処置ができる彼。ジェゴルの兄の死後、家族との関係が悪化したことで彼は漢方医を選んだようです。亡くなった兄は幼い頃から両親の愛を独り占めし、寂しく育ったジェゴル。彼はヒョンのライバルになるのでしょうか。

デビュー以来、ソン・ジュンギやパク・ボゴムを継ぐ次世代イケメン俳優として注目を浴びてきたイ・ソウォンですが、「むやみに切なく」で演じたしっかり者の高校生役が長くイメージとして残っていました。前作の「彼女は嘘を愛しすぎる」で演じた音楽プロデューサー役とは、少しイメージが重なるように思え、主人公のヒョンより気になる存在です。

ヒョンへの特別な感情を持ち始めたように見えたウンジェ。突然現れたヒョンのフィアンセ?三角関係の始まりなのでしょうか。ますます話が面白くなってきました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第15話 視聴率10.5% 第16話 視聴率 12.4%

15話・16話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

15話・16話 感想

医療インフラが不足している島々を渡り、人々とのコミュニケーションを通じて真の医師として成長する過程はどの話でも感動的に描かれるところが魅力の一つ。ハートフルなメディカルドラマに加え、主人公たちのロマンスも本格的に描かれるようになりました。

ヒョンと過去付き合っていたヨンウンの存在が気になるウンジェは、ツンとした態度で冷静をよそいます。恋愛経験のないウンジェは、内心ヒョンとヨンウンとの関係を気にしながらも無関心そうに行動します。

ウンジェがキム・ジェゴル(イ・ソウォン)の母の命を救ったことから、ジェゴルはウンジェに興味を持ち始めます。ただの興味でとどまらず、ヒョンと三角関係をすることになりそうです。ヒョンに単刀直入にウンジェへの気持ちを確認するジェゴルを見て、まだまだ隠された魅力がたくさんありそうで、ジェゴルへの関心がさらに高まりました。

取材のため、病院船の職員寮で過ごすことになったヨンウンは、ウンジェと同じ部屋を使うことになりますが、ヒョンの部屋に行ったきり朝まで戻らない。。。気になったウンジェは翌日も仕事に集中できない中、彼女の父の行方を尋ねる電話を何度も受けることになります。ウンジェの父が今後登場することになるのでしょうか。

ジェゴル、ヒョンとウンジェの三角関係が面白くなりそうです。

【豆知識】ロケ地として登場するのはコジェド(巨済島)。プサンから橋がかかっている島で、済州島の次に大きな島として知られています。コジェドの周りの島を中心に撮影が行われ、メムル島も登場しています。

 

病院船 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想

 

病院船 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー