町の弁護士チョ・ドゥルホ 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

町の弁護士チョ・ドゥルホ 동네변호사 조들호 全20話

第9話 あらすじ

ソヨンの証言でヒョジンの児童虐待のぬれ衣が晴れ、ドゥルホは幼稚園の保護者たちを説得して園長のジャヨンを訴えようとする。 園長のジャヨンは子供たちに腐った食事を食べさせたと訴えるヒョジンを名誉毀損で訴えるためにクムサンに弁護を依頼し、幼稚園を閉園する。

幼稚園が閉まったせいで子供たちを預ける場所を失った保護者たちは、ドゥルホの事務所に子供を預けるようになる。 いっぽう、弁護士でありながら、収入がなくて生活に困ってしまったウンジョは、アルバイトを始める。 そんな中、ドゥルホが証人に立てた人たちが、ジャヨンに有利な証言をし、逆にエラやデスは検察によって身分を偽っていたことを問い詰められる。

そして、追い打ちをかけるようにヒョジンが園児に暴力を働いたという証拠まで出てきてしまう。 一時期はドゥルホやヒョジンを味方していた保護者たちは幼稚園の閉園に困ってしまい、ジャヨンに頭を下げるようになり、保護者たちの強要でドゥルホはジャヨンに土下座をすることになるのだが…。

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000645/

marikoさん

第9話 感想

あくどい園長でしたが、逮捕され改心して良かったです~。子どもたちからの純粋な優しさがこもった手紙を読んだら、さすがに自分の罪に気付きますよね。園長代理としてテスの妹を指名したのも、改心が表れていました。

ちょっと残念だったのが、虐待の証拠になっていたソヨンの体の傷や、ソヨンの証言がどこから出てきたのか良く説明されなかった点です。日本放送に合わせてカットされているのかも知れませんが、そこをもっと詳しく描いて欲しかったな~。私が何か見逃したのかな!?と心配になって、録画を巻き戻してしまいました(笑)

今回もジウクとドゥルホの協力で事件が解決したわけですが、ジウクの心がだんだん変わっていってくれるといいのですが…。父親のように悪の道を歩むことなく、正義を信じていけるはず!

ウンジョも、「弱い人を助ける弁護士になりたい」と目標が定まって良かったですね。「弱い人を助けたいけど、お金が欲しい」この2つが両立することはないのか?というウンジョの疑問に、私も同感です。

ドゥルホの元妻も、だんだん気持ちが変わってきたようですね。それとも、父親の圧力でドゥルホと離婚したけど、本当はドゥルホを愛していたのでしょうか?どちらにしても、自分の本当の気持ちに従わずに歩まないのは、もったいない。長いものに巻かれて生きた方が一時は楽なのかも知れませんが、長い目でみるとどうなんでしょう。いろいろと考えさせられます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話 あらすじ

仲間たちとジャヨンとの裁判での勝利を祝ってお酒を飲んだドゥルホは、翌日スビンの部屋で目を覚ます。ヘギョンはドゥルホに勝手なマネは困ると言いながらもドゥルホのために朝食を用意する。 ウンジョはドゥルホの健康を気遣ってドゥルホに朝食を渡し、それを受け取ったドゥルホはヘギョンとの出会いやシヌやヨンイルに裏切られた過去を振り返る。

いっぽう、酔い潰れてエラと一緒に朝を迎えたデスは、エラに自分たちが酔った勢いで一線を越えてないかと聞き、エラは怒ってその場を立ち去る。 ウンジョからお金に困った友達の弁護士のことを相談されたデスは、本当はウンジョが困っていることに気づき、ウンジョに仕事を紹介する。

そんな中、次期検察総長の座を置いて、ヨンイルとライバルとされる高等地検長はドゥルホを食事に誘い、ドゥルホは食事に訪れた店でヨンイルやジウクと偶然顔を合わせる。 アルバイトで寝不足が続いているウンジョのもとに、義理の父親が自殺を図ろうとしているという電話がかかってくるのだが…。

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000645/

marikoさん

第10話 感想

ドゥルホの過去に何があったのかが分かりました。仕事に専念しすぎるドゥルホを待ち続けた奥さん。いつの間にか、心の隙間があいてしまっていたんですね。元妻の気持ちも分かる気がします。元妻がドゥルホの育った施設のことを「みっともない」と言ったのは言い過ぎだけど、それほど寂しかったのでしょう。

テファグループをやっつけたいのは山々ですが、スビンや家族が巻き込まれることを思うと簡単ではないですね。でもドゥルホにとっては、そこにも迷いがない様子。正義感が強いのは素晴らしいことですが、家族にとっては裏切られたと感じても仕方なかったかも知れません。

今回新しくドゥルホが関わることになった、ウンジョの義父の事件。テファグループは本当にあくどい会社で腹立たしいです!巨大組織のようですが、ドゥルホは無事にテファグループを破滅に導くことができるのでしょうか!?

そして、ジウクとも司法修習生の先輩と後輩として出会っていたとは、意外でした。そんな風に出会っていたのに、ジウクがドゥルホを憎むようになってしまったのは残念です。ジウクや元妻とも、ドゥルホがまた和解することができたらいいですね。

テスとドゥルホの出会いも、可愛かったです。(笑) やっぱりデスはいい奴!予想通り、エラさんとも恋仲になりそうだし!孤独に生きて来たデスが幸せになれるといいなぁ!
町の弁護士チョ・ドゥルホ 11話・12話 あらすじと感想

町の弁護士チョ・ドゥルホ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー