町の弁護士チョ・ドゥルホ 1話・2話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

町の弁護士チョ・ドゥルホ 동네변호사 조들호 全20話

 

第1話 あらすじ

チョ・ドゥルホは上司の命令に逆らい、デファグループのチョン・グムホ会長を横領罪で起訴し、ドゥルホの妻のチャン・ヘギョンはチョン会長に、裁判でドゥルホに賄賂を渡したと証言するようにと指示する。

上司や義父にハメられ、すべてを失ったドゥルホはホームレスになり、3年の月日が流れる。 ヘギョンの父親が経営する韓国1のクムサン法律事務所で働くイ・ウンジョは、偶然スリの現場を目撃し、犯人を追う。ドゥルホと同じ施設で育ったカン・イルグは、ウンジョにスリを働くところを見られ、その場から逃げるのだが、逃げる途中ドゥルホと再会する。

ウンジョの誤解でスリの共犯にされたドゥルホは、昔、事務官だったファン・エラのおかげで無実が証明され、その足でイルグに会いに行く。 長年ドゥルホのことを恨んでいたイルグは、ドゥルホと仲直りするのだが、車にはねられて死んでしまう。

そして、3年前、ドゥルホはチョン会長の息子の代わりに放火の罪をかぶったイルグを助けたことがあるのだが、迷宮入りしたその放火事件の容疑者が捕まったというニュースが流れる。

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000645/

marikoさん

第1話 感想

いよいよ始まりました、町の弁護士チョ・ドゥルホ!“悪に加担せず良心に従った主人公が一度は挫折するも復活して、世の中を痛快に斬るドラマ“と聞いて、楽しみにしていました。

権力者の息子の悪事を隠すために、弱者に罪をなすりつけようとするドゥルホの上司…。こんな人が検事だったら、本当にがっかりですよ。悪事を暴こうとしたドゥルホは罠にかかって、ホームレスにまでなってしまうし!確かにこんな経験をしたら、無気力で廃人のようになってしまいそうだけど…。奥さんもあっさりドゥルホと離婚してしまうし。一体2人に何があったの!?

第1話である今回は、同じ施設の弟分イルグが不幸な交通事故で亡くなってしまったのが衝撃的でした。せっかく再会して仲直りできたのに。この交通事故は、さすがに陰謀ではないですよね…?

理不尽な目に遭い、そして周りの人も幸せにできず、ようやく一念発起したドゥルホ。イルグのような弱い人たちの無念を晴らして欲しいなぁ。でも3年前にあっけなく潰されてしまったように、簡単には正義は勝たない気がします。パートナーになった、新米弁護士ウンジョは役に立ってくれるのでしょうか!?(笑)

実力派のパク・シニャンさんに、女性にも人気のカン・ソラちゃん。ストーリーも一般市民が共感できそうな内容のようなので、今後も楽しんで観れそうです♪

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話 あらすじ

3年前の放火事件の容疑者として捕まったピョン・ジシクの弁護を志願したドゥルホは、ウンジョと共同弁護を行うことになり、高利貸しをしているペ・デスの事務所に弁護士事務所を開業する。検察はジシクが犯人であるという証拠を多く確保し、無実を証明できないウンジョは心身耗弱で刑を軽減させようとする。しかし、証拠はないが真相を知っているドゥルホは、ウンジョにジシクは無罪だと言い、裁判のあとマスコミの前で大々的にインタビューを行う。

ドゥルホのインタビューを見たチョン会長は、クムサン法律事務所の経営者であり、ドゥルホの元妻のヘギョンの父親であるチャン・シヌに敗訴するようにと命令する。放火事件の担当検事であるシン・ジウクは、父親であるシン・ヨンイルやチョン会長と食事をすることになる。そして、ヨンイルとチョン会長はジウクが席を外した時、ドゥルホは惜しい人材だったと話す。クムサン法律事務所で働いているウンジョは、上司のキム・テジョンの命令でドゥルホのすべてを監視することになるのだが…。

 

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000645/

marikoさん

第2話 感想

真犯人を知っているドゥルホ。なんとしても今の被告人を無罪にしようと必死ですね~。いくら必死とはいえ、悪徳金貸しの事務所に自分の事務所をつくっちゃうなんて、笑っちゃいました。昔からの悪縁のようだけど、なんだかんだ仲良し!?

しかも、事務長とドゥルホがモーテルで待ち合わせしているシーンでは、一瞬誤解しちゃいましたよ!全体的にシリアスなドラマですが、ところどころホッとできる笑いが織り込まれているので見やすいです。

それにしても、お人よし過ぎる被告人。「この人、自己主張しなくて大人しすぎるけど、どーするの!?」と不安に思っていましたが、ドゥルホに励まされて、ようやく主張するようになりましたね。本当に良かったです。「弁護士さんだけが信じてくれた」とドゥルホに感謝しているシーンでは、ウルっときてしまいました。

被告人の息子は、お父さんが捕まっているというのに自分勝手…。それにも何か理由があるのでしょうか!?

そして裁判中に余計なことを口走りそうになった、ウンジョ(笑) 新人なりに一生懸命に働いているのに、上司はウンジョの失敗を願っているのだから、可哀相です。

ドゥルホに劣等感から闘争心を燃やすジウクも面倒くさいタイプのようだし、変なことをしてきそうな予感が今からプンプンします…。無罪の被告人を助けるために、頑張れドゥルホ!!

 

町の弁護士チョ・ドゥルホ 3話・4話 あらすじと感想

町の弁護士チョ・ドゥルホ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー