三色のファンタジー 第2弾 生同性恋愛 視聴率 あらすじ キャスト

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●日本初放送 衛星劇場 三色のファンタジー1エピソード3話(計9話)で放送される。2017年7月20日~

●MBC3部作(3種のファンタジー)세가지색 판타지 3編のミニドラマ 全6話×3

の第2弾『三色のファンタジー 生同性恋愛(原題)』

韓国での放送は2017年2月16日~3月2日まで放送

●2017.3.13 作品感想追加

生同性恋愛 生動性恋愛 생동성 연애 全6話 
2017年放送 MBC
平均視聴率 1.7% 시청률
 2017y03m07d_125429306
生動性恋愛 생동성 연애 公式サイト
あらすじ
MBCで放映された「 三色ファンタジー 」の第2弾。鷺梁津考試村を背景にしたこの時代青春の話をファンタジーの要素を加味して描いたドラマ
キャスト

ソ・インソン(ユン・シユン)
ワン・ソラ(チョ・スヒャン)

チョ・ジソプ(カン・ギヨン)
コン・ム(キム・ミンス)
キム・テイ(チャン・ヒリョン)
インソンの母(ファン・ヨンヒ)
コンビニ店長(チ・デハン)
ソン・エギョ(ウ・ドイム)
インソンの父(ウ・ヒョン)

スタッフ /脚本バクウンヨウン バクフイグォン 演出パク・サンフン
コメントにて随時感想募集中です。
三色のファンタジー 第1弾 宇宙の星が 視聴率 あらすじ キャスト
三色のファンタジー 第3弾 指輪の女王 視聴率 あらすじ キャスト
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

1話 2.10%
2話 2.90%
3話 1.80%
4話 1.70%
5話 1.40%
6話 1.20%

amijkさんの感想より
生同性恋愛 1話・2話 あらすじと感想
生同性恋愛 3話・4話 あらすじと感想
生同性恋愛 5話・6話(最終回) あらすじと感想

 

ユン・シユン(윤시윤) ソ・インソン役
2017y03m12d_120554454
出典:http://www.imbc.com/
生年月日1986年9月26日
「明日に向かってハイキック」(2009年チョン・ジュニョク役
「製パン王キム・タック」(2010年)キム・タック役
「私も、花!」(2011年)ソ・ジェヒ役
「魔女宝鑑」(2016年)ホジュン役
2010年 KBS演技大賞 特別企画/長編ドラマ部門男優秀演技賞
KBS演技大賞 ベストカップル賞
第3回コリアドラマアワード 男新人演技賞 他

 

チョ・スヒャン(조수향) ワン・ソラ役
2017y03m12d_121337488
出典:http://www.imbc.com/
生年月日1991年1月21日
君を守る恋~Who Are You~ – 学校2015(2015) カン・ソヨン役
力道妖精キム・ボクジュ (2016 )スピン役
2014 第19回釜山国際映画祭 女性今年の俳優賞 野の花

amijkさんの感想より

MBCとNAVERのコラボレーションドラマ3部作「3つの色ファンタジー」の2作目にあたるこのドラマは、「製パン王キム・タック」で主人公タック役を演じたユン・シユンが、警察官を目指す予備校生役を演じています。

このドラマの魅力は、主人公インソンが、生動性実験=治験、臨床実験の副作用で様々な能力が向上するというファンタジーでありながら、今の韓国で就職先を得るために苦労している若者の苦悩もリアルに描かれているところです。

治験の副作用によって思いがけず向上した身体能力や記憶力を利用するのは不公平で、裕福な親のもとに生まれることは不公平ではないのか?など、「公平とは何か」ということについても考えさせられてしまいました。

キャストはユン・シユン以外はそれほど知られていない俳優たちなのですが、それぞれに個性がはっきりしていて今後の活躍が期待できると思いました。
とくにインソンに夢中になるテイ役を演じたチャン・ヒリョンは、容姿と声が愛らしく、とても魅力を感じました。チャン・ヒリョンはJYPエンターテインメント所属。「むやみに切なく」でチャン・マノク役を演じていて、SKテレコムのCFでも注目されています。

コン・ム役のキム・ミンスは「オ・ジャリョンが行く」(ミヌ役)や「我が家のハニーポット」(テホ役)などの多くのドラマに出演しています。

最終話では、同じ「3つの色ファンタジー」の3作品目である「指輪の女王」に出演のキム・スルギがちらっと出ています。キム・スルギは「ああ、私の幽霊さま」「ポンダンポンダン王様の恋」で人気上昇中の注目俳優なので、「指輪の女王」も楽しみです。

【豆情報】※「3つの色ファンタジー」では3作品にイメージカラーを設定しており、「宇宙の星が」が、「生同性恋愛」が、「指輪の女王」がを象徴しています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー