狂気の愛 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●エンタメ~テレ(2017/10/9から)月~水曜日13時から2話連続放送 字幕
●チバテレ(2017/4/28から)再放送 金曜日12時から 字幕
原題:狂った愛
●2017.8.20 作品感想追加

狂気の愛 미친 사랑 全100話
2013年放送 tvN
平均視聴率 % 시청률
狂気の愛 DVD-BOX1
あらすじ

 ミソ(パク・ソニョン)は愛妻家の夫ミンジェ(ホ・テヒ)と一人娘へラムと幸せに暮らしていた。しかし、息子を産めないという理由で、姑ミョンジャから離婚を迫られるミソ。そんなある日、自宅で姑の誕生日パーティーが開かれる。そこに招待されたミンジェと同じ会社で働くナヨン(キム・ヨンジュ)は、屈託のない笑顔を見せるミソを妬ましく思う。実はナヨンは、幼い頃ミソと同じ施設で育ったが、ある出来事をきっかけにミソと人生が逆転してしまう。それ以来ミソに対して復讐心を抱き続けたナヨンは、ミソを陥れるためミンジェを誘惑する。

一方、養父の借金問題の解決をミソから依頼された弁護士ギョンス(コ・セウォン)。結婚生活に疲れ果てていたギョンスは、苦しいことがあっても前向きに生きるミソの姿に次第に心を奪われていく。
ある日、ナヨンの策略によりヘラムが行方不明になってしまう。ミンジェはミソを責め、人が変わったように暴力を振るうようになり、ついに家からも追い出してしまう。途方に暮れ、絶望の淵に立たされたミソ。その時、ミソの前に現れたのはギョンスだった――

 2017y04m26d_142114000
BS朝日 狂気の愛 相関図
キャスト

パク・ソニョン ユン・ミソ(ホン・ウンジュ) CKグループの嫁

コ・セウォン ソ・ギョンス 弁護士

ホ・テヒ イ・ミンジェ ミソの夫、CKグループ本部長
キム・ヨンジュ ハン・ナヨン(イ・ソニ) ミソの孤児院仲間、CKグループチーム長
ユ・ヘリ ホ・ミョンジャ ミンジェの母、CKグループ社長
キム・ヘイン オ・ヘリョン ギョンスの妻
チェ・テフン ペク・ジェヒョク 元ヤクザ、ミソの孤児院仲間
イ・ヒド オ・テサン ヘリョンの父、ジェヒョクのボス、明洞の高利貸し
キム・ヨンラン コ・ユジョン ヘリョンの継母、CKグループ副社長
メン・サンフン ユン・ムンド ミソの養父
カン・ソジュン ユン・チャンギ ミソの義弟、歌手志望、腎不全
チャン・ユンソ キム・ジョンヒ ミソの友人
イ・チェミ イ・ヘラム ミソ夫婦の娘

スタッフ /[演出]イ・チャンハン
コメントにて随時感想募集中です。
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

福岡 キマジメネコさんの感想より

●人間の嫉妬心を鮮やかに描いた作品!

なんといってもナヨンの燃え上がる嫉妬心は誰も消す事が出来ません。燻ってはさらに嫉妬心が大きくなり燃え上がる炎は根が深く又、ヘリョンにおいてはとにかく愛情が欲しくて終着する女で愛情は欲しいが愛してくれないと自分も相手を愛せない可愛そうな女。

だがミソに姉妹愛をもらい、最後はミソにも謝罪をして母親のユジョンと共に父親テサンの面会の時に自分で作った人形を渡すところは顔つきも変わりほっとしました。人間は環境で顔つきが変わりますものね。

それにしても主役のミソとギョンスは芯が強く優しすぎる。実際にはあんな人たちは居ないと思います。ミソは子供を殺されたも同然ですし、ギョンスに関してはあのヘリョンの嫌がらせにもミソの記憶喪失にも負けず我慢強く愛の全うする所なんて絶対ありえないと私は思いました。

脇役ではやはり私の中の1位は姑のミョンジャのいびり方がちょうど良い、ラストでは工場長をまかされ会社に制服姿で現れたときは心を入れ替えたかと思ったがやはり下心がある所なんて笑えましたし息子のミンジェのバカ差加減も最高ですね。

ミソの親友のジョンヒに関してはいつもナヨンを支え、笑顔で頼もしく人間的には私にはドラマの中で良い人トップでした。さらにミソの頼りない弟チャンギも支え父親ムンドまでも大好きな存在です。ジェヒョクはミソへの愛はずっと胸にしまいミソの幸せだけを願うなんて涙が出ました。何はともあれミソは様々な困難を乗り越え、ギョンスと幸せになれたのですからジェヒョクの愛も良い形で終ることが出来たのではないでしょうか。

憎しみと憎悪の韓国ドラマが多い中でも上位クラスではないかと思われる作品でした。

韓国ドラマでは凄すぎる悪役の女優さんがいますがナヨン役の”キム・ヨンジュ”さんも良い演技しますよね、今後も期待します。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー