火の鳥 (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●日テレプラス (2017/10から)再放送 字幕
●日テレプラス(2016/2から)再放送 字幕

火の鳥  全26話
2004年放送 MBC
平均視聴率 24.9% 시청률
火の鳥 BOX-I [DVD]
あらすじ

最高視聴率31.7%を記録し放送が延長された大ヒット作!!当初全16話の予定が26話に延長された作品。

社長令嬢として何不自由なく育てられたジウンは、バイトとして働く苦学生のセフンと出会う。ジウンは、セフンが絵画「火の鳥」の解説をする姿に惹かれ猛烈アタック。二人は恋人同士になる。まもなくジウンが妊娠し、親の反対を押し切って結婚するが、ジウンの流産をきっかけに、別れが訪れる。そして傷心のセフンはアメリカに留学するのだった。それから10年――。運命的な再会を果たす二人。だが、ソリングループの社長となったセフンは、ジウンの親友・ ミランと婚約。一方、ジウンはソリングループの御曹司・ジョンミンと出会い、愛を告白されていた。ジウンはセフンへの思いを断ち切り、ジョンミンの愛を受け入れようとするのだが……。

 

キャスト

イ・ソジン チャン・セフン(ウィル) ジウンの元夫、チャン社長 バイトに明け暮れる苦学生から苦労する。
イ・ウンジュ イ・ジウン 家政婦、繊維会社元社長令嬢
エリック ソ・ジョンミン ソリングループの御曹司、ソ理事
チョン・ヘヨン ユン・ミラン ジウンの友人、セフンの婚約者。金持ち。交通事故で車いすに。

イ・ユジン ナム・ポッチャ ジウンの友人、テレビ局PD、飼い犬はチャング
キム・ビョンセ キム・ホジン セフンの先輩、弁護士
イ・ギョンジン チョ・ヒョンスク ジウンの母
ハン・インス イ・サンボム ジウンの亡父
キム・ビヌ イ・ヨンウン ジウンの妹、ジョンミンに好意
パク・クニョン ソ・ムンス ジョンミンの父、会長

スタッフ /[脚本]イ・ユジン[演出]オ・ギョンフン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

●イ・ウンジュの美しさが光る作品

このドラマの見どころは何といってもイ・ウンジュです。2005年に若くして亡くなってしまいましたが、美しくて清楚で、それでいて芯の強いイメージを持っている女優さんでした。その彼女の出演作品の中でも、「火の鳥」は代表作といえると思います。イ・ウンジュを知らない方にも是非見てほしいドラマです。

主人公のジウンは、ドラマ序盤ではお金持ちの鼻持ちならないお嬢様で、共感するにも難しいキャラクターでしたが、父が亡くなってから家政婦として働く姿が本当に美しかったです。一方、セフンもジウンと別れたあと変貌しているのですが、社会的には成功をおさめていても性格は冷淡になっています。イ・ソジンはこういった、一癖あるキャラクターを演じるのが本当に上手だと思います。

セフンの婚約者のミラン役のチョン・ヘヨンの演技もすごかったです。もはやそれが愛情なのか何なのかわからないほどセフンへの執着がひどくなっていく姿を熱演していました。こういうのを「怪演」というのかなと思ったほどです。チョン・ヘヨンは「弁護士たち」に主演したり、「イタズラなKiss」ではキム・ヒョンジュンの母親役を演じていますが、やはりこの「火の鳥」のミラン役が印象に残っています。また、当時まだ演技者としては新人だったエリックの初々しい姿が見られます。

ストーリーとしては、どうしてここまでこじれてしまったのかと切ない気分になりました。ただ、周りの人間も含めてこんなに複雑な状況になってしまっても、切れない縁が二人にはあるのだと思います。
登場人物たちが生きる姿にひきこまれてしまう熱いドラマです。

teikoku_sugiさん

24歳で自ら命を絶ってしまったイ・ウンジュ主演のドラマです。イ・ウンジュが演じるジウンは裕福でワガママし放題のお嬢様。貧乏学生セフンに恋し結婚するも,結局上手くいかず離婚。そのうえ,父の死により一気に転落。その後は,ケータリングや家事手伝いの仕事をしながら必死に生きていました。そんな中,セフンと再会。忘れかけていた恋心が再燃。他にイケメン御曹司ジョンミンやセフンのフィアンセも加わりドロドロの四角関係に。セフンを演じるのはイ・ソジン,ジョンミンはエリックとイケメン二人。どっちに転んでも痛くない。羨ましいシュチエーションです。イ・ウンジュが生意気な社長令嬢から一転,生活のために働く健気な女性を見事に演じていました。もう彼女の演技は見られないかと思うと本当に残念です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー