海雲台(ヘウンデ)の恋人たち 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●2016.10.24 感想追加

海雲台(ヘウンデ)の恋人たち  全16話
2012年放送 KBS
平均視聴率 9.5% 시청률
海雲台(ヘウンデ)の恋人たち DVD-BOX <シンプルBOXシリーズ>
あらすじ

 ソウル地検のイ・テソン(キム・ガンウ)は暴力団を毛嫌いし、彼らと争うことを生き甲斐としている完璧主義のエリート検事。麻薬密売人を追ってやって来た釜山で、刺身屋「サムチョン水産」を営む、元ヤクザの親分の娘コ・ソラ(チョ・ヨジョン)と出会う。テソンはそんなソラを犯人の身内と誤解。ナメという偽名を使ってサムチョン水産の潜入捜査をはじめるが、そのさなかに犯人に海に突き落とされ、記憶を失ってしまう。その頃、テソンの新婚の妻ユン・セナ(ナム・ギュリ)は夫が交通事故で亡くなったと聞かされていた…。

 2016y08m04d_201732644
海雲台(ヘウンデ)の恋人たち 公式サイト 相関図
キャスト

キム・ガンウ イ・テソン(ナメ) (32歳)ソウル地検強力部検事。
チョ・ヨジョン コ・ソラ (27歳)サムチョン水産の実質経営者
チョン・ソグォン チェ・ジュニョク 海雲台ホテル副社長兼弁護士。独身
ナム・ギュリ ユン・セナ テソンの妻、シューズデザイナー 法務部長官の娘。

キム・ヘウン ユク・タミ(ボクジャ) 海雲台ホテルの故ヤン社長夫人。
キム・ヨンオク シム・マルニョン 海雲台ホテル社長宅の家政婦
イム・ハリョン コ・ジュンシク コ・ソラの父、海雲台ホテルの元社長
イ・ジェヨン イ・スンシン サムチョン水産副社長
パク・サンミョン プ・ヨンド サムチョン水産の最年長職員。
パク・ゴニル イ・トンベク サムチョン水産の若い職員。
ソヨン イ・グァンスン イ・スンシンの娘
キム・テヒョン カン・ミング コ・ソラに公務員と偽った結婚詐欺師。
チェ・サンフン イ・セジョ テソンの養父、法務法人代表弁護士

カン・ミンギョン ファン・ジュヒ ジュニョクの秘書、ソラとセナの友人
イム・ハリョン コ・ジュンシク ソラの父、海雲台ホテルの元社長
キム・ヨンオク シム・マルニョン 海雲台ホテル社長宅の家政婦
キム・ビョンチュン チェ・ミンシク ユク・タミの側近、常務

キム・ジヌ テソンの少年時代
チェ・ヒウォン ソラの少女時代

スタッフ / [脚本]ファン・ウンギョン[演出]ソン・ヒョンウク
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shimacyuさんの感想より

●海雲台の景色も素敵な作品です!

初め見始めた頃は地方で起きたホテルを巡る元組員同士の抗争のドラマだと思いましたが、そこに家族の繋がりも加わってきて少し複雑になり、そして温かくもなりました。

組同士の抗争というと”チング”に代表されるように駆け引きに負けた者は殺されるというイメージであまり好きではないのですが、このドラマはその部分は軽めに描かれ、ソラ(チョ・ヨジョン)のお父さんや同居するサムチョン水産の人のお陰か、人同志の絆の方が前面に出ていて嫌な感じではありませんでした。

それでも韓国ドラマのパターンである交通事故、記憶喪失、出生の秘密、偽装結婚、三角関係などはたっぷり盛り込まれていて飽きることなく最後まで見る事が出来ました。また、釜山、海雲台ののどかな町並みは争いごととは対照的に楽しめて地方の良さが伝わりました。

チョ・ヨジョンは私が見た作品ではどれも気が強い役が多く、今回も基本的には同じ感じでした。しかし、脇役ではありますがサムチョン水産の副社長、イ・スンシン役のイ・ジェヨンは悪役が圧倒的に多かったので、このドラマを見て人のいい役も出来るのだとちょっとホッとしました。

キム・ガンウの作品は今まで見た事がなかったのですが最終話が近づくにつれて魅力が全開という感じでした。エリート検事の素敵な姿を期待してドラマを見た私の友人は、そんな姿があまり見られないと嘆いていましたが十分素敵でした。

題材は軽くはありませんが、釜山の景色とキャストでコミカルに描かれていて楽しく見る事が出来ました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー