浪漫ドクターキム・サブ 7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

浪漫ドクターキム・サブ 낭만닥터_김사부 全20話

第7話 視聴率18.8%

7話あらすじ

コサン大学病院からトルダム病院へ医師たちが送り込まれてきた。キム・サブに理事長の手術をさせないようにするためのト院長の策略であった。そんな中、刃物で刺された患者が運ばれてきた。とても深い傷を負い、胸椎と腰椎の間に刃先が残っていた。そこに怪しい男が院内に現れ鎌を振り回し、ソジョンは人質に取られてしまう。

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000700/

7話感想

quetalsurinoさん

ド・ユンワン病院長の特命で、キム・サブが行う予定の手術を妨害するために送り込まれたコデ病院のスタッフと、ドルダム病院のスタッフの譲れない対立が本格的に始まった感じです。ドンジュとインボムの対立もあり、田舎の救急センターが背景ですが、事件や事故が多いので一話で扱っている内容が多いのが魅力の一つです。

ソジョンとは違い、インボムはなぜか彼女と距離を置きますが、過去のことが関係あるのでしょうか。もしかしてソジョンはユンワンの隠し子だった?など勝手に想像してしまいました。

緊急を要する患者が運ばれ手術が始まると、ソジョンを人質に取り手術室に入ってきた男性は、手術を辞めるよう求めます。求めたところでドラマは終わりました。8話で話が続くようですが、ソジョンは無事なのでしょうか。キム・サブは要求された通り、手術を中断するのでしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話 視聴率21.7%

8話あらすじ

ソジョンを人質に取り、手術の中断を訴える犯人。手術中の患者に、妻と娘が暴行されたと言う。恐怖に震えながらも同情するスタッフたち。しかしキム・サブは手術を中断する気はないときっぱり断り、手術が終わったら好きにすればいいと言う。手術後、本院からやってきた監査と精神科医に、ひどく追い込まれるキム・サブとソジョン。キム・サブは医療行為の禁止を命じられるが…

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000700/

8話感想

quetalsurinoさん

毎話スピーディで興味深い展開を続けるドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」です。

キム・サブは手術を中断することなく終わらせます。8話での緊急センターでのエピソードは悲しい内容が中心に描かれたことは、今後の話をつなげるために必要だったとは思いますが、心が重くなりました。

医師として患者を優先するキム・サブの姿勢は変わらず描かれてきましたが、彼の人間味ある姿話観られる話でした。本院からの指示でドルダム病院は監査を受けることになります。外傷後ストレス障害(PTSD)の噂があるソジョンに医療行為を任せたことを問題視するようです。これはシン会長の手術を阻止するためのユンワンの計画だと思いました。

ドンジュはソジョンを危機から救うために、シン会長を病院に呼びます。キム・サブからの入院通知だと思ったシン会長が病院を訪れますが、今後どのような展開になるのでしょうか。ソジョンはこの危機をどのように乗り越えるかが楽しみです。キム・サブは人工心臓のバッテリー交換手術の条件として、シン会長に最新の医療機器の導入を要求しましたが、無事に手術を行うことができるのでしょうか。

【豆情報】ついに視聴率が20%を超えました。2PM・チャンソンが特別出演しています。

浪漫ドクターキム・サブ 9話・10話 あらすじと感想

浪漫ドクターキム・サブ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー