河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 5話・6話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

河伯の花嫁2017 ハベクの新婦 하백의 신부 2017 全16話

第5話視聴率3.106%

quetalsurinoさん

第5話 あらすじ

ピクニックの帰り、河伯がソアの車を運転することになります。途中、ブレーキが効かないことに気づいたソアはパニックになり、助けてと叫びます。河伯は車の屋根からソアと共に脱出します。失われていたはずの神力が再び戻り、水に包まれ二人は助かります。一緒にいたナムスリも自力で脱出に成功します。

ソアの命を狙っていたのは彼女に痴漢と間違われていた男でした。ソアの車のブレーキを細工したことで逮捕されることになります。2度も命を助けられソアは河伯(ハベク)に無理な要求にも優しく接します。

ソアが助けを求めると失っていた神力を取り戻すことに気づいた河伯はナムスリに話します。車の事故はそれを試すためだったと知ったソアは、怒りながらもビリョムに行く河伯を心配して一緒に向かいます。河伯が神力を失ったことを知ったビリョムは、ムラから神の石を手に入れたら、彼も渡すと話します。しかし、ムラもビリョムと同じ返事を返し、河伯は神の石を手に入れることなく帰ることに。。。

ムラとビリョムの言動が怪しいと思った河伯は、確認のためビリョムを再び訪れます。ビリョムは一緒にいたソアを連れ去り、河伯はムラと共にそのあとを追います。ビリョムはソアに取引きを持ち掛けますが、ソアは断ります。河伯が力を失ったかの確認をするビリョムは、彼の持つ力を使ってソアを危険なめにさらします。ナムスリやムラがとめるにも拘わらず、最後の一撃を加えようとした時、河伯の「神の石を失くしたのか?」の問いに、ソアに力を使うのをやめます。

第5話 感想

第4話の最後、河伯はソアに「ごめん」と謝っていた理由が分かりました。河伯はソアの車に近づく不審な男に気づき、何が起きるかまで予知していました。失った力が戻ってくるのは、ソアが助けを求める時と気づいた河伯は、確認のためにわざとソアを危険にさらします。暴走する車からソアを連れて脱出する瞬間、水の神だけに水で守られます。

ところどころCGが登場しますが、少し不自然すぎるのが残念です。ゴン・ユが主演した「トッケビ(鬼)」では多くのCGが使われましたが、全く違和感なくドラマにはまったことを思い出すと、幼稚な感じがして完成度が低いと感じるのはラブコメだからなのでしょうか。

ビリョムとソアは以前出会っていました。二人のエピソードカードが面白かったです。ソアはビリョムからダイヤの指輪をもらっていました。友情の証として渡れたものだったようですが、ソアはこれをプロポーズの意味だと勘違いしていた様子。。。

テレビの料理番組の人気シェフの登場にときめくソアの態度が気に入らないのか、河伯は彼女のために料理を作ります。一度見るとなんでも完璧にできる河伯が料理するシーンは最高!かっこいいナム・ジュヒョクのさらにかっこよく見えました。気難しいツンデレな神、河伯(ハベク)にどんどんハマりそうです。

大司祭が話していたとするすべてを破壊できる神とは、河伯のことを指しているのでしょうか。もしもムラとビリョムが神の石を失くしたとすれば、神の石は誰の手にあるのでしょうか。漫画では神の世界の頂点に君臨する皇帝の座を巡る戦いが中心に描かれていますが、ドラマでも神の戦いが始まったようです。河伯は神の石を手に入れ無事神界に戻ることができるのでしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話視聴率3.637%

quetalsurinoさん

第6話 あらすじ

ビリョム(ゴンミョン)のひどい仕打ちを受けたソアは、ムラの車に乗ってどこかに行ってしまいます。河伯(キム・ジュヒョク)は神の石をなぜ失うことになったかの説明を後から聞くことにして、ソア(シン・チェギョン)を心配して家に戻ります。遅くなっても戻らないソアを心配し、外で彼女を待ちます。

戻ってきたソアは神のしもべとして命を落としそうになったことや、不在の父への悲しみを河伯にぶつけ、河伯は今後神の争いから彼女を守ることを約束します。行方が分からなかったソアを心配したフイェが病院を訪ねてきます。

河伯はビリョムとムラ(ジョン・スジョン)から神の石を失くした理由を聞きます。二人は争うことになり、それをとめようとしていたジュドンまで加わり、持っていた神の石が弾かれ飛んでいきます。二つはすぐに回収されたものの、ムラの石だけが遠くに飛んでしまい、それを拾いに行ったジュドンが戻ってこない。

人間界に初めて着いた時の場所に戻った河伯は、失くした地図(人間界にいる神の場所を示した)を見つけます。河伯が見つけるべきものは、失われたムラの石のみとなります。占い師をしているソアの友人から連絡を受けて行ってみると、河伯に呪文をかけた貧乏神がいました。貧乏神の呪文をとくために彼の後を追いかけますが、逃げられます。先祖が神と約束を交わすことになった理由を河伯はソアに説明します。

フイェに相続した土地を売買しようとしていたことを知った河伯は、契約書を破り、神の土地を売ることは許されないと話します。ソアにとって残された唯一の希望だった土地を売ることができないと分かったソアは失望します。フイェに電話をして約束するソアは、向かってくるトラックに気づかず、トラックが近づくのに気づいた河伯が何度も彼女の名前を呼びますが、彼女はひかれてしまいます。河伯が事故の場所に向かうと彼女の姿は消えていました。

第6話 感想

ツンデレな河伯が人間界に慣れていく様子が面白いです。さりげない河伯とのコンタクトにもソワソワするソアですが、彼女にとって河伯はすでに大きな存在になっているようです。一緒に写真を撮るエピソードでは河伯もソアを意識し始めた感じで、二人が交わす視線にドキドキが止まりません。

河伯と同居を始めて彼女が感じた安心感や安らぎを語るソアに、複雑な感情になる河伯ですが、すでに彼の恋は始まっているのではないでしょうか。ただ、ソアに感じる感情が神のしもべへの配慮だと勘違いしている様子。河伯はいつどのように彼女への恋に気づくのでしょうか。オリジナルの漫画のファンとしては、ドラマにガッカリする部分がありましたが、ドラマ単体で考えると水の神役の河伯(ナム・ジュヒョク)のキャラクターにも慣れ、好きになっていきます。

ソアの先祖が神を怒らせ、神のしもべになった理由が明らかになりました。話はさかのぼり1200年前のソアの先祖が登場します。身を投げた少女を可哀そうに思い助け水の国に住まわせますが、人間界にいる父を恋しがる彼女を人間界に帰らせると、人間界の王と結婚して水の国に戻らなかったことが、神を怒らせた理由だったようです。

この話はおなじみの韓国の童話、「沈清伝(シムチョンジョン)」ですが、ソアの母方の先祖が身を投げた少女だったのでしょうか。原作の漫画ではソアが死を迎えて終わります。番外編で、ソアの生まれ変わりを待った河伯が、数千年が経った現在生まれ変わったソアに会いに来る短いエピソードが描かれました。神を裏切った罰として交わされた約束だとすれば、裏切られた神は河伯?裏切った少女の生まれ変わりはソア?なのでしょうか。これはあくまでも個人的な予想なので、ドラマではもっとオリジナリティのある展開を期待したいと思います。

最後にトラックにひかれたはずのソアの姿が消えます。彼女はどこに消えてしまったのでしょうか。

【豆知識】オリジナルサウンドトラックKassyの「The Day I Dream」が新たに発表されました。切ないメロディーがドラマのイメージとピッタリです。

 

河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 7話・8話 あらすじと感想

河伯の花嫁2017 (ハベクの新婦) 視聴率 あらすじ キャスト 感想  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー