河伯の花嫁2017 (ハベクの新婦) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●【日本初放送】Mnet(2017/9/22から)9/3に第1話先行放送 金・土曜日22時から 字幕
●韓国放送2017年7月3日~ tvNの月火ドラマ 22時50分~

●2017.8.29 作品感想追加

河伯の花嫁2017 ハベクの新婦 하백의 신부 2017  全16話
2017年放送 
平均視聴率 % 시청률
 2017y06m28d_105452700
tvN 河伯の花嫁2017 하백의 신부 2017 公式サイト
あらすじ

原作は漫画「河伯の花嫁」をもとに新しく誕生させたロマンチックなファンタジー・コメディドラマ。

人間界に来た水の神、河伯(ハベク:ナム・ジュヒョク) と、子々孫々神のしもべとして生きた運命だったが、究極の現実主義者のフリをする女医のソア(シン・セギョン) による“シン(神)・ファタ―ル(致命的な魅力の神)”コミックファンタジーロマンス。ファンタジー、ロマンス、コメディ、スリラー、ミステリーなどいろいろな要素を組み込んでおり、tvNドラマ「河伯の花嫁2017」は、原作の漫画をスピンオフバージョンで企画されていて原作とは違い現代劇となっており、新しい設定と話になっている。

キャスト

ナム・ジュヒョク 河伯 ハベク 人間界に来た水の神

シン・セギョン ソア 究極の現実主義者のフリをする女医

f(x) クリスタル ムラ 人間界に派遣された神界・水国の管理神

5urprise コンミョン ビリョム 人間界に派遣された天国の管理神 ビリョム

イム・ジュファン ベリーワンリゾートの代表フイェ

スタッフ /演出:キム・ビョンス、脚本:チョン・ユンジョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

quetalsurinoさん

 

河伯の花嫁2017 (ハベクの新婦) 1話・2話 あらすじと感想
河伯の花嫁2017 (ハベクの新婦)  3話・4話 あらすじと感想
河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 5話・6話 あらすじと感想
河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 7話・8話 あらすじと感想
河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 9話・10話 あらすじと感想
河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 11話・12話 あらすじと感想
河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 13話・14話 あらすじと感想
河伯の花嫁2017(ハベクの新婦) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

ナム・ジュヒョク 남주혁 河伯 ハベク役
2017y06m28d_112329311
出典:http://program.tving.com/
生年月日: 1994年 2月 22日 身長: 188cm
力道妖精キム・ボクジュ(2016-MBC) チョン・ジュンヒョン ボクジュの元同級生、水泳選手
麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~(2016/SBS) ワン・ウク(王郁) 高麗第13皇子
恋はチーズ・イン・ザ・トラップ(2016/tvN) クォン・ウンテク ボラの彼氏、経営学科2年
恋するジェネレーション (2015/KBS) ハン・イアン セガン高校2年3組、ウンビョルの幼なじみ、水泳部

 

シン・セギョン 신세경 ソア役
 2017y06m28d_112813011
 出典:http://news.mtn.co.kr
生年月日 1990年7月29日生まれ 身長164cm 8歳でモデルデビュー。『名家の娘ソヒ』で主人公ソヒの少女期役にオーディションで選出され出演
匂いを見る少女 (2015年、SBS) 主演 オ・チョリム(チェ・ウンソル)役
アイアンマン (2014年、KBS) 主演 ソン・セドン役
男が愛する時 (2013年、MBC) 主演 ソ・ミド役
ファッション王 (2012年、SBS) 主演 イ・ガヨン役
根の深い木 (2011年、SBS) 主演 ソイ役
明日に向かってハイキック (2009年 MBC) 主演 シン・セギョン役
受賞歴
2011年 第12回 大韓民国映像大賞 フォトジェニック賞 テレビ俳優部門
2011年 SBS演技大賞 「ドラマスペシャル」部門 女性優秀賞
2013年 MBC演技大賞 ミニシリーズ部門 女性優秀演技賞
2015年SBS演技大賞 長編ドラマ部門女性優秀演技賞 ベストカップル賞(with アイン )

 

quetalsurinoさん

 

●神に恋をしたヒロインの恋は?予想外の結末に幸せな気持ちになる作品!

ナム・ジュヒョクとシン・セギョンが主演を務めるロマンスドラマ。原作の漫画をスピンオフしドラマ化したことから、ファンタジーロマンスドラマが大好きな方には是非ご覧になっていただきたい作品です。

「六龍が飛ぶ」と「匂いを見る少女」に出演したシン・セギョンがヒロインを演じると知り、放送前から楽しみしていました。「明日に向かってハイキック」に出演した時から、可愛いとは思っていましたが、「河伯(ハベク)の新婦」ではキレイでナム・ジュヒョクとのケミカル(相性)も最高でした。

「恋するジェネレーション(Who Are You 学校2015)」や前作の「力道妖精キム・ボクジュ」で見せたナム・ジュヒョクのイメージは共通して、明るく優しい役でした。「河伯(ハベク)の新婦」では、ツンデレな神を演じています。最高の神としてのプライドを持つ河伯(ハベク)が、人間かに来ることで起きるハプニングがとても面白いです。人間界に慣れていく河伯の姿がとてもカッコよく、ナム・ジュヒョクのファンには最高に魅力的な作品だったと感じました。

シン・セギョン以外で、アイドル出身のビクトリア(ジョン・スジョン)が女神として登場し、空の神としてはコン・ミョンが登場します。コン・ミョンはそれほどなじみのない俳優でしたが、このドラマでは強い印象を残しました。

水神のハベクと人間ソアのロマンスにドキドキがとまりません。原作の漫画をご存知の方は、ドラマとの相違点などを比較して楽しめることができます。全くご存知のない方でも楽しめます。二人のハッピーエンドを願って最後まで目が離せません。

2017年、ナム・ジュヒョクが演じた最高のロマンスドラマです!!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー