最高の恋人(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS11(2017/11/15から)オリジナルは全116話。月~金曜日10時から 字幕
●KNTV(2017/2/13から)集中再放送 月~金曜日深夜28時から
●KNTV(2016/8/15から) 月~金曜日12時から 字幕
●2016.9.8 感想追加

最高の恋人  全116話
2015年放送 MBC
平均視聴率 8.61% 시청률
 最高の恋人DVD-BOX1
最高の恋人 최고의 연인 公式サイト
あらすじ

母と娘の人生を通じて、この時代の未婚女性、離婚女性、再婚女性の悩みや葛藤をリアルに表現し、主人公と周囲の人々の話を通じて温かな家族愛を込めたドラマ。

 ファッションデザイナーを夢見て、ブティックで見習いをしているアルム(カン・ミンギョン)は、同じ夢を目指す恋人ヨングァン(カン・テオ)からプロポーズを受け、幸せいっぱい。同じ頃、女手ひとつで育ててくれた母ボべ(ハ・ヒラ)にも再婚話が持ち上がり、家族は祝福モードに包まれていた。ところが、ボべに求婚したのは、ヨングァンの父。ひとりその事実を知り衝撃を受けたアルムは、母のために身を引くことを決意。偶然、出会ったガンホ(クァク・ヒソン)に恋人のふりを頼み、ヨングァンを冷たく突き放すのだった……。
実はガンホはファッション業界大手企業の御曹司で、アルムの師匠の娘セラン(キム・ユミ)の婚約者だった。何かにつけてアルムをライバル視するセランは、アルムとガンホの仲を誤解し、ますます憎悪を募らせる。

 2016y08m04d_093740207
KNTV 最高の恋人 相関図
キャスト

カン・ミンギョン(Davichi) ハン・アルム役 コ・フンジャ ブティックの見習い生

カン・テオ(5urprise) チェ・ヨングァン役 アルムの恋人。コ・フンジャ ブティックに入社

クァク・ヒソン(EDEN) ペク・ガンホ役 ドリームファッションの本部長。養子というコンプレックスがある。

ハ・ヒラ ナ・ボベ役 ジャズシンガー

チョ・アン ハン・アジョン役 ラジオDJ・キャリアウーマン。弁護士の夫が若い女性と不倫で悩む。

チョン・チャン チェ・ギュチャン-役 夜の舞台に立つボべに一目ぼれし、求婚。

キム・ユミ ン・セラン役 母のブティックに所属するデザイナー。

スタッフ /脚本:ソ・ヒョンジュ 演出:チェ・チャンウク
コメントにて随時感想募集中です。


最低視聴率 6.7% 第3回  最高視聴率10.9% 第78回

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
marikoさんの感想より

●いろんな要素が詰まったドラマ!

Davichiのミンギョンが主演のこのドラマ。最初は恋のお話だったのですが、だんだん父親の殺人事件に関する謎解きと復讐になっていきました。主人公アルムも、最初は若くて無邪気な女の子だったのですが、最後は酸いも苦いも噛み分けたような大人の女性に…。アルムが経験したことを思えば、それほど変化して当然なのですけどね。

最初は「歌手のミンギョンがどれだけ演技ができるんだろう?」と疑う気持ちもあったのですが、無邪気な女の子から影のある女性まで、上手く演じていたと思います。

このドラマの一つの見どころは、親同士が恋愛していて、その子ども同士も恋愛しているという点だったのですが、それは韓国では(日本でも?)絶対許されないこと。母親の幸せを願って身を引こうとするアルムの健気さに泣けました。そんなアルムに対して、相手のヨングァンは最後まで恋路を貫こうとするのですが、そんなしつこいヨングァンに「アルムがこんなに頑張って忘れようとしているのに!」と、イライラする時もあるくらいでした。(笑)

ヨングァンとの恋愛がうまくいかなくなった時に登場したのがガンホ!このガンホがすごくスマートで包容力のある男で、本当にカッコよかったです!

ストーリーはアルムの父親の殺人事件の復讐に入ってくると、雰囲気はどんどん暗くなっていきます。犯人は捕まらないように、アルムや家族に酷い仕打ちを次々と仕掛けてくるのですが、それが本当に酷くて…。アルムの性格がどんどん変わっていくのも納得、という感じです。

でも、どんな時もアルムを背後で支えてくれるガンホの存在が、ストーリーが辛い時の心の支えでした!ガンホを演じたクァク・ヒソンさんはこのドラマで初めて見たのですが、かなりのイケメンだしこのドラマで人気が出たのではないでしょうか?

いろんなストーリー要素が詰まったこのドラマ。飽きることがなかったのでお勧めです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー