明日もスンリ 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●衛星劇場(2017/10/11から)集中再放送 字幕
●2016.10.23 感想追加

明日もスンリ  내일도 승리 全130話
2015年放送 
平均視聴率 14.6% 시청률 MBC
 2016y05m03d_153327202
明日もスンリ 내일도 승리 MBC 公式サイト
衛星劇場 明日もスンリ
あらすじ

ハン・スンリは三代続く実家の“テソン醤油”を継ぐため、会社を辞めて父テソンと働いていた。昔からの製法にこだわりながら新商品開発に精力的な父。そんな父をお人よしと思う母チョヒ。記者として働く長女セリと4人で暮している。裕福ではないが幸せに暮していたスンリは、婚約者ソヌがアメリカ勤務を終え帰ってくるのを待っていた…。

キャスト

チョン・ソミン ハン・スンリ 役
女、32歳。食品栄養学専攻。明るい性格。

ソン・ウォングン  ナ・ホンジュ役
男、34歳。前科がある元医師。多くのセレブ妻をだます詐欺師。出生の秘密がある。

ユ・ホリン  ソ・ジェギョン役
女、31歳。ヒョンジングループの一人娘。ヒョンジン食品のチーム長。お嬢様で利己主義だが愛は純粋。

チェ・フィリップ チャ・ソヌ役
男、35歳。会計法務法人に勤める会計士。 ハン・スンリの元恋人。地方大学に入り首席で卒業

ボールチョフイ ( イ・ウンギョン ):スンリとセリの母
ハンテソン( ジョンインテク ):スンリとセリの父、小規模の醤油会社(テソン醤油)運営
ハンセリー ( イ・ジヒョン ):テソンとチョフイの長女、スンリの姉。 オンライン新聞社記者

パクボクスン(イジュシル):ホンジュウイ祖母
ヤプラム(イ・ハンソ):ホンジュウイ娘

・・・(イサンスク):ソヌ、ジヌの母
チェジヌ(キム・ミンチョル):ソヌの弟。オンライン新聞社記者

ソドンチョン(ハン・ジンヒ):ソ・ジェギョンの父。ソドングループ会長。
チヨンソン(イ・ボヒ):妻。ソ・ジェギョンの母。

 

スタッフ 演出:チョン・ジイン オ・スンヨル 脚本:ホン・スンヒ
コメントにて随時感想募集中です。

●本来120部作だったが人気の為10回延長され、全130回になった

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
sprx7nw9さんの感想より

スンリが酷い目にあっても、負けてないところが気持ち良かった

ヒロインのチェ ソンミは、今回初めて見る女優さんでした。美形で清純なイメージ、日本人にも好かれるタイプで好感もてました。

役名のスンリが勝利の意味もあるからか、どんなに酷い目にあっても、負けてないところが気持ち良かったです。意地悪な上司に、思い切り言い返し、反撃するのです。その上司役のユ ホリンは、別ドラマでも、目ヂカラで威嚇する意地悪役でした。その夫役のチェ フリップは、「スターの恋人」でチェ ジウと共演していた時は、爽やかで、あのヨン様に似てたので、印象に残っていましたが、今回は凄く悪い奴です。スンリを捨てて、社長令嬢と結婚、野望丸出しで、見ていて嫌いになっていました。

スンリの恋人、ソ ウォグンは、娘と祖母を養う為に、悪い事もしていながら、実は御曹子で、優秀な医師だった役には、体育会系でイメージが違う気がしました。でも、イクメンで、おばあちゃんにも優しくて素敵です。祖母役の方は「ごめん愛してる」の食堂のおばちゃん役で、印象的な場面に出ていた女優さんです。可愛いおばちゃんで、感激しました。

このドラマは、醤油作りにまつわる、両家の戦い。出世の秘密など、困難が繰り返し起きて、毎回ハラハラしながら、あっという間に130話を見てしまいそうです。典型的な韓流ですが、飽きせない筋書き、若手から、脇を固める演技力のある俳優陣の賜物だと思います。深刻な場面も、善人と悪人が、分かりやすく、欲望と正義を伝えてくれて、楽しく見ていけるドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー