推理の女王 5話・6話 あらすじと感想 視聴率 イ・ウォングン (ホン・ジュンオ役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

推理の女王 추리의 여왕 공식사이트 全16話

韓国KBS2 2017年4月5日放送スタート  放送日&時間:(水・木)22:00~

第5話視聴率 7.7%

quetalsurinoさん

第5話あらすじ

強盗を装った殺人事件を解決すると決めたソルオク(チェ・ガンヒ)はワンスン(クォン・サンウ)の側から離れず、これまで集めた情報をもとに事件の真相を推理します。ソルオクの夫は帰りの遅い妻を心配し携帯に連絡し続けますが、ワンスンから時間の制限付きで捜査が許されたソルオクは、携帯電話を警察署の警官に預けたまま、亡くなった妻の夫の殺害を証明するためにアリバイ崩しに専念します。

ソルオクから携帯電話を預かった警官がうっかり、ソルオクの夫からの電話に出てしまい、彼女が警察署にいることがばれてしまいます。ソルオクは殺害された妻の犯行が夜の11時半から1時までの間に行われたため、犯人が夫であると推測します。夫のアリバイを崩すため、該当する時間にいたとされるコンビニの監視カメラの映像を入手します。夫は一緒にお酒を呑んでいたとされる友人が眠ってしまった際、コンビニでビールを購入した後、妻を殺害し友人とお酒を呑んでいた場所に戻り、時計の時間を戻していたことを推測します。実際に時計から夫の指紋が検出され、夫が犯行を自供するようソルオクとワンスンの取り調べが始まり、ソルオクの追求し冷静を失った夫が犯行を自供します。

ワンスンが決めた時間内に事件を解決したソルオクが帰宅を急ごうとすると、彼女を心配した夫、キム・ホチョルがソルオクを迎えに警察署に現れ困ったソルオクのためにワンスンが一肌脱ぎます。

事件が解決したと安心するソルオクは、警察署の外にいる殺害された女性の義理の父を目撃し、何かが気になったのか警察署に戻ります。検死結果、亡くなった妻の死亡推定時刻は午前3時。息子の犯行を隠そうと死体を川に捨てた父と母でしたが、嫁が生きていることに気づきながらも、孫のために冷たい川に嫁を生きたまま捨てたのが、事件の真相でした。

夫が犯人と断定していたソルオクは、自分の推理が間違っていたことで殺人犯ではない夫が逮捕される結果になったことに苦しみ、探偵ごっこをやめ主婦に日常に戻る決心をします。

第5話感想

ついに事件が解決しました。犯人は死亡した女性の義理の父でした。義理の父の自供通り、嫁を殺害していたのは事実でしたが、そのわけや真相が明らかになりホットしたというよりは、暗い気持ちになりました。孫のためとは言え、生きている嫁を犠牲にしたことになるため、孫には一生傷として残るのではないでしょうか。

第5話でも持ち前の明るさと事件解決に向け体を張るソルオクの様子がユーモラスに描かれまましたが、真犯人が義理の父だったことをしったソルオクが過去をフラッシュバックするシーンから、ソルオクの両親が亡くなった過去が少し描かれましたが、まだまだ明らかになっていない部分が多く残ります。ワンスンにも悲しい過去があるようで、第5話では二人の過去に起こった出来事が今後、ドラマの展開にどのように影響を与えるかが興味深いです。ソルオクに対するワンスンの態度が変わりつつあり、探偵ごっこを辞める決心をしたソルオクがどのようにして再びワンスンと共に事件を解決していくかが楽しみです。

これまでずっと気になっていたソルオクの夫であり、ワンスンが嫌う検事のキム・ホチョルが初めて登場しました。ソルオクの様子から、酷いタイプの夫をイメージしていましたが、意外にもソルオクを心配する優しい面が描かれ、想像していた人物像とは違ったのが意外でした。ただ、ソルオクに見せない裏の顔を持つキャラクターの可能性もあると思いました。

非協力的なワンスンは構い無しに婚約パーティを計画するチョン・ジウォンにかかってきた一本の電話。相手はワンスンが初めてソルオクと出会うきっかけになったコインロッカー事件の際に逮捕されたチャン・ドチャンでした。チョン・ジウォンが働くローファームの代表宛に伝言を残すチャン・ドチャンは何者なのでしょう。

麻薬取締りでワンスンに逮捕されたチャン・ドチャンが窃盗の罪で起訴されたことを知ったワンスンの怒りは頂点に達し、キム・ホチョルとギクシャクする姿をソルオクが目撃して第5話が終わりました。やはりキム・ホチョルはローファーム「ハ&ジョン」に協力し、チャン・ドチャンの罪を軽くすることになるのでしょうか。次の話が楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話視聴率 10.9%

quetalsurinoさん

第6話あらすじ

ユ・ソルオク(チェ・ガンヒ)の夫で検事のキム・ホチョルはローファーム「ハ&ジョン」からの依頼で、チャン・ドチャンの事件を担当することになります。同じ頃、ワンスン(クォン・サンウ)が所属していた部署が別の部署と一つになる話が持ち上がり、チャン・ドチャンが麻薬取引ではなく、窃盗罪として起訴されることにあると知ったワンスンは、キム・ホチョルに直談判することに。夫のキム・ホチョルに声をあげるワンスンをソルオクが慌ててとめます。

ホン・ジュンオ(イ・ウォングン)はソルオクと連絡が取れず彼女を心配し始めますが、次第にワンスンのせいで彼女が連絡を避けていると思ったジュンオは、先輩のワンスンにいらだちます。ワンスンも殺人事件解決後、連絡の取れないソルオクを気にし始めます。

チャン・ドチャンを単純な窃盗罪にさせたくないワンスンは、殺人未遂としてチャン・ドチャンを起訴することを思いつき、ソルオクに目撃者及び被害者として証言してもらえるために、彼女とコンタクトを取ることにします。しかし、ソルオクに会いに行く途中、何者かに拉致されます。ワンスンを拉致したのは、婚約を控えたジョン・ジウォンでした。ワンスンは準備された婚約パーティから逃げだしソルオクに会いに行きます。

一方、義理の妹、キム・ホスンが家出したことに気づいたソルオクは、彼女を探すためにワンスンの力を借りることになります。ホスンの行先が空港だとしり、ワンスンと共に急いでその後を追います。事件への関与や推理は一切立つと決めたソルオクは、義理の妹を探すため再び推理を繰り広げることになります。

空港の監視カメラで義理の妹の姿を見つけたソルオクは、家出ではなく義理の妹が拉致されると推理します。

第6話感想

ワンスンはローファーム「ハ&ジョン」の代表ハ・ジェホの息子でした。巨大弁護士事務所の代表の息子が刑事とは、意外です。ワンスンの過去に登場した女性の事件がきっかけで刑事になったのでしょうか。婚約パーティのタキシード姿で会場から逃げ出す姿が、これまで見せた刑事のワンスンとは違い、カッコよかったです。

ワンスンが義理の妹探しに手を貸す理由があることに気づかないソルオクは、ためらいもなくワンスンになんでも協力すると約束することに。今後チャン・ドチャンの事件の目撃者として証言を求めることになるのでしょう。事件を担当するキム・ホチョルと対立することになるのでしょうか。ソルオクにとって、どれほど家族が大切な存在なのかが理解できるシーンが登場したので、今後ソルオクにとって難しい選択を迫られることになりそうです。

両親を亡くしたソルオクを引き取ったのが、夫キム・ホチョルの母でした。ソルオクの母の友人だったことから、身寄りのないソルオクを引き取り家族として受け入れます。その後、ホチョルと結婚することになったようです。ソルオクにとって家族が特別な存在な理由に納得です。

ソルオクの過去の回想シーンでは、家族への思いが伝わり切ない気持ちになりましたが、家出した妹を探すためのワンスンの推理シーンはやはり笑えるシーンが多かったです。笑いあり、感動ありであっという間にドラマが終わった感じでした。

義理の妹はソルオクの推理通り、拉致されることになるのでしょうか。キム・ホスンが家にあった貴金属を持って、周囲に借金をしてまで家を出た特別な理由があるのでしょうか。空港に向かったにもかかわらず、飛行機に乗ることなくそのまま空港を後に歩く姿が映されました。そんな彼女を見つめる男性の姿があり、疑問を多く残し第6話が終わりました。次の話が楽しみです。

 

【豆情報】チェ・ガンヒファッションが注目されているようです。チェックのスカートはLucky Chouette(第6話)

 

イ・ウォングン 이 원근 派出所長のホン・ジュンオ役
2017y04m04d_125306075
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日: 1991年 6月 27日 身長/体重: 183cm, 66kg タレント、俳優、モデル。「太陽を抱く月」のオーディションで見事合格し俳優デビュー
グッドワイフ(2016)イ・ジュノ ローファームMJの新人弁護士
チアアップ!(2015)キム・ヨル 応援部「白虎」部長
太陽を抱く月(2012)ウンの少年時代

 

推理の女王 7話・8話 あらすじと感想 視聴率

推理の女王 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー