推理の女王 13話・14話 あらすじと感想 視聴率

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

推理の女王 추리의 여왕 공식사이트 全16話

韓国KBS2 2017年4月5日放送スタート  放送日&時間:(水・木)22:00~

第13話視聴率 8.7%

quetalsurinoさん

第13話あらすじ

ガムテープ殺人事件の犯人を追って現れたウ警部は、逮捕するよりも犯人に殺意を抱いたのか、銃を向けます。ウ警部は長期にわたりこの事件に執着した理由は、事件を調査していた同僚が過労死していたからでした。ワンスン(クォン・サンウ)はウ警部を止めるため、犯人の肩を狙い発砲し、逮捕し事件は解決します。

ソルオク(チェ・ガンヒ)は日常に戻ります。ソルオクの義理の母が外出したある日、突然目の前で老人が倒れ、救急車を呼びます。事件を担当し調査していたワンスン及びジュンオは、農薬が混入されたドリンクを老人が飲んだとわかり、調査を進めますが手がかりがなく、ジュンオは再びソルオクに協力を求めます。

ためらうソルオクですが、農薬入りドリンクが入っていた瓶から、ソルオクの義理の母の指紋が出たことから、容疑者として逮捕されることになります。家族が事件の容疑者になったことから、ソルオクの推理が再び始まります。混入された農薬は、義理の母パク・ギョンスクが花壇にまいたのと同じもので、その際に手袋をつけていました。ソルオクは使った手袋を花壇のわきに置いたことを知り、犯人はギョンスクが仲良くしている仲間のうちの一人と推理します。

第13話感想

ワンスンがチャン・ドチャンを追う理由は、過去の彼女と関係があるようです。弁護士のチョン・ジウォンも彼女の死とチャン・ドチャンが関係あると知っている様子ですが、ワンスンはなぜかいまだ彼女がどこかに行けていると信じている様子です。いったい過去に何があったのでしょうか。ジウォンの兄は、ジウォンとワンスンの会話を盗聴していました。ワンスンを盗聴する理由が気になりますが、過去の彼女の事件は今後解決することになるのでしょうか。

ホチョルに浮気の疑惑が!!ソルオクの夫が女性に洋服をプレゼントするシーンがあり、外泊する様子が描かれました。ホチョルはソルオクを裏切って浮気しているのでしょうか。事件への関与をやめ、日常生活に戻ったソルオクは、再び起きた事件で推理を広げることになりました。容疑をかけられたのが義理の母で、義理の妹に続き、ソルオクの周りで事件が起きすぎている気がします。解決した事件が凶悪な連続殺人だったので、新たな事件のエピソードは軽犯罪のような感覚になりましたが、よく考えると身近な人物によって起こされた事件なので、観終わってから怖い話だと思いました。

農薬を入れたドリンクで毒殺された老人の事件は、実際に起きた事件をモチーフにしています。田舎の村で起きた事件で、日ごろ顔を合わせる仲間で同じ村にする老人が犯人だったのことで衝撃を与えた事件でした。ソルオクが、一番身近にいる夫の浮気に気づかない理由は、彼を心底信じているからなのでしょうか。ホチョルと若い女性の関係も気になる中、最終話まで残すところ3話のみとなりました

ソルオクは推理の結果、犯人が誰かに気づいた様子。果たして犯人は誰なのでしょうか。また、ホチョルが浮気しているとすれば、これまで鋭い観察力で事件を解決していた。最終話に向けて、ワンスンの彼女の事件など、どのように解決していくかが楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第14話視聴率 8.2%

quetalsurinoさん

第14話あらすじ

ソルオク(チェ・ガンヒ)は農薬入りドリンク事件の犯人を見つけ出します。実際にドリンクを飲んで倒れた人物は、犯人がターゲットにしていた人ではなく、偶然ドリンクが替えられたことで、別の人が飲んでしまいます。犯人がキョンスクに罪を着せようとした理由は、ソルオクとギョンスクの仲が羨ましいからでした。

ワンスン(クォン・サンウ)の力になりたいジウォンは、一人でチャン・ドチャンとコンタクトをとることになりますが、不安になったのかワンスンに連絡。ジウォンの不安通り、彼女は約束の場所で突進してくる不信な車のせいで怪我をします。駆け付けたワンスンに、17年前ソ・ヒョンスが殺害された事件に関連するファイルを渡します。ヒョンスの殺害容疑をかけられたタクシー運転手の夫婦が自殺していました。この自殺した夫婦がソルオクの両親でした。

ホスンが勝手に傘を使い壊してしまいます。修理に出した傘がノーベリティと知ったソルオクですが、ホチョルは急いでワンピースを購入し、ソルオクにプレゼントします。偶然、夫婦同伴のパーティの案内状を発見したソルオクは、新しいワンピースを着てパーティに向かいます。会場でホチョルを見たソルオクは驚きのあまり、隠れてしまいます。その理由は、夫の隣にいた女性が同じワンピース姿だったからでした。

会場を逃げるように飛び出したソルオクを慰めるワンスンに、チャン・ドチャンから電話がかかってきます。怯えた声のチャン・ドチャンに会うために移動するワンスン。待ち合わせの場所に到着したワンスンは、チャン・ドチャンの死体を発見し、駆け付けた警察によりワンスンは殺害容疑で逮捕されます。

第14話感想

ワンスンが17年間追っていたソ・ヒョンスの事件が、ソルオクと関係があることは分かりました。ヒョンスを殺害したと疑われたタクシー運転手がソルオクの亡くなった父でした。ソルオクは、両親が自殺していないと強く信じていたことを思い浮かべると、やはりソルオクの両親は誰かに殺害されたのでしょうか。タクシー運転手からかかってきた電話のことを思い出したワンスン。ワンスンもタクシー運転手が犯人でないと思っているようです。ただ、まだタクシー運転手がソルオクの父であることに気づかない様子です。
自由になったチャン・ドチャンは何かに怯えて、一番安全な場所は拘置所だと思ったようで、ワンスンに17年前の事件を自供し、逮捕されることを望みます。チャン・ドチャンは17年前、キム室長からヒョンスを拉致するよう命じられ、拉致はしたものの殺害はしていないと話します。何度かうしろ姿が映された人物がいましたが、もしかしてキム室長は同一人物なのでしょうか。

チャン・ドチャンが殺害された現場で、ワンスンが現れるのを待っていたかのように姿を見せた警察。その姿にワンスンは罠にはめられたことに気づきます。ワンスンを罠にかけたのは、ワンスンの父なのでしょうか。何か過去の秘密がチャン・ドチャンの死と関係あるのでしょうか。17年前の事件の解決が、ソルオクの両親の死の真相を明かすことになりそうです。

ソルオクがパーティ会場を去った後、彼女を心配したのかソルオクに優しく振る舞うワンスン。ワンスンはソルオクに特別な感情を持ち始めたのでしょうか。二人の関係に明るい未来があることを願いたいです。

【豆情報】ドラマロケ地の一つ、大田大学(テジョン大学)。韓国映画のロケ地として人気を集めている場所。

推理の女王 15話・16話(最終話) あらすじと感想 視聴率

推理の女王 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー