指輪の女王 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

『三色のファンタジー 第3弾 指輪の女王』全6話 MBC版

第3話 あらすじ

ナニの友達、美しいカン・ミジュがパリから帰国します。ナニに赤い手帳の行方を尋ね、ナニの自宅にあることを知って安心するミジュ。

半年前、ミジュはセゴンと出会っていました。赤い手帳にはセゴンがそのときミジュに渡した携帯番号のメモが挟んでありました。

指輪をはめていないナニは、セゴンと美しいナニとのデートの予行演習をします。もう自分には連絡するなと言うナニの言葉に、何故かさびしい気持ちになるセゴン。

並んで話すナニとミジュの姿は、セゴンには同じ人物が二人いるようにしか見えていません。

ミジュはセゴンの携帯に連絡しますが、指輪をしたナニと一緒にいるセゴンは出ようとしません。

セゴンと過ごす時間を重ねるナニ。これまで異性に大切に扱われず傷ついてきましたが、「この指輪があればこんな簡単なことだったのね」と喜びます。

ナムサンで出会った女性から、セゴンに繰り返し連絡が入ることに焦ったナニは、セゴンが電話に出ようとするのを止めるためにキスします。

第3話 感想

美しい友達、ミジュが登場しました。ナニとミジュは仲が良さそうでいて、ちょっと複雑な関係のようです。ミジュはパリで何があったのでしょうか?半年前に出会ったセゴンへのアプローチは果たして成功するのでしょうか。

ミジュ役のユン・ソヒは、「君を守りたい」のダイン役のときは服装もわりとおとなしめで、素朴な感じでした。ミジュは自分の美しさを良く分かっていてアピールも上手で、全く違うキャラクターのようですね。

指輪をしていないナニが、セゴンと一緒にいるときに道端でりんごを買ったシーンが印象に残りました。見た目のよくないりんごを選んだからと、おばさんがおまけしてくれようとしましたが、ナニは断ります。その心情が切なかったです。セゴンは、自分の気持ちを正直に語るナニに惹かれている部分もありそうです。

セゴンと付き合うことになったナニですが、セゴンがナムサンで出会った相手がミジュであることには、まだ気づいていません。ミジュとセゴンが接触したら、どうなってしまうのでしょうか?どんな展開が待っているのか気になります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話 あらすじ

不意に写真を撮られ、ナニは慌てますが、美しい姿で写っているのを見てひと安心します。セゴンとナニが付き合っていることを知り、驚く周囲の人たち。

セゴンは、ファッションショーで賞を取って、7年ぶりに会う母親に見せたいと話します。

セゴンの目には、自分がどんな姿に見えているのか気になるナニは、自分の絵を描いてくれるように頼みます。セゴンが描いた絵を見て、ナニはセゴンがナムサン公園で出会ったのがミジュであることを知り、セゴンとミジュが顔を合わせるのを阻止しようと必死になります。

テヒョンに頼まれていたバイト先に、セゴンを連れて向かったナニ。誤ってプールに落ちたとき、ナニの指から絶対指輪が外れてしまいます。ナニを助けようとしたセゴンは、水の中で元の姿のナニを見て、混乱します。

ナニはテヒョンに真実を話し、指輪を探してくれるように頼みます。

一方、ナニと仲直りをしたいミジュは、テヒョンからナニと一緒にいることを聞いてバイト先にやって来ます。

第4話 感想

セゴンと付き合っていることに有頂天になるナニでしたが、楽しい時間は長く続きませんでした。セゴンとミジュを会わせないために、消火器まで持ち出したのにはビックリです。

この絶対指輪は一つしかなくて、今のところお母さんとナニが共有しています。もしなくなってしまうと、ナニだけでなくお母さんも困ることになってしまいます。でも、意外とお父さんはお母さんの本当の姿を知っている、というオチがありそうな気もしています。

セゴンは久しぶりに会う母親を、どんなふうに迎えたらいいのか悩んでいました。セゴンのコンプレックスは、母親が何か関係しているものなのでしょうか。

ミジュとナニはそれぞれ自分にないものを相手が持っていて、お互いにうらやましく思っているようです。ナニとミジュ、セゴンが鉢合わせしたところで4話が終わっていました。ナニがミジュの姿でセゴンに接していることを知ったら、ミジュはどんな態度に出るのか、ドキドキしてしまいます。

【豆情報】撮影場所 (テヒョンとナニのバイト先) 江原道洪川郡 ソットボーチェ

 

指輪の女王 5話・6話(最終話) あらすじと感想

 

三色のファンタジー 第3弾 指輪の女王 視聴率 あらすじ キャスト
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー