我が家に住む男 5話・6話・7話 あらすじと感想 シン・セフィ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

我が家に住む男 全16話

quetalsurinoさん

第5話あらすじ

タダ金融を後に意識を失ったナンギルナリは心配します。回想シーンでこれまでのナンギルとナリの母ジョンイムとの関係が描かれます。ナンギルは児童養護施設で育ち、ボランティアをしていたジョンイムと知り合い、母のようにしたっていました。タダ金融のぺ・ビョンウに養子としてもらわれた後は裏社会で生きてきたようです。養子になりナリや母に会えなくなってから、ナリが彼の初恋だったことに気づきます。成人した後もナリの母のジョンイムやナリを忘れられず、ナリの父がタダ金融に多額の借金があることを知りジョンイムと結婚することになります。タダ金融から二人を守ろうとした矢先、ジョンイムが事故死します。ナリはナンギルが家や土地を守るために母と結婚した真相を知ることになります。その後、彼女はタダ金融とのかかわりや、母の過去などを探りこれまで知らなかった母を知る努力を始めます。

 

第5話 感想

ナンギルの過去やジョンイムとの出会いが描かれて、ナリが初恋であることに後から気づくところや、遠くからナリを見守る姿が残念でした。出所した後にジョンイムを訪ねてくるので、彼が刑務所に行った理由や、タダ金融との縁を断ち切れた理由などがまだ明確にされず、これからの話の展開に何かしら関係があるようにみえます。ナリは自分の知らなかった母を知るため、町中の住民から母やナンギルの話を聞きます。

ナンギルの元仲間が現れ、「伝説のコウ・ナンギル」の話が出た時は、ナンギルの過去に何かがあると思いましたが、少しずつナンギルを知っていく楽しみがあるので焦らず次の話まで待つことにします。最後のナリとナンギルとの会話から、ナリは何かを思い出したようです。6話では二人はどのような関係に発達するのかが楽しみです。

ナリは母を昔から知るクァン・スンレを訪ねますが、ナリは冷たくあしらわれ母の話は全く聞けません。彼女はドクボンが経営するセンターのチーム長として働き、ジョンイムやナンギルの関係を知る人物です。スンレとジョンイムはどのような関係で、何が原因でスンレはジョンイムを嫌いになったのでしょうか。ますます面白くなってきました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさん

第6話あらすじ

ナリはナンギルがタダ金融との関係で危険な状況に置かれていることを聞き心配しますが、ナンギルは動じることなくホン餃子店を守っていくつもりでいます。ナリはナンギルとの思い出を一部思い出します。ド・ヨジュからナリとドクボンがソウルでも会っていることを聞いたナンギルは、怒っている様子でナリを避け初めます。ドクボンは相変わらず土地を売るよう圧力をかけてきます。逃げ回っていたナリの叔父シン・ジョンナムはタダ金融に捕まります。

妹のドクシムはナリとナンギルが一緒に自転車を乗っている姿に嫉妬し、自転車で追いまわし事故が起きます。自転車事故で入院中のナリを看病するナンギルにナリは惹かれます。「初恋で片思いの相手、今も私が好き?」とのナリのストレートな問いかけにナンギルは戸惑います。

警察がホン餃子店に現れるところでドラマがおわります。

第6話 感想

感情を上手に表現できないナンギルですが、ナリとドクボンの関係に嫉妬している様子です。ナリもナンギルとの過去を思い出している様子ですが、いまだはっきりとは覚えていないような気がしました。二人の距離が狭まり、お互いへの気持ちに気づき始めます。ドキドキするエピソードもありましたが、複雑な状況で6話が終わり7話への期待が高まります。お互いの気持ちを確認し合うここタイミングで、タダ金融代表がいうナンギルとナリの悪縁とはいったい何を意味するのでしょう。ナンギルが知らない何かがあるのでしょうか。ナリの両親と関係のある何かがあるのでしょうか。

ナンギルに一途なドクシムは嫉妬のあまり、ナリに怪我を負わせますが、謝らないところが兄のドクボンと似ているように感じました。ドクシムがナンギルに恋をした1年前の出来事が詳細に描かれています。

管理人

.

「ホン饅頭」店員 クォン・ドクシム イ・スヒョクの妹(シン・セフィ) 19歳
2016y11m25d_223839062
出典:http://tenasia.hankyung.com/archives/1063853
シン・セフィ 신세휘 生年月日:1997年 6月 3日 身体:160cm, 45kg
「 ソロモンの偽証 」(2016年、JTBC) 「高校10代天王」
インスタ https://www.instagram.com/hwipink/

.

quetalsurinoさん

第7話あらすじ

ナンギルはナリの叔父に監禁及び暴力罪で告訴されます。警察署から戻ったナンギル、ナリ、ドクボンは今後の相談中、突然ドクボンがナリに興味があり付き合いたいと申し出ます。ナンギルはお互いの環境が違い過ぎるとナリにソウルに戻るように伝えます。ナリはナンギルを誘い始めてのデートに出かけます。ナンギルは元同僚のキム・ワンシクにぺ会長が知るナリとの悪縁に関して聞きますが、彼も知らない様子です。

翌日ナリが戻ろうとするとドクボンが現れ一緒にソウルに帰ることになります。戻る途中ナンギルか掛かってきた電話で、ナリは忘れてきた本を取りに実家に戻ります。戻った彼女についにナンギルは告白します。ナリがもし本を取りに戻ったら気持ちを伝えようと決心していました。お互いへの気持ちを確かめた二人は初めてのキスをします。

第7話 感想

ナンギルとナリはついにお互いの気持ちを確認しました!自信がなさそうなナンギルの告白に逆にドキドキしました。彼にとってナリは初恋であり現在進行形の恋です。二人初のデートはとてもロマンチックでした。もっと二人のロマンチックな場面が観てみたいです。ナンギルにとってはすべてが初めてなので、慣れないナンギルが徐々にデートを楽しむ姿は観ていてホットしました。

ペ会長が知っている二人の秘密が気になりますが、このまましばらくはラブラブな二人でいてもらいだいです。ドクボンの告白もそうですが、少しおしの弱い男性キャラクター中心のドラマだと思いました。微妙な三角関係が続きそうなので、自称ツンデレなドクボンには今後頑張ってナリを振り向かせてほしいです。ナンギル役のイ・スヒョクは「夜を歩く士」で悪役がとても似合う俳優だと思いましたが、このドラマでは草食系男子を上手に演じていると感じました。

 

我が家に住む男 8話・9話・10話 あらすじと感想 イ・ミド

我が家に住む男 視聴率 あらすじ キャスト 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー