憎くてももう一度 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2017/11/21から)再放送 月・火曜日23:20から 字幕

憎くてももう一度 미워도 다시한번 全24話
2009年放送 KBS
平均視聴率 16.3% 시청률
憎くても もう一度 DVD-BOX1
あらすじ

 30年前、駆け落ちの末に事故で初恋の人を失ったミョンイン。30年経ち一流企業の会長を務めるミョンイン、夫で副会長のジョンフンとは30年間愛の無い生活を送っていた。そんなある日、ミョンインは夫に会いに来たスジンを夫の愛人だと思い込む。しかし、愛人だと思っていたスジンは夫と女優・ヘジョンとの娘であった…。一方、家族関係を修復したいジョンフンはヘジョンに別れたいと伝える。納得のいかないヘジョンはあらゆる手段でミョンインに近づいていく…。

キャスト

チェ・ミョンギル ハン・ミョンイン ミョンジングループ会長、女帝
パク・サンウォン イ・ジョンフン ミョンインの夫、ミョンジングループ副会長
チョン・インファ ウン・ヘジョン ジョンフンの愛人、女優
パク・イェジン チェ・ユニ(ヌリ) テレビ局(KBN)キャスター、元記者
チョン・ギョウン イ・ミンス ミョンインの息子、ミルデパート広報室長
ハン・イェイン ウン・スジン ヘジョンの娘、父親はジョンフン
キム・ヨンリム ファンボ女史 ジョンフンの母、元米屋
チュ・ヒョン チェ・ソングク ユニの父、元国語教師
イ・ミヨン パク・ソノク ユニの叔母、食料品店店主
キム・ボガン チェ・ジェサン ユニの弟、スポーツクラブのトレーナー

スタッフ /[演出]キム・ジョンチャン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
yuriko73さんの感想より

●欲望渦巻く人間模様、描かれた大人の「愛」!

欲望渦巻く人間関係の中で、純粋な「愛」の姿も見えるのが、このドラマの大きな見どころです。

主人公であるミョンインが、まさにその姿を表しています。結婚後も亡くなった初恋の相手を心に秘め、夫に心を開くことが出来ない。その中でも、寂しさと憐みから生まれる夫への情、しかし不倫という形で裏切られ、混乱する。大企業の女社長という強い女性の姿を表しながらも、愛と欲に翻弄されていく一人の女性の姿が描かれています。

ミョンインを演じるのは、チェ・ミョンギル。時代劇「明成皇后」「百済の王クンチョゴワン」では王妃、現代劇「パンチ~余命6ヶ月の奇跡~」では検察官を演じるなど、カリスマ性溢れる女性を多く好演してきた実力派ベテラン女優です。このドラマでも女社長という役柄で、カリスマ性溢れる強い女性を演じる姿を見ることができます。その演技も見どころです。

ミョンインの夫であるジョンフンを演じるのは「太王四神記」「いとしのクム・サウォル」のパク・サンウォン。妻に愛されず寂しさを抱える夫の姿、一方で結婚前の交際相手と不倫関係を続ける姿という二面性を好演しています。ジョンフンの不倫相手であるへジョンを演じるのは「王と私」「製パン王キムタック」のチョン・インファ。チェ・ミョンギルと同様、カリスマ性溢れる役柄を好演してきており、このドラマでは女優役を演じています。チェ・ミョンギルとチョン・インファ、カリスマ性溢れる女優二人が同じ画面の中で繰り広げる迫力ある演技にも注目です。

そして、もう一つ見逃すことが出来ないのが、ミョンインの息子であるミンスと、その母親であるミョンインと対立していくユニの恋模様。ミンスを「馬医」「太陽の女」のチョン・ギョウン、ユニを「善徳女王」「バリでの出来事」のパク・イェジンが演じています。心の寂しさを抱えるミンスと、欲と憎しみの感情を抱えたユニが心惹かれ合っていく姿に注目です。 数々のドラマで好演をしてきた俳優が名を連ね繰り広げる愛憎劇、描かれる「愛」の姿。ぜひご覧になってください。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー