愛人がいます(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●LaLa TV(2017/7/13から)集中再放送 月~金曜日16時から 字幕
●BSジャパン(2017/1/25から)月~金曜日14:56から 字幕
●感想追加 2017.3.9

愛人がいます  全50話
2015年放送 
平均視聴率 4.8% 시청률
愛人がいます DVD-BOX1
あらすじ

 弁護士のへガン(キム・ヒョンジュ)と、大学の研究室に在籍する夫のジノン(チ・ジニ)は、最愛の娘を亡くして以来、夫婦関係に深い溝ができていた。
勝訴のために手段を選ばず、夫の前では涙すら見せなくなった妻に失望したジノンは、自分に好意を寄せる研究室の後輩ソルリ(パク・ハンビョル)との距離を縮めていく。

その頃、ヘガンの生き別れた双子の妹ヨンギ(キム・ヒョンジュ二役)は、偶然にもヘガンが常務を務める千年製薬に勤務し、会社の不正を暴こうと秘密裏に動いていた。
そんな中、ヘガンはヨンギと間違われて事故に遭い、瀕死状態のところを新人弁護士のソク(イ・ギュハン)に助けられる。ヨンギを初恋の女性と慕うソクは、記憶を失ったヘガンをヨンギと思い込み共同生活を始めるが、それから4年後、へガンはジノンと再会する。

 2017y01m20d_151430826
BS JAPAN 愛人がいます 相関図
キャスト

キム・ヒョンジュ
ト・ヘガン チェ・ジノンの妻。千年製薬の常務で顧問弁護士。双子の姉
トッコ・ヨンギ 未婚の母。元・千年製薬の九里工場の経理部代理。双子の妹

チ・ジニ チェ・ジノン
ト・ヘガンの夫、チェ会長の一人息子。ソホ大学薬学科の博士課程中。

イ・ギュハン ペク・ソク
児童養護施設「太陽の家」の院長の息子で新人弁護士。
パク・ハンビョル カン・ソルリ
ジノンの研究室の後輩。ソクは兄のような存在
トッコ・ヨンジェ チェ・マノ ジノンの父、チョンニョン製薬会長
ナ・ヨンヒ ホン・セヒ ジノンの母、マノの後妻、元ミスコリア
ペク・ジウォン チェ・ジンリ ジノンの異母姉、チョンニョン製薬副会長
コン・ヒョンジン ミン・テソク ジンリの夫、チョンニョン製薬専務
キム・チョン キム・ギュナム ヨンギとオンギの母
カン・プジャ ナム・チョロク ヨンギとオンギの祖母
キム・ハユ トッコ・ウジュ ヨンギの娘、難病
チェ・ジョンウ ペク・ジュンサン ソクの父、児童養護施設院長
ソ・ジヒ ペク・ジ ソクの妹、高校生
ソ・ドンヒョン ペク・ヒョン ソクの弟
シン・スヨン ペク・ジョ ソクの妹
キム・ドヨプ ペク・ボム ソクの弟
アン・ジョンウ ペク・ジュン ソクの弟
イ・ジェユン ミン・ギュソク テソクの弟、ウジュの主治医

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
福岡 キマジメネコさんの感想より

● 愛と憎しみの名作!

人を愛するのはやはり心なのだと痛感した。記憶を失っても心が覚えている物なのですね、でも流石に裏切られた事は覚えていないなんて悲しいけど心は良い思いでだけを覚えていたのかもしれないと思いました。

記憶が戻って悲しかった事も思い出したのにどうしても離れられないヘガンとヨンギと名乗っていた時もどうしてもヘガンだと信じ、兄のテソクにだまされても心が離れられないジノンの激しい恋心が強烈に印象に残りました。でもジノンがソルリに走ったのは許せませんし、やはり後輩からは抜け出せなかったソルリもかわいそう。

結局不倫は泣くのは女なのですね。それに子供を失って苦しんでいるのは夫も妻も同じだし、別れるにしてもあんなやり方は無いですよね。

ヘジンも最後の最後に娘のウンソルを思い出すなんて、思い出したくない事だったのにやはりそうはいかないのですねヘジンのつらさが伝わってきました。それにしてもあんな思い出し方ひどすぎる。

ヨンギとして生きてきたヘガンはヘガンに戻ったとき、全ての事情を飲み込んだ時の複雑な気持ちは同情しましたし、双子の妹ヨンギとはあんな形で入れ替わるなんてやはりどこかでお互いを呼び寄せたのだと思いましたが、ヨンギのご主人の死と千年製薬で深くかかわりがあるためお互いを認め合うのはつらいものがあると思いました。でもやはり姉妹ですものね。姉妹として後に電話で話をするときの「3分オンニ」というヨンギの言葉が凄くほのぼのとした感じがよかったです。

最後にジノンはヘガンをさらに深く深く愛して二度とその手を離さないで欲しいと思いました。

へガン役のキム・ヒョンジュさんですが、名家の娘ソヒ役の時とはイメージ違います。やはり時代劇だとイメージもなおさら違うように作るのですね。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー